スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりスムーズには行かないもの・・・

  • 2008/05/26(月) 21:43:34

地売買契約を今週末に控え、土地の所有権移転と所有権移転仮登記(地目が田の土地)の申請を自分で行うつもりの私は勉強を始めようとした矢先、不動産屋さんから電話が来ました。

重要事項説明書と売買契約書のPDFで送ったので、目を通しておいてほしいという話でした。

そして、「あまり良くない話が2つあるんですよ」とイヤ~な台詞を付け加えるではありませんか。


の1
売主さんはなんと土地と建物の権利書を持っていないということが判明。
権利書がない理由はともかく、そうなると素人の私には手に負えなくて、司法書士に登記申請を頼む方が無難ではないかという話になりました。

先ほど登記に関する私の教科書を読んだところ、「事前通知」という方法があるとのことですが、これでうまくできるのだろうか?? とりあえず司法書士の方に不動産屋さんを通じて登記事務の見積もりを依頼しました。

の2
敷地整理工事が当初の予算額を大幅に超えそう
20年ほど無人だった廃屋と敷地は当然のことながら荒れ放題という現況です。その敷地整理(不要な杉の木の撤去や、積もり積もった枯れた竹の撤去、朽ち果てている家の半分の始末などなど様々な作業があります)工事はある金額まで売主さんの負担で行われる取り決めとなっていました。

これまでの工務店との話し合いの中で、売主さんが負担するつもりの金額をそんなにオーバーせずにできるんだろうなあと、不動産屋さんは感じていたと。

そして今日、不動産屋さんは敷地の整理と舗装工事のそれぞれの見積もりを工務店より見せてもらったそうです。その額がなんと売主さんの予定の2倍を超えていたとのこと。

ひょっとすると土地価格からいくらかを値引いて現況引き渡しになる可能性も出てきました。値引の額にもよりますが、あの荒れ放題の敷地整理ってどれぐらいの額が見積書に載っているんでしょう? 私たちにとってさらなる出費の可能性も出てきました(涙)。


の土地の購入の検討を始めた段階で伝えられていたことは、この敷地にはガスも水道もないが、前面道路から引くことはできるということ。玄関前に井戸はあるし、プロパンガスという方法もあるのですが、水道はやはり必要でしょうし、じゃあついでに都市ガスも引いてもらおうと話をして、そしたら大体200万円掛かるという当時の話でした。進入路が30メートル近くあるから費用も掛かるのです。が、さらなる出費もあり得るかもしれないとすると、正確な見積もりをお願いしなくてはなりませんね。


~あ、最初は130坪の土地で古屋付きで600万円で、「破格じゃん。田舎はいいなあ」なんて単純に喜んでいました。その後隣接する地目が田んぼの100坪も100万円で買うことにし、それでも230坪で700万円。水道とガスの引き込みで200万円掛かっても900万円だったらOKだと、夫と話していたのに・・・。段々と破格じゃなくなってきています。

そうでなくとも、古屋の改築&増築にどれぐらい掛かるか目処すら立っていない状況で、う~ん私の読みの通り大いなる博打と化してきました。

この契約をなしとするのか?! それはないと思いますが、今晩夫が帰宅してからの反応が楽しみです。普段は太っ腹であり鷹揚な夫ですが、さすがの夫も無い袖は振れませんものねえ。どうなるでしょうか。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。落ち込み気味の私に愛のクリックとできたら下の拍手をお願いします。ふと気付くと拍手されているページがあり、どなたがして下さったのかとても嬉しかったです。最初はこのボタンはいらないやと思っていたんですけどね。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

土地は現況引き渡しに変更

  • 2008/05/30(金) 15:32:27

荒れ放題の土地って、普通は現況引き渡しなんでしょうか? それとも更地とまではいかないまでもきれいにしてから引き渡しなんでしょうか?

