スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜスムーズにいかない??

  • 2008/06/28(土) 21:04:02

ログの更新は滞っていますが、プラン作成などはそれなりに進んでいるところです。
で、明日は土地の境界を接する3軒のご近所さんと境界確定の作業が行われる予定で、翌30日(月)は土地代の残金支払いがなされることになっていました。

「いました」という過去形を用いるということは・・・、そうなんです怪しい雲がまたもや立ちこめてきました。先ほど不動産屋から電話がかかってきて、「また動きがありまして・・・」と、口調から察するに良い動きというよりは悪いことのようです。


日の敷地境界確定を目前に、3軒のうちの1軒が現状ではなく公図通りに復帰したいと言っているということです。話を整理しますと、現在残っている公図は明治20年(!)作成のものです。で、公図作成後に、土地の売主のひいおじいさんにあたる方がなかなか豪快な方だったようで、勝手に公図を無視したブロック塀を立て、以来それがやったもん勝ち的な境界線となってきたようです。現状と公図の差は以下の図の通りとなっています。相変わらずスキャンできずにデジカメ撮影した見づらい画像でスミマセン。

公図


太線が現状、緑部分が公図です。太線枠内の向かって右上の白四角部分がひいおじいさんが勝手に自分の土地として増やしてしまった部分(89.26平方メートルもあります)。それと対角線上に位置する太線よりはみ出ている緑四角部分が隣家に差し上げた(?)部分(46.17平方メートル)。


々がこの土地を購入すると決める前には、家づくりのことだけでなくこういった土地整理のことまで仕切ってくれている工務店と隣家との間で、「現状のまま認める」という結論が出ていました。そういう条件で私たちもこの土地を購入しました。

ところが、-詳しく書くと万が一このブログをご近所さまに読まれていたら差し障りがあるやも知れないので詳細は省きますが-、境界画定を前に上述のように公図の通りに境界確定をしたいと隣家の方が言っているということでした。


動産屋さんからは「もし公図通りの境界確定になっても、土地を購入しますか?」と訊かれ、そして参考資料として上の測量図を送ってもらいましたが、即答はできません。

私個人としては、売主のひいおじいさんが勝手に増やしてくれた89.26平方メートル部分は古屋の増築に関係する重要な場所なので、ここを公図通りにする、つまり我々の土地でなくなるというのは到底受容できないことではあるのです。

結局、先ほど連絡がありまして、明日の境界画定の作業は延期となりました。やれやれではありますすが、家を建てる前提の部分でありますから、きちんとしておかなくてはなりませんよね。




↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。
「土地探し」カテゴリの記事はもうないと思っていたのに、まだまだどんでん返しの話がありました。「よくもまあ次から次へと・・・」と驚きますが、流れと言いますか神様の御裁断にお任せする他ありませんね。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。