スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トトロの家での生活 =冬= すきま風  

  • 2009/12/22(火) 14:43:07

週から突然寒くなりましたね。妻の実家のある新潟市でも、12月では16年ぶりの積雪量だとか。そのニュースを聞いた時、「16年前と言えば、A君とデートしてた頃だろうか。雪が原因で渋滞がひどくて、帰宅が遅くなって父にひどく叱られたなあ」と、麗しい青春をしばし回顧してしまいました。


かしい時代から16年経って、現在の居住地、トトロの家のある房総地区ではまず雪は拝めませーん。子供たちはいつ雪が降るのかとうるさく、まだ地域の違いを分かっていないんですね。

西高東低の冬型の気圧配置になると、新潟のある日本海側は雪びゅーびゅーの悪天候、一方で房総を含む太平洋側はピーカンの晴天となります。新潟を出て横浜で暮らし始めた当初は、「『表日本』『裏日本』とはよく言ったもんだ」と実感したものでした。どんよりとした空でみぞれ混じりの天気って、いかにも「裏」って感じですもの。


、冬将軍が南下してくると、晴天ながらも風が強いですね。
で、この風がトトロの家の大敵なんです。というのも、すき間が多いからです。

日中はまだよろしい。日差しが気持ち良くて、すきま風もあまり気にならず、外気温が10度を超えていると、薪ストーブなしで過ごせるぐらいです。あ、でも室内がぽかぽかというわけではなく、ちょっと我慢をしての薪ストーブなしという程度です。

↓マモもこの通り、日差しを浴びながら広縁で昼寝をしています。
広縁で昼寝するマモ


か~し、日が暮れると、当然のように寒さを感じるようになり、しかも風が強い日には「一体どこから?」という風が室内を渡るのです。廊下に出ると、壁に飾ってある長男作成の万国旗が風で揺れていて、「普通の家だったらあり得ない!」と叫びたくなります。

しかもサッシではないガラス戸がガタガタと音を立て、聴覚も寒さと「風が入ってくるなあ」という気分を一層煽ってきます。よっぽど風が強い日とか雨の日には雨戸を閉め、そうなると音は気にならなくなるのですが、20枚以上ある雨戸を閉める作業は結構面倒で、普段は夜も雨戸を閉めていません。だから大抵の場合は、ガタガタ音をBGMに夜を過ごしています。


て、この風は一体どこから入ってくるのでしょうか?
ま、単刀直入に言えば、「四方八方や!」となりますが、あまりにも身も蓋もない答えですね。

まず、ガラス戸です。
上のマモの昼寝写真に写っているように、我が家のガラス戸は80年ものを再利用しており、シングルガラスだし、木枠も長い年月の間に変形しています。4枚引きのガラス戸があるんですが、両脇2枚ずつの戸の鍵をかけると、合わせの戸と戸の間(つまり4枚戸の真ん中)が逆に空いてくるってどういうことよ、という代物です。
おまけに、鍵もこんなんで↓、要するに気密性はゼロ!!
ガラス戸の鍵
まあいいや、雨戸を閉めればぐっとましになりますので。


原因その2はその雨戸。雨戸というか雨戸を格納している戸袋です。
戸袋には雨戸を出し入れするための口(くち)があり、ここからひゅーひゅーと風が入ってきます。以前はコウモリが室内を飛び回った事件があったのですが、このコウモリも戸出し口から侵入したのではとにらんでいます。


そして、建具のいろんなすき間。↓とうとう夫がこんな風に養生テープを貼ってしまいました!
テープを貼った障子戸

↓玄関とLDを仕切る障子戸も、柱とこんなに離れていますから、風がピューッと吹き抜けていきます。
LDの戸のすき間


垢の木製建具である以上、こういった収縮は避けられず、さらにトトロの家の場合は御年80を超える物ばかりですからしょうがないですね。修理代をケチっている我々にも原因はありますし。

引き戸と柱の間、あるいは戸と戸の間にすき間テープを貼るという手段もありますが、あまりにも見てくれがよろしくなくて、それだったらすきま風をまだ我慢するという心境です。
えっ? 「障子戸の桟に養生テープを貼っているのも同じだろ」ですか?(←実は妻の心の声だったりして) 
ご指摘ごもっともですねぇ。夫曰く、養生テープは剥がした時に跡が残らないけれど、すき間テープは跡が残るから嫌なんだそうです。感性は人それぞれでございますねぇ。

