スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローンの話

  • 2008/02/26(火) 23:29:24

家を建てるにあたり、宝くじやロトで大当たりしてほしいと願う人は多くいると思います。マモ家もその仲間。宝くじに費やすお金を家の費用に回す方が賢いのでしょうが、くじは買わなければ当たらない。・・・あ~あ、ジレンマ。

そんなアホらしい話はさておき、マモ家のローンは某大手民間銀行の住宅ローンで、金利は2.76%の固定。ボーナス払いなしの元本均等返済。夫の退職金が担保となるため、保証人不要というのが夫にとって大きなポイントのようです。

問題は金額と期間ですよね。とりあえずは1000万円を10年で、と考えていました。が、それですと家づくりのためには少々予算として少ない。そこで、今の家賃を返済額として逆算してみると、1200万円までOKとの試算結果が。

それにしても、家づくりの借金にしては少なめですよね。マモ家はそんなにお金持ちなのでしょうか? 違います。これは夫の年齢が理由です。夫は今年で45歳。20年ローンなんて組めません。そんな夫が40歳の時に長男が誕生(そうなんです、我が家では夫の還暦と長男の成人式が一緒にお祝いされるのです)。今から10年後には長男の教育にもお金が掛かる頃だろうから、それまでに家のローンを終わらせておきたい狙いです。

そして、我が家には更なる「足かせ」が。まあ、ローン関連の本を読んでいると、どこにでも出てくるアドバイスではありますが、手持ちのお金を全部家につぎ込むのではなく、3~6ヶ月分の生活費は残すようにとありますね。我が家はその手持ち分をできれば500万円、少なくとも300万円は残す予定です。これは夫が海外転勤の可能性が高いため、その時の生活設営に必要とされる金額です。「この500万円を家につぎ込めればなあ」とは思うものの、各家庭にはそれぞれの事情があり、これがマモ家の事情なのだから仕方がないですね。

そして、なるべく家づくりとは直接関係のない諸費用なるものを減らすため、妻は土地や家の登記を自力で行うことを計画中。そのための本も買いました。うまくいけば20万円程度は浮かすことができるはずと、捕らぬ狸の皮算用。

わかりやすい不動産登記の申請手続わかりやすい不動産登記の申請手続
(2005/10)
日本法令不動産登記研究会

商品詳細を見る


・・・とここまで順調にプランニングしているつもりの超楽天的妻でしたが、先日超現実派の夫より爆弾発言が。それは「過去半年ほど月に15万円以上赤字を出している。これでローンなんて組んでいいのか?」という恐ろしい内容! マモ家の家づくり計画に早くも暗雲が。果たしてこの決着は如何に着くのでしょうか?

↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。お金はなくとも皆さんからの応援を励みに頑張ります!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。