スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり夏を旨としているようだ

  • 2008/08/18(月) 23:23:51

昔から「住まいは夏を旨とすべし」と言われていますね。我が家の古屋もこの猛暑の中何度か訪れていますが、ずっと雨戸を閉めきりなので、どんなにかもわっとした空気に満ちているかと思いきや、中は意外に涼しいのです。

雨戸は閉めきりかもしれないけれど、屋根の一部は抜けているし、あちこち隙間だらけだから? 天井高が3.4メートルもあるから? 床下は基礎コンクリートなどなくスースーだから? ・・・きっとこれらすべてが原因で、まさしく我が古屋も古人の知恵に習い、夏を旨として建てられたのでしょう。その分冬が恐ろしいよぉー。

当たり前と言えば当たり前なのですが、中2階にある部屋は西側に面しているので、さすがにひんやりとはいきませんでした。あまり設置したくないものの、エアコンは必要となりそうです。西側には背の高い槙の木が生け垣風に植えてありますが、足場つくりのためにざくざくと剪定してあります。この槙の木の生け垣が将来うまく西日を遮ってくれるよう願うばかりです。

また、外に出れば大きな欅と椎の木がそびえ立っています。この木陰が本当に心地良いものとなっています。今はこの2本の木が家にかぶさるようにして枝を伸ばしていますが、きれいに剪定される予定。「誰か木登りして枝を打つんですか?」と工務店の専務さんに訊いたところ、人が乗れる箱?を先端に付けたアームをぐいーんと伸ばす車、電柱工事でよく見かけるアレを使うのだそうです。20年以上手が入っていない家や庭は、とにかくやることがいちいち大掛かりなのです(苦笑)。

竹林も現在はただの荒れ野と化していますが、これまたきれいに手入れされれば、竹の葉がさらさらと音を立て、心地良い涼を呼び込んでくれることでしょう。今の状態から具体的な将来図を描くのはかなりの至難の業で、素人の私には全然想像できませんが。

そうそう、マモ家は今年の夏はとうとう一度もエアコンを使わずに済みそうです。今の住まいは鉄筋コンクリートづくりの普通のマンション。そして3階建ての3階東南角部屋です。引越してから3回目の夏で、去年の夏までは当然のように気温が上がるお昼前にはエアコンを付けていました。夕方に外は多少涼しくはなるのだけれど、それまでエアコンの冷気に慣れた身体にはまだ暑く感じられ、結局夜までつけていることが多かったです。夜は居間のエアコンを消し、寝室の隣りの部屋のエアコンをつけ、直接冷気を浴びないで寝るようにはしていましたが、やはり寝起きの身体がだるかったですね。

今年は決して涼しい夏とは言えず、それなのにどうしてエアコンを稼働させずに済んだのか? --自分でもよくわかりません。古屋でなるべく自然に寄り添う形で暮らす=エアコンなしの生活の覚悟がいつの間にか芽生え、それが今年の夏私に予行練習をさせたのか? それもちょっとある気がします。

また、去年は子供たちがまだ小さく(特に次男はまだ乳児)で、汗をかかせたり寝苦しくさせたりするのがしのびなかったのが、今年は4歳と2歳になり、相変わらずあせもはよくできるけど、「多少の暑さは我慢しなさい」と言える程丈夫になったことも大きいです。本当はベランダでプールでも広げて水遊びをさせてあげたかったのですが、下の階の洗濯物を濡らすことは明らかなので、シャボン玉遊びだけで終わってしまいました。来年からは庭で思う存分水遊び&泥遊びをしてもらいたいです。

それにしまして、古屋を訪れる度に毎回ぎょっとさせられるのが、大きな蜘蛛。足を入れると5センチ弱はある大きな蜘蛛が主のように居座っているのです。先日その蜘蛛の死骸が廊下に転がっていたので、とうとう成仏しましたかと思ったら、その兄弟か子供なのか別の大蜘蛛が鎮座していました。まあ、蜘蛛は他の昆虫を補食しているので、害虫ではないのですが、それにしてもいつか慣れる日が来るのでしょうか?


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
ランキングがいつのまにやらベスト3に入っています。一時のものなのでしょうが、それでもここまで順位が上がるとは嬉しい限りです。他の古屋再生組の方々にとって少しでもお役に立てるよう、我が家の実情をなるべく具体的に紹介していきたいです。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。