私は生まれた時から当たり前のようにアルミサッシの家で育ってきたので、その性能を当たり前のように受け止めていましたが、このような古い建具に囲まれて生活していると、技術の進歩のありがたみをつくづくと感じるのでした。画期的だとすら思いますわ。


はさりながら、-これが先人の知恵なのでしょうか-、雨戸→ガラス戸→(広縁)→障子戸という具合に外から分離されていると、それはそれで住宅としての機能は十分に果たしています。あ、「房総の気候条件下では」という但し書きがつきます。

そして、障子戸の優秀さを改めて見直しています。紙1枚ですけれど、ちゃんと断熱するんですよ~。
カーテンみたいに上や下部にすき間もできないので、障子戸近くに寄ってもスースーしません。また、LDから障子戸1枚を隔てた広縁に出ると、「おぉ寒い」となるので、それだけちゃんと断熱しているということですよね。
障子戸のデザインもシンプルの極みながら秀逸ですし、障子戸は皆々様にお勧めしたいアイテムです。


いうことで、このすきま風も知恵と工夫とお金で何とか解決できると思われます。
我々はお金が足りないという理由で、すきま風と共生しています。
が、古民家再生を思案中の方々は、どうぞお金をかけて対策をとって下さい。そうすれば、きっと快適な古民家ライフを送れることでしょう。



最後におまけの1枚です。
↓子供たちは寒風をものともせずに外を駆け回っています。
外で遊ぶ子供たち(2009/12/21)
殺風景な庭は邪魔な物がなく、子供たちにとっては駆け回るのにちょうど良いみたいです。




↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

私自身、自分で自分の応援ポチをした後に、気になるタイトルなどをチェックしています。さすがはこだわりの注文住宅カテゴリー、何かと興味深い記事に行き当たります。コメントを残さずに読み逃げしていますが・・・。

私も興味を持ってもらえるような記事作りを頑張るぞ~。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

田んぼに落ちた長男

  • 2010/07/02(金) 21:46:15

い、まったくタイトル通りのことが起きたんですよ。この時デジカメはなんとバッテリー切れ。痛恨のミスでした。ですので、泥だらけになったゾンビのような姿の長男をお見せできないのがなんとも残念です。


件が起きたのは、小学校の入学式から1週間経った時。
長男の通学路は見事に田んぼの中なんです。家を出て、家の前の道路を横断すると、あとは学校のすぐ近くまで田んぼ道。自宅から学校まで長男の足で15分ぐらいでしょうか。

↓ 見えますか? 長男と近所のお兄ちゃんが連れ立って歩いています。ちなみに落ちた水田もその辺り。
長男の通学路(2010年4月)


月の初め。田んぼに水ははられていたものの、田植えはまだでした(上の写真はその後に撮ったものなので、田植えが済んでいます)。田んぼの中にいる虫やタニシを見ながらいつも通学していたんですね。

で、その日は途中まで私と次男とで迎えに行きました。いつものようにタニシがたくさん見えたので、長男が捕獲したがり、私に片腕を捕まえられながら反対の腕を水田に伸ばして3匹ほど捕まえたんです。

「さあ、3匹も捕まれば十分だよね。お家に帰ろう」と私は次男が乗っている三輪車を押して歩き始めました。そうしたら背後から「あっ」という声が。まさかという思いで振り向いたら、長男はランドセルを担いだまま右半身を泥田の中に埋め込んでいました(涙)。

呆れながら「ほら、早く自分でちゃんと起きなさい」と冷たく言ったら、「だってお母さん、力を入れるとどんどんもぐっていっちゃうんだよ」と長男の悲痛な声。長男の左腕をつかんで水田から引き出しました。「とにかくお家に帰ろう」。

「お母さん、濡れたところが重くて歩きづらい」と長男が訴えますが、右半身だけ泥にまみれて長袖の服が泥の重みで垂れ下がっている様は、まるでゾンビというかマイケル・ジャクソンのスリラー。ホント、この姿を写真に残せなかったのは返す返すも残念です


分ほどで家に帰り着きました。幸いなことに温水も出る外シャワーがデッキ横にこの1週間前に取り付けられたばかりだったので、泥だらけの長男を家の中に上がらせなくて済みました。

