スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地を見つけるまで その3

  • 2008/02/24(日) 17:30:14

公園に接した土地に決め、不動産屋さんに購入の意思を伝えたものの、不動産屋と売主さんの事情で現在進展なしの状況です。

そんな中、もう一つの土地が急浮上。年末にその土地に出会っているので、「急浮上」という程ではないのですが、この土地にもそれなりに魅力があり、こういう考える時間が与えられると、「やっぱりあっちが・・・」などと思ってしまうのですね。そして、今日はぶらっと新築予定先の土地探索に出掛け、久し振りにその土地にも行ってきました。

そこは、持ち主だったおばあさんが亡くなられ、去年の12月に売りに出された土地でした。土地の所有者であるおばあさんの家族と、現売主である不動産業者の決済が済んだ翌日に、私は偶然その不動産業者を訪ねたのでした。そんな話を聞くと、「これって運命の出会い?!」と単純な私は思ってしまうわけ。

その土地には築60年以上という古屋とそれに隣接した増築家屋、おまけに外便所がまだ残っています。それらは解体され、更地にした状態で引き渡しされるとのこと。私が注目したのは、庭木です。年季の入った紅梅・白梅、そして柚子の木と柿の木。どれも風情がたっぷりあるのです。私が勝手にイメージしている前川國男邸のような家にぴったりではありませんか。古屋からもひょっとするとまだ使える古材が取り出せて、ちょっとした古民家再生?なんてことまで想像してしまいました。

広さは327坪もあり、お値段は1300万円。坪単価は4万円を切りますが、総額で見ると私たちの予算を遥かにオーバー。でも、外構費用がほとんどかからないことでしょう。

夫がこの土地で気になる点は若干の閉塞感。南面と西面とで道路に接していますが、どちらも狭い道路です。おまけに昔の農家でよく見かける、高さ2メートルほどの槙の木で四方が囲まれているのです。そして、周囲は同じ名字の人が多く、おそらく親戚関係なのでしょう。これらを閉塞感と見なすか、適度なこもり感もしくは落ち着きと見なすかは、それぞれの好みの問題ですよね。それに土地が300坪以上もあれば、閉塞感なんてありませんってば、夫よ。

現在購入するつもりでいる土地の南にある公園は、実は私有地にあり、地主の方の厚意で公園になっているのでしょうね。そしてそれを地元の自治会で管理しているのだそうです。ということは、地主が土地を売りに出し、公園が一般住宅になる可能性はあるのです。

さはさりながら、恐らく自分の子供たちがその公園を必要とする今後数年間はきっと公園であり続けると私たちは(根拠はないけれど)思い、公園も自分の家の庭とみなした家の計画にしようと、ムシのいいことを考えているのです。

この公園の土地と紅梅白梅の土地は、隣同士の部落。つまりは立地条件では差がほとんどないのです。だから、ますます悩んでしまうのです。

・・・とそんな時、耕木社の阿保さんがおっしゃっていた言葉を思い出します。

「家づくりにおいて何が一番大事か、それさえぶれなければ良い。答えはおのずと決まる」

これに従うと、私たちの家づくりにおいて、一番の中心は子供たちなので、子供たちにとってより楽しい環境は公園の土地かな、と。また、私たちが公園にこだわるのは、次男の存在があります。次男は生まれつき骨の病気を持ち、将来自由自在に走り回るということがあまりできない可能性があります。自分の庭の一部のように公園があれば、次男自ら遠くに出掛けなくとも、お友達と接していられるかなあと考える次第です。ひいては、我が家が子供同士のコミュニティの中心になればいいなあとも。

それでも、それでも・・・。子供たちがいなければ、きっとあの風情のある紅梅白梅の土地にしていたことでしょう。あ~あ、これ以上心が揺れない内に、公園の土地の契約を済ませて、すっきりしたいものです。不動産屋さん、売主さん、早くして~!


↓ ↓ 住まいブログのランキングなるものに登録しています。1クリックが励みになります!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

土地迷走中!(土地の写真を載せました)

  • 2008/02/29(金) 22:36:13

先日「何が一番大事か、そこさえぶれなければ良い」という言葉を紹介しておきながら、相変わらずぶれまくりというか迷走を続けいているマモ親夫婦です。だってー、全く性格が異なる土地なので、比較のしようがないんだものー!!

