スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラン作成2

  • 2008/07/03(木) 14:46:52

地問題はまだ解決には至っておりませんが、工務店の専務が相手方との交渉を継続して下さっており、私たちは専務の尽力と運に身を任せることにし、粛々とプラン作りを進めています。


の工務店との打ち合わせが6月28日(土)にありました。
前回の打ち合わせ時に工務店から出された宿題とその答えは以下の通り。また、参考までに最初のプラン1はこちら

い)限られた床面積の中で、水廻り(風呂、洗面室、トイレ)と居室スペースのどちらを優先させるのか?
→どちらかというと水廻り。母屋(つまり古屋)に水廻りがないと普段の生活に不便だから。

ろ)水廻りの中でも、小便器は必要か?
→なるべく欲しい。次男が身長の伸びない病気なので、1日に何回もするであろう小の用事のときぐらいストレスフリーでさせてあげたい。普通のトイレだと、台に上がる必要があるかもしれないので。

そして、私たちからの希望は2つでした。
A.廊下の回遊性の確保
B.西側にある現土間を台所にする

これらを踏まえてこの打ち合わせ時に提示されたプランが以下のものです。
プラン2


私たちの感想は・・・
土間部分が台所となり、台所からリビング、和室へと視線が抜けるようになりました。
東側(和室側)の回遊性は確保されているものの、西側(台所側)の回遊性がありません。
寝室(とされている部屋)が4.8畳しかありません。この中途半端な狭さだったらいっそいらないかな?
収納も少なすぎです。


務店との打ち合わせの後に夫婦で話し合いまして、妥協できる所、どうしても譲れないものなどを整理し、上記プランを私たちなりにアレンジしたものがこれ↓です。
自作プラン1


このプランに反映されている(はずの)私たちの考えは、
い)回遊性の確保。
台所裏に勝手口を設け、工務店プランでは閉じていた北西部分も回遊できるようになる。

ろ)フリースペース(将来は子供部屋その1)をリビング北側に配置。
しばらくは子供たちの遊び部屋として使うことにより、リビングがおもちゃなどに占拠されずに済む。

は)浴室および脱衣室を別棟に。(*注)
上記の(ろ)のフリースペースを確保するために私たちが取った手段は、浴室および脱衣室を別棟に設けることです。別棟を設けるアイディアは当初からあったのですが、予算が増えるため断念していました。が、浴室程度の床面積ならば何とかなるのではという目論見です。

に)WIC(ウォークインクローゼット)の確保。
ここに家族全員の1年分の衣服を収納します。昔ながらの日本の家においては収納スペースの確保が大きな課題の一つとなります。納戸(場合によっては複数)を設けることで解決している例を多く見受けられます。我が家も居室スペースは最低限のものしか確保しないので、こうした部屋は絶対欲しいものなのです。

ほ)リビングの一角に押し入れを設ける。
これにより隣りの和室を夫婦の寝室として使えるようになります。和室を私たちの寝室として使う案は当初よりありましたが、押し入れをどこに確保するかが問題でした。妻は和室の床脇を押し入れに改造と、相変わらずこの古屋の有り様を無視する考えでしたが、夫も工務店側も「この家のシンボルを壊すことはまかりならん」と主張。

そこで、もともと神棚と仏壇置場があったこの場所に。ところが、夫はこの場所に薪ストーブを置くつもりでいました。廊下側の壁もなくせば、北側スペースにも暖気が回るという計画です。が、押し入れが優先項目となりそうです。

へ)中2階の6畳間には大量の本を置き、パソコンコーナーと妻のミシン置場にもする。
将来は子供部屋その2となる予定。子供部屋になった後の本などの行き場所は、あとで考えることにして、まあ何とかなるでしょう。

と)中2階に3畳程度の納戸。
実際に現実化できるかは不明ですが、スペースはあるんです。そこに季節の家電(こたつ、ヒーター類、扇風機など)、スーツケース、季節の飾り物(鯉のぼりや兜)を収納。小屋裏スペースはたっぷりあるので、他にも収納スペースをどこか取れないかなあと希望中。

このプラン案を一昨日工務店に送りました。プロの視点からいろいろと検討してくれていることでしょう。我々は我々で勝手に、このプランでなんとか我々の予算内に収まりそうな金額が出てくれればなあと願っているところです。


*注
ところで、我が家では増築面積に制限が生じると以前書きました。この増築面積への制限はあくまで母屋に対するもの。ですので、母屋とくっつくかない別棟をつくってしまおうとなった次第です。

母屋とくっついた状態での別棟は床面積は母屋に算入されるのですが(この時点でそもそも「別棟」とは表現しませんね)、母屋と離れている別棟は「附属の建物」と認識されて、母屋の床面積には算入されません

そして、この母屋との離し具合がミソなのですが、1センチでも離れていれば「附属の建物」になります。という次第で、我が家は別棟を附属の建物として建てた後、母屋と別棟をつなぐデッキを母屋から若干離して製作するという案をひねり出したのでした。

まだコストの問題が残っていますが、別棟を建てることも考えられるという選択肢があることは嬉しいです。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
解決しなくてはならない問題が多い程、達成感は大きいのでしょうが、立ちはだかる壁があまりにも大きいと、そもそもの目指すべきゴールがなくなるようで、しんどいですね。土地もプランも結構そんな感じ・・・。応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。