とりあえずランドセルだけを下ろさせて、あとは服を着せたまま頭からシャワーをじゃー。洋服の泥を簡単に落とした後裸にさせて、身体の泥を落としました。その後お風呂場に行かせて文字通り頭のてっぺんから足の爪先までを念入りに洗わせました。デッキからお風呂場に直行できると、こういう時非常に助かりますね。しかも脱衣所の床がタイルなので、汚れが最小限で済みました。


男が何とかきれいになったので、今度は洋服やランドセルを洗わなくてはなりません。ランドセルも本革じゃなくて良かったです。長崎のじいじとばあばからの贈り物なんだけど、恐らくクラリーノ製のはずで、申し訳ないけれど丸洗いさせてもらいました。

田んぼの泥は非常に粒子が細かくて、繊維の間に染み渡るように入り込んでいます。白い下着やTシャツは捨てざるを得ません。紺色のズボンはまだ使えるので、丁寧に洗っていたのですが、ポケットをひっくり返したら、なんと緑色のヒルが出てきて、思わず叫んでしまいました! 「信じられないくらい田舎だわ!」と悪態をつきましたよ。

さてさて、一番面倒な仕事だったのが教科書のそうじです。5センチぐらいが泥に浸かっていて、濡れていたページは波打ち、その波の溝には細かい粒子の泥が溜まっています。その溝をティッシュで1つ1つ拭うのです。これから1年間お世話になる教科書だというのに、波打っているは、ところどころページがくっついていたり、色が剥げていたり・・・。


の夜に帰宅してきた夫に一部始終を勿論聞かせましたとも。その前にライブでメールも送っていましたけどね。夫の感想:「田舎でのびのびと育ってほしいとこういう環境を選んだけれど、田んぼに落ちるということまでは想定してなかったなあ」。

そういえば、長男が田んぼに落ちるのはこれが2回目。あ、前回は正確には田んぼでなくて用水路でした。まだ家が工事中の時に、近辺を探索してみようと、わざわざ自転車を積んで来たことがあったんですよ。で、通うことになる学校を見に行って、今回と同じように田んぼ道をぶらぶらとサイクリングしていたら、後ろにいたはずの長男が音もなく消えていてびっくりしました。雑草だらけの用水路に落ちていました。雑草がクッションになって落下の音はあまりせず、また突然の出来事と痛みで長男は声も出なかったのでした。

夫の希望通り(?)、のびのびといいますか、子供の興味を引かれることが満載の地にて、子供たちは元気に走り回っています。



にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

冷房病とは無縁の生活

  • 2010/07/22(木) 22:45:25

雨が明けたと思ったらいきなりの暑さですね~。とりわけここ2~3日は35度近い気温が続いていて、多くの家庭ではエアコンがフル稼働していることと思います。しか~し、マモ家では窓を開け放しておしまいであります。

昨晩ニュースを見ていたら、東京電力の供給電力も2日連続で最高記録を更新しているとか。私はそのニュースを聞いた時、一瞬、ほんの一瞬なんですが、ちょっと違和感を持ってしまったんです。で、考えるに、我が家ではエアコンを使わずに過ごしているため「ガンガン電気使ってるなあ」という実感が全くなく、ゆえに先のニュースを聞いてもすぐにはピンと来なかったんだろうと。

↓先週末の風景。これは朝8時半。午前中は木陰がちょうど良い具合に家にかかり、縁側でご飯を食べたり、勉強をしています。
夏の日の縁側にて(2010年7月17日)


トロの家の冷房は、自然の風と天井高と扇風機1台です。今風に言えば「エコ」だし、率直に表現すれば「原始的&安上がり」となりますね。

我が家では東西南北全ての面に窓がついていて(とりわけ東と南面はガラス戸のみ。2階の西側もガラス戸のみという開放性!)、窓を開け放つとそれはそれは風の通りが良いのです。逆に風が強い日には困るほどで、窓を閉めるわけですが、仮に閉め切っても天井が3メートル強と高いので、空気が澱んだり籠ったりする感じはほとんどしません。で、扇風機を回して涼をとる次第。


、今年は1度だけエアコンを稼働させたことがありました。あれは梅雨も終わりの時期に、台風並みに風が強い日が続いたことがあり、その時は雨戸まで閉め切ったんです。そうしたら、梅雨の湿気と相まってさすがに不快指数がぐんと高まりました。室内の湿度計は90%近くを指し、温度も30度でした。

