スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鎮祭でした

  • 2008/10/04(土) 22:47:54

秋晴れの中、今日は無事地鎮祭を終えることができました。工務店の社長が何度も「今日は本当に良い天気だ」とおっしゃって、「社長さんもこの古屋の地鎮祭が行われることを喜んで下さっているのかなあ」と心密かに嬉しくなりました。

一応お決まりの写真です。準備が整い、神主さんが夫に住所などの確認をしています。
地鎮祭

改築での地鎮祭は珍しいとのことですが、この古屋の改築の規模や難しさは並の新築以上で、おまけに井戸や残っている仏壇、神棚のお祓いもあるので、地鎮祭が執り行われました。この竹で囲まれた場所での祝詞奏上だけでなく、家の四隅でもお祓いをして頂きました。

まずは工事に携わって下さる方々の何よりの安全を祈願し、それから住まうことになる私たち家族の健康をお祈りしました。これでまた1つ心がスッキリとしました。

そうそう、お供えの物ですが、全部神主さんがお持ち帰りになるのですね。常識のない私は、自分で用意した野菜は持って帰れるものと勝手に思っていて、それで今晩の夕食に使える野菜を選択していたところ、自分の予想とは異なる展開となり、恥ずかしい思いをしました。

今年の新米や、新潟の地酒(妻が新潟出身)、長男が遠足で取ってきた梨をお供え物に含め、一応心のこもったお供え物のつもりです。

その後、社長のご自宅に案内されました。明治28年築の家だということで、少しは参考になるでしょうとのことでした。が、全く迫力や重みが違います。高さが50センチほどもある地松の梁がありましたが、なんと松ヤニが出ていました。明治に切られた松からまだヤニが滲み出てくるなんて! 木の持つ生命力に驚嘆です。

工務店では墨付けと刻みの作業が着々と進められていました。これらはどうも刻みが終わった材木のようです。
刻みの終わった材木

新築の計画を立てていた時から、できればプレカット材ではなく手刻みでお願いしたいと希望していました。でもそうなるとコストアップで、私たちの予算でできるのかなあなんて夫と話していました。結局はこうして古屋に出会い、古屋に合わせるために必然的に手刻みとなり、奇しくも私たちの願いは叶うことになったわけです。できれば一日中大工さんに張り付いていて、作業を観察していたいぐらいです。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
明日は崩壊していた北側スペースに置いてあった箪笥や食器類の選別に行く予定です。どんなお宝に出会うでしょうか?

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

感動です

ジーンと胸に込み上げるものを 感じましたね

神聖なる儀式に、いよいよと言う感じが実感ですかね

家の隅々まで御祓いをして頂いて 先祖の方も

安心して 向かい入れてくれる事でしょう


"まずは工事に携わって下さる方々の何よりの安全を祈願し、"

工事関係者に対してまず敬意と安全をお祈りする姿は、

施主として、最も大切な心構えです。 うれしいですね。。。



人事は言え、わくわくしてきました・・・(^0_0^)


結婚10周年と地鎮祭、おめでとうございます。

  • 投稿者: オオカントク
  • 2008/10/05(日) 08:48:10
  • [編集]

** オオカントクさま **

お祝いの言葉をありがとうございます。

とにもかくも工務店を始めとし、工事関係者の方たちの力なしではあの家は蘇らないのですから、その方々の安全を心からお願いすることは当然のことと思います。逆の言い方をすれば、私たちはお祈りをすることしかできないとも言えるのですが。

どのタイミングになるのかはまだ分かりませんが、棟上げ式のようなものもして頂く予定です。その時に、この家の元々の棟札と、今回の工事に際し新しくつくる棟札を一緒に祭る(と言うのですか?)ことをお願いしてあります。これもまた非常に楽しみなのです。

今後もオオカントクさまにわくわくして頂けることが続きますように。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/10/05(日) 20:47:59
  • [編集]

** 渉子ちゃんへ **

コメントをどうもありがとう! でもね、実名がいくつか載っていたものだから、断りなく削除させてもらいました。時間がなかったので乱暴な方法をとりましたが、ごめんね。

私の人生はよくジェットコースターにたとえられますが、今回も急にこういう事態になっています。世界の僻地放浪から日本の僻地暮らしです。

また懲りずにコメントを残して下さいね。元気でね。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/10/06(月) 12:33:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。