スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お片づけコーチングからの提案書

  • 2008/10/07(火) 14:11:33

収納アドバイザーの芳賀さんと上野さんが古屋を見て下さったのが8月でした。その時にも十分ハッとさせられるアドバイスを多く戴いたのですが(この時の様子はこちら)、先日「お片づけコーチング コンセプトシート」なるものが届きました。あ、時間が空いたのはマモ家側の理由です。芳賀さんたちはきっちり迅速にお仕事をして下さいますので、これから依頼を考えられている方、どうぞご心配なく。

そもそも古屋の収納スペースのあまりの少なさにおののき、芳賀さんたちに連絡を取ったことが始まりでした。その時には、今から見ると滑稽なぐらい収納スペースにこだわった平面図を自分で考えてみたりしていたのですが、結局は芳賀さんたちとの話し合いの中で私の考えの大転回を迫られることになったのでした。詳しくは上記の記事を読んで下さいね。

私としてはそれだけで十分という気持ちもあったのですが、今回届いたコンセプトシートには収納アドバイザーらしい細かい提案がいくつも書かれていました。それらをたくさん紹介すると著作権侵害にもあたりそうなので、1つだけ紹介します。

我が家は台所の裏(北)に裏玄関を設けます。表玄関は客人を迎える場として常にきれいにしておきたいという夫のこだわりです。
裏玄関平面図
わかりにくいのですが、キッチンに並ぶ収納は食器棚、その対面にある910幅の収納は靴収納です。そう、裏玄関に食器棚がはみ出るのです。
この図からのアドバイスは「食器棚と靴収納の面材を揃えるなど、食器と靴が同空間に置いてあることを意識させない工夫が必要です(食器棚扉はガラス製は避けるなど)」というもの。

全くおっしゃる通りですねー。今までも漠然と「食器棚が玄関にはみ出るってどうなのかなあ。でも全くのプライベート・ゾーンだからいいか」と結論付けていたものの、指摘されると途端に気になります。しかもここに置く予定の食器棚はガラスの扉(涙)。もともとは造作食器棚を希望していましたが、コスト削減のため今持っている食器棚を使うことにしたのです。どうしましょ。

フレームキッチンの対面にある階段下収納が現在ブラックボックスとなっています。そこにオーブンレンジなどを入れる予定なのですが、ひょっとすると食器も若干入るかもしれない。そんなこんなで裏玄関とキッチンを少しでもきちんと分けることができればいいなあと目論んでいるところです。

他にも、夫も「現実的なアドバイスだねえ」と感心する提案がいくつもありました。あとは暮らし方も問題となってきます。芳賀さんのところではセミナーも行っています。千葉から三鷹へ行くのは大変だけど、ソフト面でも充実を図るべく近い内に参加したいと思っています。

芳賀さんの会社はこちらです。
Studio Haga お片づけコーチング 

ブログのコラムなどを拝見すると、手厳しいことも書いてあり、耳が痛かったり痛快に思ったり。でも、他人に厳しいだけでなくご自分にも厳しく、仕事内容は本当にプロの仕事です(若輩者が偉そうですみません)。私も結構小姑根性が育っていてうるさい方だと思いますが、その私がお勧めします!!


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
アルミサッシの選定が10月20日までと言われています。その後11月10日締め切りで照明も決めなくてはなりません。収納も含めた細かい部分の決定が増えてきました。大変だけれども楽しみな作業となりそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

住まいのステージを考える 「林住期」

 「林住期」って知っていますか?最近は五木寛之さんの同タイトル林住期の本でおなじみでしょうか? 私は、インドで初めて知った言葉でしたが、古代インドの思想の中で、人生を4つの時期に分けて考えた四住期の人生のステージのことです。 生まれてきて成人するまでの...

  • From: ちょこキャリ日記 - 整理収納アドバイザーの収納術 |
  • 2008/10/09(木) 12:18:54

この記事に対するコメント

お片付けコーチング素晴らしいですね。私も芳賀さんのブログは以前から読んでおり感心したり「うっ」となったりです。
ホームページでは都内以遠は応相談となっていましたが、千葉でも来ていただけるんですね。私も依頼したい…。うちの場合は主人が物を捨てずにどんどん溜め込むのでいつもそれが原因でケンカになります。私は最低限の荷物ですっきり暮らしたいのに。新しく建てる家でも荷物のためにスペースを作るのはほんとにもったいないと感じてしまいます。でも主人が協力してくれない限り、芳賀さんからアドバイスいただいても多分何にもならないですよね?
セミナーだけでも行きたいと思っていますが。千葉からじゃむちゃくちゃ遠いですよね(*_*)

  • 投稿者: さちらん
  • 2008/10/09(木) 12:41:48
  • [編集]

** さちらんさんへ **

お片づけコーチングはお薦めですよ。私は頑張って千葉から三鷹まで行くつもりです。さちらんさんも一緒に行きましょうよ!

ご主人との価値観の差を埋めることは大変でしょうね。セミナーに参加してその辺りも質問してみてはいかがですか? 家づくりって家族それぞれの価値観を掘り起こす作業の連続のような気がしています。この際プロの力も借りつつ、ご主人と徹底的に話し合ってみるっていうのはどうですか?

それに案外プロからの意見は聞くかもしれません。私も芳賀さんたちとほとんど同じことを夫から言われていたにもかかわらず、その時はあまり真剣に考えず、プロから言われて得心しました。

そうそう、私も6月に断乳したんですよ。幼子を抱えながらの家づくり、お互い頑張りましょうね!

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/10/10(金) 00:10:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。