スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大工さんの若きホープ、Mさん

  • 2009/01/31(土) 14:40:21

トロの家の工事を請け負っている神明建設には何人かの大工さんがおり、トトロの家を担当しているのは主にMさんです。このMさんの名前はプランニングの段階から何度か聞いていたんですね。ちょっと面倒そうな造作に話が及ぶと、「そういうのはMなら喜んでやるだろう」とか「Mにさせれば何の心配もない」と社長からMさんの名前がすぐに挙がるんです。そんな次第で、私たち夫婦はMさんを年配で老練な感じの大工さんと勝手に想像していました。

ところがです。間もなく実際に工事は始まるというある時に、「ところで、いつも名前の挙がっていたMさんっておいくつなんですか?」と訊いたところ、「う~ん、23だっけ、それとも24だっけ?」というとても意外な答えが返ってきました。そんなに若いのに、あの厳しい社長から信頼を得ているの?!

その後工務店の事務所に隣接している作業場で、親方と一緒に黙々と材を刻んでいるMさんを見かけるようになりました。それまでも見かけていたのかもしれませんが、ただの丁稚さんだと思いあまり気にしていなかったのかもしれません。それほど若いのです。

蛇足ながら、この親方もパッと見は雰囲気が柔らかい方で、棟梁=頑固親父という先入観を持っていた私は、地鎮祭の時にわざわざいらして下さっていた親方を「誰、このおじさんは?」と訝しく眺めていました(あれこれ準備している時に紹介を受けるタイミングを逃したのでした)。


て、このMさん。最初にも書きましたが、トトロの家をつくっているのは実質このMさんと言っても過言ではありません。刻みの時や棟上げの時には手伝いの大工さんも何人か来てくれましたが、素人目にも難しいと思われる屋根工事の時はずーーーっとほとんど一人で作業していました。

神明建設が複数の現場を抱えていて人手が十分でないということもあるのかもしれませんが、あの屋根工事は並の大工さんではこなせないので、会社からの信頼が厚いMさんひとりに任されているのではと妻は思っています。

寡黙なMさんから聞いた情報はと言えば・・・、大工という世界には中学卒業してすぐに入った。「Mくん、中学はちゃんと卒業したんだっけ?」と神明建設の若旦那から茶化されていましたね。どうもちょっと悪だったらしい。そして現在彼女なし。ホンマかいなと思うけど、日曜日によく仕事をしているからなあ。いかにもおばさん的な情報ですな。硬派なハンサム↓なのに実に勿体ない。
Mさん 


工さんたちと同じ作業場で柿渋塗りをさせてもらい、お昼やお茶も一緒にとらせてもらった時に、「今では若い弟子を連れている親方というのを見なくなったよな」という話になりました。Mさんのような若くてしかも正統派の大工さんは希有な存在らしいです。

「正統派の」という形容詞を敢えてつけたのは、大工さんの質が変わってきているからです。それは住宅の質というか造りが変わってきているから当然の結果とも言えるのですが。

パネル工法などの住宅は、極端な言い方をすれば釘を打ちさえすればできるそうで(その釘すらもピストルのような機械でバシュッ、バシュッと打ってますよね)、「日曜大工に毛が生えた程度」で、大工さんたちも本職の人たちではなく、数日前まで別な職業に就いていた人たちが研修を2週間ほど受けて大工さんとして働くケースがあるそうです。

「そういう家ばっかりが建つんだもん。大工らしい仕事ができないのも当然だよな」・・・というのがその時に聞いた話です。業界裏話的で興味深くもありましたが、トトロの家に関わっている者としては悲しい話でもありました。


んな厳しい状況の中で、着々と腕を磨き上げてきたMさんは貴重な存在だと思います。そのMさんを大切に育ててきた神明建設にも感謝ですし、これからも逆風に負けずに頑張ってもらいたいと切実に願っています。