我が家の場合、20年以上無人の家土地であまりにも荒れ放題となっているため、売主さんはさすがにあの状態では引き渡せないと思ったことでしょう。ご親切にも敷地整理後の引き渡しと当初はなっていました。

が、登記簿も整理するだけでも大変で、さらに敷地整理による物心両方の負担は膨大です。そうでなくとも、売主さんは多忙を極める商社マンのようです。そこで、紆余曲折を経て、若干の値引とセットで現況引き渡しということになりました。

金額面でいえば、正直なところ私たちの負担が若干増えますが、気分的にはちょっとすっきりとする部分もあります。敷地整理と一言で言っても、「やれあの木は残してほしい」だの「ここはこうしてほしい」という希望がいくつかあり、それを他人のお金で整理をしてもらいながら、自分たちの勝手をも通してもらうのは図々しい話です。ところが、全部自分で費用を払うのですから、気兼ねなくリクエストできます。

「上物付き130坪で600万円」という値段に飛びついたものの、あれこれの費用を加算していくと「すごーくお得な」買い物ではなくなってきているのかもしれませんが、それでも今回の増額分を足しても、決して高い買い物ではないんですよね。あ、土地のことだけの話ですよ。家については今後の再生費用がどうなるかは全く見えていないので、こちらは博打です。

とりあえず、自分用の記録と、ご報告でした。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。土地取得もいよいよ大詰めです。このカテゴリーでの記事はそろそろ終わりにしたいものです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

土地売買契約を無事済ませました。

  • 2008/05/31(土) 23:49:53

日は11時過ぎに家を出て、帰宅したのが夜の8時過ぎ。夫婦二人だけの行動でしたらそんなに疲れないのでしょうが、4歳と2歳の子供を連れての気疲れする外出、プラス最近のばたばたでよく眠れない日が続いていたので、帰宅するなり子供たちと一緒にばたんきゅーとなりました。

で、先ほど目が覚めてこのブログを書いています。そういえば一応結果報告&記録しておかなくちゃ、と。


土地売買契約は無事締結されました! 拍手!
住所と名前を記入する欄がたくさんあって、我が家の現住所はマンション名がやたらと長いので、夫の手は最後の方は震えていました。


れにしましても、ようやく一つの大きな山を越えました。隣家といろいろ交渉して下さった工務店、売主と買主を一生懸命繋いで下さった不動産屋さんのお陰です。心から感謝申し上げます。

・・・と言っても、まだ完全に終わったわけではなく、登記簿のいくつかの表記更正手続きが取られ(これらは売主さん負担で司法書士が代行)、隣人の方々と敷地境界確定が行われます。それからようやく決済となり、私は所有権移転他一つの登記申請ができます。


済は6月30日までに行われる取り決めとなり、正式には決済後に工事に着手できるのですが、売主さんが私たちを信頼して下さり、また家の傷みが心配なことから、今日の契約を交わした段階で、どんどん実質的な作業を進めても結構ですとおっしゃっって下さいました。お心遣いに感謝です。

話し合いと契約締結作業が終わったのは、事務所に入ってから4時間後。子供たちがよく我慢できました。不動産屋さんの事務所はアットホームで、猫もいました。その小春ちゃんのお陰ですね。


務所を後にしたその足で、今度は挨拶も兼ねて工務店へ。その時に今後の流れなども概略で聞きました。いの一番にすることは、西側の中2階の窓が全壊しているため、作業に邪魔な木を剪定した上で、その部屋を養生すること。それから次に屋根を修復することが大事な作業になるけれど、屋根の形を決めるにはプランも確定させなくてはならないと。

そのプランについては、現在入院中の社長がブレイン(中枢)であることには変わりはないけれど、実質的に私たちと話を詰めたりする作業は専務ともう一人の設計士(この方は社長の息子さん)が当たってくれると。この話を聞いてほっとしました。社長は順調に回復されているようですが、復職はいつとは聞いていません。病人を急かすのは本意でなく、でも同時に家のことも心配・・・というジレンマに悩んでいたのです。


もほっとしたのも束の間、今度は建築基準法なるものが我々の前に立ちはだかりました。古屋は現在の建築基準法に適合するはずもなく、我が家の場合は増築部分との関係が問題となります。この問題については書き始めると長くなるので、別の機会に譲りますが、登記申請の目処がついたと思ったら、今度は建築基準法の勉強かよーといった心境です。ま、基本的にはプロの工務店の方々にお任せすればいいのでしょうが、自分でも調べてみないと気が済まない質(たち)なので。

ま、今日のところは、ひとまず売買契約成就ということで乾杯。そしてゆっくり休みます。おやすみなさい。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。そうそう、古屋は昭和2年築ということが今日判明しました。今年で御年81歳です。大切に使わせて頂きます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

なぜスムーズにいかない??