エアコンはしかしながらリビングとかに設置されているわけではなく、中2階の奥まったところ、物置部屋へ通じる天井近くです(エアコンのような無粋な機械を目につく所に設置したくないのが夫の希望)。容量も特別に大きいわけではないのですが(すみません、詳しいスペックまでは不明です)、中2階を冷やした後に、中2階とLDを結ぶ小窓を通して冷風が1階に降りてきます。つまりは間接冷房みたいになって、なかなかに心地良い具合となります(たまに物足りないと感じる時もあるけれど)。

↓キッチンと玄関の上が中2階の和室になっていて、桟がついている小窓を通して風や空気が行き来します。
LD(中2階を結ぶ小窓)


くの方が体験済み、もしくは体験中と思いますが、私もかつて東京で働いていた頃、オフィスや電車内の冷気と外気温のあまりの差に体調を崩したことがしばしばでした。そして1日中エアコンのある部屋で過ごしていると、身体、特に足がどんよりと重く感じて、ひどい時には鈍痛すら感じました。

正直に告白しましょう。今のエアコンなしの生活は「すこぶる快適」とは言いません。日によっては風があまり通らない時もありますし、扇風機を回していても、鼻の頭や顎の下辺りにじわっと出てくる汗を日に何度も拭います。そのために手ぬぐいを買いましたよ。午後になると子供たちは水遊びがてら汗を流しますし、それとは別に朝と晩にシャワーか入浴もしています。「暑ければ脱げ」の言葉に従い、子供たちは裸族に近い格好で過ごす時間帯もあります。私も「ひざの角質が・・・」なんて気にしていられなくなって、ショートパンツで毎日過ごしています(自宅だけですよ)。

そして外出先でエアコンのよく効いた室内に入ると、すーっと汗が引いていくのを感じ、「おぉ、極楽や~」とつい呟いてしまいます。確かにエアコンは快適。

でもね、夜に布団に横になって、全然身体がだるくなっていないということは私にとっては大きな喜びです。清々しい気持ちと身体で眠りにつけるのは本当にありがたいことです。


筆すべきは、この周辺地域の夜の涼しさです。どんなに日中が暑い日でも、夕方6時半近くになると、さぁ~っと涼しい風が吹き始めます。「あ、今日も1日が終わる」と感じ、文字通り涼みができるような気持ちの良い風なんです。

これは恐らく水田や畑が多いからでしょう。例えば我が家を中心に1キロメートル四方を見渡してみると、道路以外のアスファルトって皆無なんです。水田が8割、畑が少し、そして民家。それも屋敷森を抱えているような広い敷地の民家が多いし。つまりは、都会でヒートアップの主因であるアスファルトの照り返しがほとんどありません。

また、他の家も我が家と同様に窓を開け放しているので、恐らくエアコンは稼働させておらず、室外機からの熱もほとんどなし。ビルもないから空は高く、熱がこもりません。気象学的な話は文系の私にはわかりませんが、おそらくこういったことが原因で、日が沈むとちゃんと涼しくなるんだと思われます。

だから、我が家では就寝時もエアコンいらずなんです。これは嬉しい誤算でした。家が夏を旨としてつくられているということは、この家が再生される前から実感できていましたが、周囲の環境でこんなにも快適な夏を過ごせるとは思ってもいませんでした。と言いますか、こういう環境が存在することを私は知りませんでした。振り返ってみれば、新潟にある実家も住宅街の中なので風通りは悪く、夜は寝苦しいものと思っていましたし、横浜や千葉のマンションで暮らしていた時は、熱帯夜と聞くと必ずエアコンをつけて寝ていたものでした。そして、身体が何となくだるいと感じながら朝に起きるのが常でした。

この家に来て良かったなぁと心から思えることは既にいくつかあったのですが、今回また1つ増えました。身体を冷やすと言われているきゅうりやトマトを摂りつつ体内を冷やし、冷房病と無縁でこの夏を乗り切ろうと思っています。



にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

広縁のボコボコ

  • 2010/08/02(月) 21:35:48

立の掃除機を紹介する記事の中で、掃除機をわざわざ購入したもう1つ大事な理由が漏れていました。

↓それはこれらの穴とすき間。
広縁の穴とすき間1
トトロの家には南と東にぐるっと広縁が廻っていまして、使われている材は松だとか。松の宿命だそうですが、ご覧のように虫に食われた穴が無数に広がっています。しかしながら、今となってはこのような松材での床は大変貴重だそうで、たわんでいるわけでも腐っているわけでもないので、このまま使うことになりました。