夫も「Mさんが生きている限りはトトロの家も安泰だな」と言っています。私は私で長男をMさんに弟子入りさせることを密かに目論んでいます。これからの時代は手に職でしょう。腕一本で世界を渡り歩くって格好良いわぁ。でも先日トトロの家に行った時、「たろうね、大工さんにならないの。だって金槌で指打ったら痛いし、高いところ怖いから」とのたまった長男です。母さん「がっくり」。←次男の最近の口癖です。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。Mさん頑張れというクリックをお願いします! ハンサムだと思った方も同意の1票を。写真が悪過ぎだけど。ごめんなさい。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

トトロの家の陰の参謀 その1

  • 2009/03/03(火) 09:43:07

トトロの家の陰の参謀その1はクロス屋さんです。内装屋さんとも言うんやろうか? 貰った名刺の裏には施工内容として、「壁紙・床材、カーテン・ブラインド、家具・照明、襖・障子・畳、店舗内装工事、原状回復工事、衛生設備工事、室内リフォーム工事」とあり、室内のことなら何でも!という感じですね。

で、新潟にある「デコール・アレンジメント」という会社です。零細企業らしく(失礼!)サイトを持っているわけでもなく、これ以上紹介ができないことが残念です。

実は彼は(零細企業なので←度々失礼、会社=彼となる)私の弟の友人であり、私の両親の麻雀仲間でもあります。そんな関係でトトロの家の再生計画に興味を持ってくれ、ついでに神明建設もクロス工事を施主支給?することを快諾してくれたので、彼こと足立氏も仲間に加わりました。

そして今回、クロス選定と神明建設との打ち合わせのために新潟より来てくれたという次第です。我が家においてクロスを貼る場所はそんなに多くなくて、新潟ー千葉間を往復させるのは心苦しいのですが、一応東京にいくつか仕事を抱えていたり、新潟を離れることが本人の息抜きにもなると話してくれており、その言葉に甘えています。あ、あと今住んでいるマンションの原状回復工事もお願いする予定です。

上述のような名刺を作っている以上あったり前っちゃあ当たり前ですが、内装のことは本当に何でも詳しいです。照明器具の選定でウンウン夫と悩んでいた時に、ヤマギワのかっちょええ照明を教えてくれたのも彼でした。例えば、それまではよく古民家にありがちなステンドグラスの照明を玄関に考えていたのですが、彼のアドバイスにより、ヤマギワの実にシンプルなものに変更となりました。古い物を大切にしつつも、ちょいとモダン・テイストを加えるという味付けはこの足立氏ともう一人の参謀(この方は明日紹介します)との会話で生まれました。

昨日の神明建設との打ち合わせでも、巾木(床と壁を見切る細い幅の材)と回り縁(天井と壁を見切る材)の高さにこだわる足立氏。神明建設では大壁(洋風に見える)と真壁(和風)でそれぞれの高さを変えるのが普通らしく、でも足立氏は隣り合う大壁と真壁の部屋の巾木などの高さを揃えた方がいいのではと言う。そんなところに着目したこともなかったので、「こだわるってこういうことなんだ~」と感心した次第です。


玄関壁を測る足立
↑和紙を貼る玄関壁を撮影する足立氏。右端に欠けて写っています。


再生トトロの家ではオリジナルを残す和室とLDの壁は漆喰仕上げとし、他の多目的室(将来の子供部屋)は和紙クロス、洗面所&トイレには表面にコーティングがしてある機能クロスなるものを使います。今回足立氏がそれぞれ良さそうなものをピックアップしてくれたので↓、それらから好みのものを夫と選びます。でも、違いがよく分からないんですけど・・・。
和紙クロス選定


子供たちも「あだりん、あだりん♡」とよくなつき、マモ家の親の面倒を見るだけでなく、子供たちの世話にも忙しい足立氏でした。これからもよろしく頼むよ、あだりん。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。更新するとちゃんとアクセス数が上がるんですね。皆様のクリックがやはり励みになるものだと感じています。応援のクリックを是非お願いします。または興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