昨日夫の依頼を受けて、もう一度風情のある土地の見学に行ってきました妻です。その時の写真を紹介します。でも、写真では「風情」は見えず「荒れた状態」しか見えません。

CIMG1840_convert_20080509162553.jpg

CIMG1846_convert_20080509162634.jpg

どれぐらいの期間かは知りませんが、おばあさんが長らく一人暮らしだったとかで、庭の手入れはできなかったのでしょうね、槙の木の垣根も伸び放題、裏の竹林も恐ろしい有様でした。300坪だけあって広いことは広いんですけどねー。また、庭には井戸もあります(2枚目左横)。この井戸を使って庭に水やりなんてことを考えました。

それにしても、やはり300坪は広すぎか? 夫婦どちらかが庭いじりが好きというのであれば問題はないのでしょうが、自慢にならないけれど、私たちは植物枯らしの名人! 英語で植物を育てるのを上手な人を「緑の親指を持っている」と形容するところ、さしずめ我々は「茶色の親指を持っている」ことでしょう。そんな私たちが300坪の敷地をきれいに管理できるとは到底思えません。

そして、もう一つ防犯上の問題が考えられますよね。今回は朝の10時半から30分ほどその土地と周囲に滞在しましたが、軽トラックが1台通過しただけ。人間とは誰もすれ違いませんでした。しーんとして静かな環境とも言えるのですが、周りはお年寄りがほとんどのようですし、敷地は槙の木で囲まれているし、これって泥棒にとっては絶好の環境ではないこと??

ひるがえって公園の土地。

CIMG1826_convert_20080509163413.jpg

見えますかー? ブランコや滑り台が。一応公園です。手前が購入しようと思っている土地で、公園より30センチほど高くなっています。この公園を我が家の庭の一部のように取り込むことを目論んでいたわけです。

この土地は106坪ほどあり、これだけあれば普通は十分でしょう。東と北が道路に面しており、通風および日照も問題ありません。周囲の家は東側が例のA工務店(「土地を見つけるまで その1」を参照)の分譲地で、新しい家が建ち並び、北と西側は15年以上は経っていると思われる家々です。よくある日本の町並み風景で、決して趣があるとは言えず、その点では上記の土地に軍配が上がるんですよね。

ま、完璧な土地というものは存在せず、何かしら「んー、これが・・・」という点が出てくるのでしょう。それに、冷静になると300坪の土地は予算を遥かにオーバー。土地が300坪あっても、家が20坪しかないのでは、いかにもバランスが悪すぎです。

とある方から、「感性で決める。良いエネルギーを持った土地かどうか、雰囲気の悪い気が漂っていないかどうか、しっかり感じて下さい」というアドバイスを戴きました。しかし・・・、残念ながら私たち夫婦はこういう「気」を感じられるような感性を持っていないのです。でもやっぱり大事なんだろうなあ、こういう感性を持つことって。

林に囲まれているだけあって、300坪の土地には澄んだ空気が流れています。が、公園の土地も見晴らしがいいし、ここにするんだろうなあという気分のマモ親です。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。こんな駄文にお付き合い下さり、本当にありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

妄想の家(長文)

  • 2008/03/03(月) 21:06:30

土地は決まらないしーーといいますか、本当は購入の意思を不動産業者に伝えてあるのに、売主の相続登記に時間が掛かっているとかで、さっぱり話が進まず、その間に他の土地にふらふらとしている状況ーー、設計・施行を工務店にまるまるお願いするのか、それとも設計は設計士に頼むのかすらも決まっていないマモ家です。

当初の予定ではもっとさくさくっと話が進んでいるはずなのにー!! そうこうする内に3月になってしまいました。「子供時代を豊かに過ごせる家」が目標なのに、こんな調子では子供たちの「子供時代」が終わってしまう! ←面と向かっては言えない夫への文句でした。

そこで今回は、現実では進んでいない私の理想の家を紹介しましょう。そして私もこのぱっとしない現実を忘れよう。ちなみに予算等は無視しています。

外見前川國男邸です。大屋根の山小屋風で、でも少しモダンで、そして障子戸。居間も本当に素敵ですよね。私の頭の中には、こんな感じの家の2階から南の公園に向けて子供たちが「やっほー」と遊んでいる姿があるのです。

LDKは続けて20畳ぐらいは欲しいところ。ところで、我が家はDにあたるダイニングはいらないと思っています。板敷きの広いリビングに大きな座卓を置いて、そこがメインの食事場所。台所のカウンターを広めにして、そこでも簡単な食事などをとることができるようにします。

リビングの一角に書斎というかパソコンコーナーを設けます。そこにすべての通信機器、書類ファイル等を見えないように収納し、リビングに物が散らからないようにするのです(そうなるはず!)。

