スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残金決済のために180キロ走る、走る!

  • 2008/09/23(火) 23:53:23

今日は見積もりの話やら別なことを書きたかったのですが、土地の残金決済のために疲労困憊の日となったので、記念碑的にその話を書くことにしました。

・・・と書いておきながら、結局書きかけのまま寝てしまいました。22日の出来事を23日に書いています。

決済日が22日と決まったのは先週の土曜日。準備万端整える時間はあったはずなのに、週末は他のことに気を取られ、前日の晩は長男の寝かしつけに苦労し(結局一緒に寝てしまったのが敗因なんですが)、挙げ句に次男が夜中に高熱を出し、おまけに朝4時半頃に激しい雷と雨でと、とにかくぼーっとしたまま当日の朝を迎えました。

で、残金支払いのための振込に使用する口座は夫名義。でも手続きにいくのは妻である私。こういう場合、必要書類は夫の身分証明書(免許証やパスポート)と妻の身分証明書(夫に同じ)、および二人の夫婦関係を証明する書類(今回は健康保険証)が必要となります。

それなのに、ぼーっとしていた私は夫から免許証を預かるのを忘れ、健康保険証も更新か何かの手続きのために夫の職場に預けていたことも忘れていました。で、8時を過ぎてからこれらのことに気付き、顔が真っ青になりました。

不動産屋さんから銀行に確認してもらったところ、上記の書類はやはり原本でなければだめということが判明(当たり前とも言えるけど)。売主さんの都合もあり、これ以上日にちをずらせないし、私たちもいい加減土地には決着をつけたかったので、東京都心の夫の職場まで車を走らせることにしました。「今からそちらに行きますから」と夫に電話した時、夫は大層驚きましたが・・・。

不動産屋さんとは午後2時に外房のとある町の銀行にて待ち合わせと決まりました。千葉の自宅から夫の職場まで50数キロ。ナビの計算によれば11時前に到着のこと。すぐに折り返せば、外房の町に2時には間に合いそうです。

ところが、現実はそんなに甘くない! 京葉道路で早速渋滞にはまり、普段は絶対にしないパーキングエリアを抜け道に使ったりとイケナイ運転。都心の首都高でもずっとベタな渋滞で、結構イライラさせられましたが、なんとか11時15分に到着。夫から必要書類を預かり、ついでにトイレも借り、次男のおむつを替え、すぐに出発。

出発の時に、「距離は増えるけれどアクアライン経由で行った方が渋滞に巻き込まれないのでは?」という提案を夫から受け、早速ナビに入力。走行距離90キロ以上で、到着予定時刻は14時ぎりぎり。行きに反対方向の渋滞も各所で目撃してきただけに、このアクアラインコースに賭けることにしました。

羽田空港まで若干のトロトロ運転があったものの、それ以降は順調に走行できました。アクアラインを終えた辺りで携帯電話をチェックしてみると、不動産屋さんからの留守電が入っていました。その辺りの農道に車を止め、電話をすると、「2時では相手(売主)の着金確認が本日中にできない恐れがあるので、1時ぐらいに来れないだろうか」という内容でした。

途中をそんなに飛ばしたつもりはないのだけれど(次男の命も預かっていますし)、ナビを見てみると、14時に到着予定だったものが13:10と変わっています。いやー、事態はどう変わるか分からないもので、アクアライン経由にして良かったとつくづく思いました。

結局13時20分に銀行で落ち合うことになり、余裕で間に合いました。これで万々歳と言いたいところですが、まだまだ大どんでん返しが待っていました。

なんと、通帳に登録してある印鑑と家にある全部の印鑑のどれとも合わないのです。「そんなはずはない!!」と叫んでみるものの、合わないものは合わない。頭の中は真っ白。朝から騒がせている不動産屋さんに対し申し訳ないやら恥ずかしいやらで顔を見ることもできません。

でも、救いの神もいました! 「改印届けを出して、今お持ちの新しい印鑑で手続きを進めるという方法もありますが・・・」と銀行のハンサムなお兄さん。当然その案を採用です。

そんなこんなで、予定より余計な時間がかかってしまいましたが、なんとか残金支払いは無事終了。不動産屋さんにも仲介手数料の残金を支払いました。我が家の土地は何千万という価格ではなく何百万ですから、仲介手数料も微々たるものです。でもトラブルは他の土地以上にあったと思われ、おまけに最後の最後にこんな事態に陥り、本当に割の合わない土地仲介のはずです。どうもありがとうございました。

帰りは千葉市内の自宅まで再び30数キロのドライブ。この日だけで合計180キロ近くも車を運転したことになります。おまけに血圧と心拍数はずっと上がりっ放し。「そういえばタイヤの端っこの溝がすり減っていると夫が話していたなあ」と思い出しながら、雨天の高速走行。何よりも、ずっとチャイルドシートに乗せられっぱなしの病み上がりの次男が一番可哀想でした。「母は今度からしっかりします。ぽかミスもしません」と次男の寝顔に誓いました。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
このドライブの翌日の今日は、新宿までドライブ(夫が運転)。永大産業(ステンレスのキッチン)とTOTOのショールーム見学が目的でした。車の運転が苦にならない私でも、さすがに少し疲れました。

このことも記事にしたいのに、なんだかばたばたと忙しくてまとまった時間が取れません。いろいろと進み始めた現状に更新が全然追いつきましぇーん。折角コメント戴いてもすぐにお返事できなくて申し訳なく思っています。頑張って更新します。ついでに「お疲れ様!」のクリックをして頂けると嬉しいんですが・・・。自分の間抜けで忙しくしているだけなんだけど・・・。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お疲れ様です

す、すごい1日でしたね。あまりのすごさに読みながら途中ちょっと笑ってしまいました。ごめんなさい…。
うちもさっき旦那からメールが来て、ローンの審査のために、11月までに見積もりと図面がいると連絡が。ローンの審査がおりないとプラン打ち合わせができない(しても意味がない)からと、一度も具体的な打ち合わせをしていないのに!!!10月は半月以上大阪の実家に帰省するのにどないすんねん!て感じです。
ほんと家づくりって大変ですよね…。終わったら一緒に飲みたいですね(笑)。

  • 投稿者: さちらん
  • 2008/09/24(水) 19:45:25
  • [編集]

** さちらんさんへ **

どうぞ大いに笑って下さい。自分の間抜けさが招いたこととは言え、私も笑いたい気分でしたもの。いや、自分を褒めたい気持ち?! 図々しいけれど(苦笑)。

さちらん家での矛盾に満ちたローン手続きとプランニングをどう解決するのか、今度はこちらが高みの見物といきますか。・・・なんて冗談です。プランニングを超特急で進めるのでしょうか? 帰省はなし??

ちなみに、私は1年程箕面に暮らしたことがあります。先日神戸で阪急電車を見た時は懐かしかったです。

悩みの多いさちらんさん、どうぞお身体には気をつけて下さいね。

  • 投稿者: マモ親
  • 2008/09/24(水) 21:09:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。