トトロの家の陰の参謀 その2

  • 2009/03/04(水) 00:56:32

昨日は陰の参謀その1である足立氏を紹介しました。その足立氏からの紹介で、私が勝手に参謀その2とさせて頂いている方を本日紹介します。←「紹介」という単語ばっかりだなあ。

その方はなんと芸術家なんですよ。芸術家が参謀って格好いいでしょ? 新潟で家具製作をしているゲイミンカンの市川氏です。

陰の参謀に勝手に仕立てていますが、実はお会いしたのは1回だけ。11月の終わりに足立氏と一緒にトトロの家を見に来てくれました。その時は工事が始まったばかりで、内装については私たちは全くのノー・アイディア。漠然とこうしたい、ああしたいという思いは夫共々持っていましたが、具現化しようとするとそこは素人の限界で、3Dで想像できないのです。

そんな時にお二人がお見えになり、まだぼろぼろ状態だったトトロの家を見て2人は「あーでもない、こーでもない」と話を始めます。さすがプロやね~と脇で感心した記憶が鮮烈です。で、照明や台所のことなど具体的にあれこれアドバイスをくれたのですが、残念ながら予算の関係などで実現しないことの方が多いかな。でも、方向性は見えました。2人のお陰です。

市川さんはキッチンも制作しているとのことで、一度はプランと見積をお願いしたのですが、やはりキッチンは女のこだわりが一番詰まる場所、そこは綿密に打ち合わせを重ねたいと思い、そうなると新潟ー千葉という距離がネックになると考え、結局お断りをしました。

キッチンでの共同作業は実現しませんでしたが、小机の製作をお願いしました。一時期忘れられた時期もあったようですが(それだけ忙しいってこと)、この度待ちに待った完成品が千葉に届きました! ↓タモと栗の古材に鉄の足がついています。素敵でしょう? 手持ちの箱膳とスタッキングできるようにお願いしたのですが、見事にはまります!
小机


我が家にはダイニングテーブルがなく(一応あるけれど、目下私の作業台と化している)、箱膳で食事をとっています。必然と食器を手に持つことになり、犬食いなどを防げて子供の教育にはなかなかよろしいのですが、問題は次男。はい、低身長の次男です。足が短いので正座もあぐら座もできず、いつも箱膳に対して足を投げ出しつつ斜めに座らなくてはならないのです。で、足をテーブル部分の下に入れられる小机をお願いしたのでした。


↓その次男もこの通り! 良かったねぇ、これでようやく普通に食事ができます。
小机で食事をとる佑次郎


今回も本当はご本人が届けて下さるつもりのようでしたが、他の用事ができて、残念ながらお会いできませんでした。ゲイミンカンのサイトでこれまでの作品を見ることができますが、市川さんの作品ってトトロの家に合うと思うんですよね。「結界」のこの潔さが実にかっこいいです。下駄箱の製作をお願いしたいなあと目論んでいて、でも予算が合うかどうかがとても心配でですし、おまけに忙しそうだし、悩ましい限りです。実現するといいなあと願っている妻です。


2日間にわたって紹介した再生プロジェクトの参謀2人ですが、コンサルティング料を払っているわけでもないので、勝手に「陰の」を付けている次第です(表の参謀は当然のことながら神明建設ですよ)。実はアドバイスを貰えることは非常に助かるのですが、既述のように予算などが原因で実現させられないことの方が多く、また最終決定をするのはやっぱり施主である私たち夫婦。で、その結果を2人が見て、「な~んだ、結局こんな風にしたんだ」と思われることを想像すると、プレッシャーでもあります。ま、それぐらい緊張感を持ってのぞんだ方がいいだろうと、前向きに解釈して家づくりに取り組んでいます。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。更新するとちゃんとアクセス数が増えるんですね。皆様のクリックがやはり励みになるものだと感じています。応援のクリックを是非お願いします。または興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。