  • 2008/06/28(土) 21:04:02

ログの更新は滞っていますが、プラン作成などはそれなりに進んでいるところです。
で、明日は土地の境界を接する3軒のご近所さんと境界確定の作業が行われる予定で、翌30日(月)は土地代の残金支払いがなされることになっていました。

「いました」という過去形を用いるということは・・・、そうなんです怪しい雲がまたもや立ちこめてきました。先ほど不動産屋から電話がかかってきて、「また動きがありまして・・・」と、口調から察するに良い動きというよりは悪いことのようです。


日の敷地境界確定を目前に、3軒のうちの1軒が現状ではなく公図通りに復帰したいと言っているということです。話を整理しますと、現在残っている公図は明治20年(!)作成のものです。で、公図作成後に、土地の売主のひいおじいさんにあたる方がなかなか豪快な方だったようで、勝手に公図を無視したブロック塀を立て、以来それがやったもん勝ち的な境界線となってきたようです。現状と公図の差は以下の図の通りとなっています。相変わらずスキャンできずにデジカメ撮影した見づらい画像でスミマセン。

公図


太線が現状、緑部分が公図です。太線枠内の向かって右上の白四角部分がひいおじいさんが勝手に自分の土地として増やしてしまった部分(89.26平方メートルもあります)。それと対角線上に位置する太線よりはみ出ている緑四角部分が隣家に差し上げた(?)部分(46.17平方メートル)。


々がこの土地を購入すると決める前には、家づくりのことだけでなくこういった土地整理のことまで仕切ってくれている工務店と隣家との間で、「現状のまま認める」という結論が出ていました。そういう条件で私たちもこの土地を購入しました。

ところが、-詳しく書くと万が一このブログをご近所さまに読まれていたら差し障りがあるやも知れないので詳細は省きますが-、境界画定を前に上述のように公図の通りに境界確定をしたいと隣家の方が言っているということでした。


動産屋さんからは「もし公図通りの境界確定になっても、土地を購入しますか?」と訊かれ、そして参考資料として上の測量図を送ってもらいましたが、即答はできません。

私個人としては、売主のひいおじいさんが勝手に増やしてくれた89.26平方メートル部分は古屋の増築に関係する重要な場所なので、ここを公図通りにする、つまり我々の土地でなくなるというのは到底受容できないことではあるのです。

結局、先ほど連絡がありまして、明日の境界画定の作業は延期となりました。やれやれではありますすが、家を建てる前提の部分でありますから、きちんとしておかなくてはなりませんよね。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
「土地探し」カテゴリの記事はもうないと思っていたのに、まだまだどんでん返しの話がありました。「よくもまあ次から次へと・・・」と驚きますが、流れと言いますか神様の御裁断にお任せする他ありませんね。

にほんブログ村 住まいブログへ

土地問題、未だ解決に至らず

  • 2008/07/19(土) 22:52:36

月29日の境界確定作業を目前にして、突然出てきた土地問題(詳細はこちら)。3週間が経ちますが、まだクリアーになっていません。その間、私たちも次男の手術のために神戸に行っていたりと、家以外のことで忙しくしていたため、家づくりに関してのアクションは一切なし。よってブログの更新もなし、という状況でした。

不動産屋さんからのメールでは、先週半ばには当該の隣家より返事を貰えることになっていたはずなのですが、家族間での意見がまとまらなかったようで、回答期限延長となりました。「結論次第では土地購入についてはイエスともノーとも言う(つまりはキャンセルもあり得るという結構強硬な発言ですねー)」と夫が表明しているため、家のプラン作成も止まっている次第です。


んな中、夫の実家がこの夏休みに改築されるというニュースが入ってきました。両親と夫の妹夫婦との同居が決まり(つまりは親と娘に婿が加わるという形ですね)、その家族構成と暮らしに合わせて改築するのだそうです。私も年に2回程は訪ねる家ですので、どのようにリフォームされるのかとても興味を持っています。それにしても、ついマモ夫婦から出た言葉: 「どうして他の人の家はスムーズに進むのかなあ・・・」。もうぼやきですね。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
家を傷める梅雨の時期はほぼ終わったので、家の状態についてあまり心配はしなくていいのだろうけれど、でもやっぱり早くに工事を始めた方が良いに決まっています。早く解決することを心から願いつつ・・・。皆様の同情クリックをお願いします(涙)。

にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。