台所は女の城ですからね。当初はトーヨーキッチンを入れるぞ!と鼻息を荒くしていたのですが、最近はそんなにこだわりがなくなりました。自由に部材を組み合わせでき、廉価なIKEAのキッチンにも心が動いたこともありました。今はすべてホーローでできているというタカラがいいかなあと思い始めています。が、ステンレス天板の造作にするかもしれません。�型といいますか、シンクやコンロがある台と平行して作業台を兼ねた食事テーブルを設置。

台所の「こだわり」と言えるのかわかりませんが、できたら台所の床は土間にして、その土間は玄関土間と続いているというもの。広い土間には薪ストーブを置いたり、収納棚には生協からの宅配物や夫の登山道具の一時置き場を設ける・・・などの工夫を凝らしたいです。

リビングに続いて6畳ほどの和室。ここの襖紙はイギリスの Farrow & Ball 社の紙を使います! 雰囲気としてはちょっとモダンな和室を目指すのです。そして畳は縁なしの琉球畳を希望。モダンな和室に合うと思いません?

脱衣所兼洗面所にはダブルボウルの洗面台を。トイレも今時のオールインワンにして、洗面台に並べて置きたいところですが、子供たちが年頃になると見られるトイレを嫌がるのでしょうね。トイレ機器はアラウーノが第1希望だけれど、予算が厳しい場合は他のメーカーのタンクレスタイプを。でもタンクレスタイプの便器は、故障した時の修理が面倒だと聞き、何事もシンプルにをモットーの家づくりにそぐわない気がして、この採用に悩んでいます。

脱衣所の隣りは、着替え室という名のWIC(ウォークインクローゼット)。家族全員の1年分の衣服類とアイロン台を収納します。下着はお風呂上がりに着けることが多いので、下着のみ脱衣所に収納します。脱衣所に洗濯機も置かれ、洗濯→(庭で干す)→アイロン→収納の動線がとても短くなる仕組みです。

主寝室にこだわりはありません。ダブルベッドを置ければそれでOK。

子供室は2階に。最初は12畳ぐらいの1室にして、個室が必要になったら、4畳ぐらいの個室に区切ります。残りのスペースは「子供用応接室」となる予定で、2階だから親の目からは一応離れつつも、個室にこもらせない策です。

2階には図書スペースも。本は全部ここに集めます。我が家の本の量は半端じゃないっス。ついでに、私のミシンコーナーもここに。いつ自由に洋裁ができるようになるのやら・・・。

そうそう、間取りばかりでなく、構造や素材も大切ですね。

構造材をはじめすべてに無垢の木を使い、内装は天井と壁は漆喰塗りとします。外装も昔の蔵や武家屋敷のように漆喰壁にしたいなあ。ただ、内装が漆喰壁だと壁に直接額を掛けられないし、子供の落書き等が心配なので、紙クロスにするとか、木の腰壁を設ける方が実際的なのかもしれません。

そして、工法は匠の技による手刻みの材木による家の組み立てです。継手や仕口(*)加工等もできればこの目で見たいなあ。そして、毎日現場に通って家が組み上がる様子を必ずこの目に焼き付けるぞ。

*同じ方向に木をつなぎ合わせるのが「継手(つぎて)」、直角でも斜めでもいいから木と木が交わるようにつなぎ合わせるのが「仕口(しぐち)」。

そうそう、その木材ですが、できれば地産地消(地元の生産物を地元で消費)ならぬ「千産千消(千葉の生産物を千葉で消費)」をめざし、山武杉を使えれば最高。

妄想がてんこもりの我が家はいかがですか? 家づくりが無事終わったあかつきには、もう一度このページを見直して、どこまで実現できたか確認するのが楽しみです。楽しみというよりは、「妄想している時が華だった・・・」と振り返ることになるかもしれないけれど。

最後に、間取り作成等にとても参考になっている本を2冊紹介します。間取りの本は本当に数多くありますが、この2冊は部分部分の作り方のヒントが満載です。

安らぐ家は「間取り」で決まる―おかしなこだわりは捨て、財産になるよい家を建てよう!安らぐ家は「間取り」で決まる―おかしなこだわりは捨て、財産になるよい家を建てよう!
(2005/09)
上田 康允

商品詳細を見る


暮らしから描く快適間取りのつくり方―おすすめプラン120暮らしから描く快適間取りのつくり方―おすすめプラン120
(1995/09)
吉田 桂二、小林 一元 他

商品詳細を見る



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。どこまで実現可能か? 皆さんからのクリックを励みに頑張ります!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

伝統軸組工法

  • 2008/03/06(木) 14:15:41

私たちは金物等になるべく頼らない伝統的な木組み工法による家づくりを希望しています。家づくりの本に「木造在来工法」という言葉が載っていますが、厳密な意味では伝統的な軸組工法とは異なるのだそうです。以下に何冊かの本から引用して、説明したいと思います。

