スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地迷走中!(土地の写真を載せました)

  • 2008/02/29(金) 22:36:13

先日「何が一番大事か、そこさえぶれなければ良い」という言葉を紹介しておきながら、相変わらずぶれまくりというか迷走を続けいているマモ親夫婦です。だってー、全く性格が異なる土地なので、比較のしようがないんだものー!!

昨日夫の依頼を受けて、もう一度風情のある土地の見学に行ってきました妻です。その時の写真を紹介します。でも、写真では「風情」は見えず「荒れた状態」しか見えません。

CIMG1840_convert_20080509162553.jpg

CIMG1846_convert_20080509162634.jpg

どれぐらいの期間かは知りませんが、おばあさんが長らく一人暮らしだったとかで、庭の手入れはできなかったのでしょうね、槙の木の垣根も伸び放題、裏の竹林も恐ろしい有様でした。300坪だけあって広いことは広いんですけどねー。また、庭には井戸もあります(2枚目左横)。この井戸を使って庭に水やりなんてことを考えました。

それにしても、やはり300坪は広すぎか? 夫婦どちらかが庭いじりが好きというのであれば問題はないのでしょうが、自慢にならないけれど、私たちは植物枯らしの名人! 英語で植物を育てるのを上手な人を「緑の親指を持っている」と形容するところ、さしずめ我々は「茶色の親指を持っている」ことでしょう。そんな私たちが300坪の敷地をきれいに管理できるとは到底思えません。

そして、もう一つ防犯上の問題が考えられますよね。今回は朝の10時半から30分ほどその土地と周囲に滞在しましたが、軽トラックが1台通過しただけ。人間とは誰もすれ違いませんでした。しーんとして静かな環境とも言えるのですが、周りはお年寄りがほとんどのようですし、敷地は槙の木で囲まれているし、これって泥棒にとっては絶好の環境ではないこと??

ひるがえって公園の土地。

CIMG1826_convert_20080509163413.jpg

見えますかー? ブランコや滑り台が。一応公園です。手前が購入しようと思っている土地で、公園より30センチほど高くなっています。この公園を我が家の庭の一部のように取り込むことを目論んでいたわけです。

この土地は106坪ほどあり、これだけあれば普通は十分でしょう。東と北が道路に面しており、通風および日照も問題ありません。周囲の家は東側が例のA工務店(「土地を見つけるまで その1」を参照)の分譲地で、新しい家が建ち並び、北と西側は15年以上は経っていると思われる家々です。よくある日本の町並み風景で、決して趣があるとは言えず、その点では上記の土地に軍配が上がるんですよね。

ま、完璧な土地というものは存在せず、何かしら「んー、これが・・・」という点が出てくるのでしょう。それに、冷静になると300坪の土地は予算を遥かにオーバー。土地が300坪あっても、家が20坪しかないのでは、いかにもバランスが悪すぎです。

とある方から、「感性で決める。良いエネルギーを持った土地かどうか、雰囲気の悪い気が漂っていないかどうか、しっかり感じて下さい」というアドバイスを戴きました。しかし・・・、残念ながら私たち夫婦はこういう「気」を感じられるような感性を持っていないのです。でもやっぱり大事なんだろうなあ、こういう感性を持つことって。

林に囲まれているだけあって、300坪の土地には澄んだ空気が流れています。が、公園の土地も見晴らしがいいし、ここにするんだろうなあという気分のマモ親です。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。こんな駄文にお付き合い下さり、本当にありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。