↓廊下一面に穴は存在します。
広縁の穴とすき間2


の穴とすき間では茶殻掃除をすると、当たり前ですが茶殻が入り込みます。それは分かっているんだけど、でもね、ここは外とはガラス戸1枚でしか隔てられていない場所なので、砂埃とかが多いんですね(ガラス戸を閉じていても外からの埃は入っていると思います)。そして、東側の広縁にはマモのトイレと爪研ぎが置いてあり、マモの毛とかも溜まっている場所。そうなると茶殻で掃き取るのがなかなかよい感じ。

マキタのコードレスクリーナーで掃除をして、その後雑巾掛けをすることもあるけれど、コードレスクリーナーの吸引力ではこの穴とすき間の奥深くに存在するゴミまでは取り切れていないはず。

蛇足ながら、この長い廊下を雑巾掛けするのが子供たちは大好き。「よ~いどん!」でダダダダッと行くのが快感のようです。その好きがいつまでも続いてくれると、お母ちゃんは楽できていいんだけどなあ。


ので、強力な(といってもコードレスクリーナーよりパワーがあればいい程度)掃除機が欲しかったのです! そして勿論買ってすぐにパワフルな掃除機で(いや、普通の掃除機なんですけどね。しつこく言います)広縁の掃除をしましたよ。今の掃除機って普通にヘッドを走らせるだけで拭き掃除をしたようになる機能まであるんですってね。心なしかいつもより埃っぽさが格段に少ないような。


らし始めて今月末で1年(おぉ、いつの間にか8月ですよ)。その間に子供たちがせっせと雑巾掛けをしてくれたお陰で、かさかさに乾いていた木肌に艶が出てきた気がします。夫はこの広縁が大好きで、特に夏になってからは広縁に座布団を持ち出して昼寝をしています。私は正直なところ、まだこの穴やすき間から何かが出てきそうで、寝転がる気分にまではなれません。でも、掃除機をせっせとかけて、家族全員で広縁で寝転ぶ日も近いように思えます。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

次男のお昼寝の場所は・・・?

  • 2010/08/05(木) 15:09:47

男は隣家のおばあちゃんが大好き♡ 「隣家」と言いますか、位置的には我が家の進入路に沿って立っているお宅なので、「前の家のTさん」と私たちは呼んでいます。蛇足ながら、我が家は四方の隣人が全員Tさんという同じ名字なので、「前のTさん」「裏のTさん」「斜め前のTさん」と場所で呼び分けているのです。

前の家のTさん宅には84歳のおばあちゃんがいらっしゃいまして、朝の時間や夕方になると進入路脇にある納屋の下によく座っています。そこにお邪魔することを、最近の次男は楽しみとして覚えたのです。

「4歳児と84歳のおばあちゃんとの会話ってどんなものよ?」と不思議に思っていたところ、長男からの報告によると、「おばあちゃんはどうして歯がないの?」「おばあちゃんの髪と目はどうして白いの?」(いや、確かにおばあちゃんは軽い白内障を患っています)とかなり失礼と言いますか、単刀直入な質問をぶつけている模様。

あと、前の家のTさん宅のお母さん(おばあちゃんにとっては息子の嫁)によりますと、しりとりもしてもらっているようで、「次郎君は何でも知っているねえ」と感心していましたよ~とのこと。小生意気なことを連発しているのだろうと親はヒヤヒヤものです。


日夕方になるといそいそと「おばあちゃんがいるか見てくるね~」と出掛けることが日課になりつつある次男。

ところが、今日はまだ昼過ぎだというのに「おばあちゃんいるか見てくる」と恐竜の本を持って出掛けました。その本を見せるのかい? しばらくしても戻ってこないし、話し声も少し聞こえたので放っておいたのですが、30分後に様子を見に行ったところ・・・。

↓あの赤い自転車脇の物体は、ひょっとして・・・
進入路で寝る次男


↓信じられないことに、本を枕に寝入っている次男でした。
進入路で寝る次男2
いくら日陰とはいえ、午後2時半の酷暑の最中です。でも次男は「風が気持ちいいの・・・」と、もにょもにょ。先ほど声が聞こえたおじいちゃんは、暑いから先に家に戻ったのでしょうね。その後次男は一人遊びをしながら眠くなってしまった様子。


や~、逞しく育ってくれて嬉しいよ、母ちゃんは。ご近所の皆さんに見守られながら、毎日を送っている子供たちです。



にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。