まず、ごくごく簡単に。木造住宅の工法には、大きく分けて、柱と梁によって構成する軸組工法、厚さ2インチの数種類の枠組材と面材で構成する枠組み壁工法(ツーバイフォー工法)、そして構造をパネル化して生産性を高めた木質パネル工法などがあります。(以上、マンガで学ぶ 木の家・土の家より)

さらに、木造軸組工法は、大きく分けて2つの工法に分かれます。

一つが筋交いによる補強。これは建築基準法でも奨励されて一般的に最も普及してる工法です。

もう一つの工法が貫工法と呼ばれるものです。これは昔からある日本の伝統的な工法で、筋交いを斜めに入れるのではなく、柱の途中に穴をあけて、そこに貫(ぬき)と呼ばれる構造材を横に通し、柱と柱の間を梁や土台と平行に貫き通すもの。(大工が教えるほんとうの家づくりより)

筋交い、貫どちらを用いても、柱や梁等の軸材で構成される点では同じで、ともに軸組工法という分類に入りますが、筋交いを用いる工法をだいたいの場合において「木造在来工法」と呼んでいます。

貫を用いる伝統工法は、大工棟梁の伝承に基づく、木の粘り強さを生かした日本古来の柔構造的な工法と言え、それに対して、在来工法は日本の軸組工法でありながら、明治以降、西欧的な剛の思想を取り入れて、強度を求めた筋交い等のトラス的工法が混在する折衷的な工法なのだそうです。(「木組の家」に住みたい!―無垢の木で丈夫な家づくりより)

在来工法では多くの場合、補強金物に頼る、もしくは接続金物がないと成り立たない合理化された新しい工法となっているのが現状のようです。金属は錆びる運命にあり、木とは相性が良いとは言えません。

また、筋交いは変形に強く堅い壁を作りますが、想定した以上の力が加わると折れてしまいます。一方、貫は構造材としてしっかり組まれていれば、大きく変形しても崩れてしまうまでには至らないことが実験で分かっているそうです。

上記のような柔構造に惹かれることが理由の一つ。また、建てられた家で自分が夜寝ている場面を想像すると、一本一本の木に大工さんたちが気を張って墨を付け、手で刻み、組み合わせている様子が寝ている自分の目に浮かぶようで、その想像は形容しがたい安心感を与えてくれたり、とても贅沢な気分、また厳かな気持ちにさせてくれるのです。そんな理由で、私たちはなるべく金物に頼らない伝統軸組工法での家づくりを希望しているのです。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

秋葉建設

  • 2008/03/07(金) 22:39:21

昨日はマモ家の希望の一つである、伝統軸組工法について説明を簡単にしました。

この金物に頼らない木組みの家を地震に負けないようにつくるには、建てる大工さんの腕が大変重要になってきます。それなのに、きちんとした仕事ができる大工さんはどんどん減ってきているそうです。

どうしたら昔ながらの腕を誇る大工さんに出会えるのだろうと、あれこれ探しまわっている時に出会ったのが、秋葉建設でした。

秋葉建設は千葉県匝瑳市にある親子3代続いている工務店です。ここのHPにも記されていますが、木工事と左官工事を得意とする工務店とのこと。施行例を見れば、それは一目瞭然ですね。木組みの架構を見事に現しにした北須賀の家はほれぼれとする美しさです。他の家も天井の丁寧な木の張り方等素晴らしいです。HP上の写真だけですと、今ひとつ分かりにくいので、興味を持たれた方は施行例の写真が載っているニュースレターの申し込みを是非して下さい。

一番最初に電話で問い合わせをした時に、社長の秋葉さんがとあるプライドに溢れた(でも高慢ではない)発言をされ、そういったプライドだとか気概に弱い私は速効でしびれてしまったのでした。

そして後日、夫も一緒に匝瑳市にある秋葉建設まで出掛けました(今の住いである千葉市から結構遠かった)。電話での会話で、私は勝手に細身の若手社長を想像していたところ、現れたのはムーミンパパでした。そのギャップがまた良いのですねー。

その日の秋葉さんとの会話の中で、「プレカット材だとやっぱり大工の心が入りにくいですよ」というショッキングな発言がありました。プレカット材で家を建てた人には聞き捨てならない言葉ですよね。これを紹介することについては随分悩んだのですが、私はこの言葉は「彼の日本の大工の技を引き継いでいくという決意の発露である」と思い、職人の心意気を感じたのでした。

こういった人に統率されている職人集団によって、私たちの家が建てられたら本望だなあと、帰りの車の中で夫と話したのでした。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。遅々としながらも、パートナー探しは佳境に入りつつあります。ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。