スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古屋のお宝(?)を紹介します

  • 2008/06/15(日) 00:56:16

古民家再生の醍醐味は、家が持つ歴史をそのまま戴けること。

古民家の居住者がその家を再生する場合には、あまりにも身近すぎて家に対してそういった思いを持つことは少ないのかもしれませんが、私たちのように他の人の古民家を譲り受けることになる場合、家の歴史などが醸し出すオーラに魅了されます。

オーラや趣だけでなく、即物的すぎるかもしれませんが「物品」のお宝も古民家には隠れています。もともと新築の場合は無垢の木や自然素材を使った家を希望していた私たちにとっては、古屋で使用されている今ではなかなか手に入らない材木もありがたいお宝です。

ということで、我が古屋のお宝を紹介しますね。あ、でも他の人にとっては「こんな物がお宝?」と思われる物もきっと含まれていることでしょう。それはご愛嬌。

   ***    ***    ***    ***    ***   

いかにも素人が撮った写真で、何を中心に撮ったのか分かりづらくて申し訳ないのですが、私の第一のお気に入りが、鴨居の上にある小窓です。この小窓は土間の上にある中2階と1階の和室を繋ぐものです。こういった中2階および小窓のある古民家ってとても珍しいと思います。何冊もの実例集に目を通しましたが、こういったつくりの家はまだお目に掛かっていません。この小窓のある部屋を板間のリビングにしようと思っており、暮らし始めてからどんなシーンがこの小窓を通して繰り広げられるのかとても楽しみなのです。
中2階をつなぐ小窓


崩壊している天井の方に視線がいくとは思いますが(しかもボケている・・・)、私のお気に入りの第二はこの欄間です。よくあるデザインの欄間ではあるのでしょうが、わざわざ注文しなくても家に付いているということが嬉しいです。
欄間


これも見づらい写真で申し訳ないです。むかーし昔の時刻表です。文字が右から左に配置されているというのと、「駅」や「発」が昔の字体ということがポイント。これをなんとか剥がして(もしくは板ごと切り取って)額装したい・・・と考えていたところ、この時刻表のすぐそばの床に新聞紙が束で置かれていました。それらは昭和8年の読売新聞などでした(写真を撮っていません)。面白そうな広告や記事を見つけて、そちらを額装することになりそうです。
時刻表


これらを「お宝」と呼べるかどうかは微妙なところですが、食器類も残されていました。このお宝探しをしていた時は私一人で、何が出てくるのか分からない雰囲気の中、ひとりぼっちであれこれ探す勇気はなく(実際カエルが飛び出て来て、こっちも飛び上がってしまった)、この箱の中や箪笥の中に何が入っているかは未知です。
食器類


私自身はその価値はいまだよく分かっていませんが、工務店の社長が「これはすごいんですよー」と何回も言っている床の間の地板です。埃も積もっていて有難味がさっぱり感じられませんが、この薄さで時間も経ているのに板が反っていないことが素晴らしいらしい。
床の間


これまた社長の受け売りです。この広縁の板も素晴らしく持ちが良いようで、このまま使えると話していました。上の床の間の地板もそうですが、木の種類は聞いたのに忘れてしまいました。今度確認してきます。そして、写真は息子がたまたま遊びで撮ったもので、私の足が邪魔ですね。
広縁の板


そして最後になります。庭に生えている枇杷の木です。実がたわわになっています。屋敷森のある土地ということで私は惚れたのですが、欅(けやき)や椎の木などの大木だけでなく、こうした実がなる木があるとさらに得した気分になります。今日食べてみたら、まだ少し酸っぱいもののおいしかったです。息子たちも行くたびに「枇杷の実取ってー」と騒ぎます。
枇杷の木


いかがでしたか? これらのお宝を活かした家づくりを目指したいです。ちゃんとセンス良くできるといいのだけれど。こういった古民家テイストを得意とするインテリアデザイナーもしくはコーディネイターっているのでしょうか? ご存知の方是非教えて下さい。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。マメに更新するとランクが上がるものなんですね。このブログを読んでいる人がいるんだーと実感する時です。ありがとうございます。今後も応援をよろしくお願いします。


にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

マモ親さまへ

昨日私のブログに 素晴らしいコメントを頂いて恐縮しております。

改めて 前の記事から拝見させていただく事に したした。
まだ 全文に目を通した訳では有りませんので、重複した質問になるかも
知れませんが、お許しいただいて・・・

まず この建物を選ばれた事に 伝統の造りや日本古来の良き佇まいに
先見の明がある事に 敬服いたします。

写真を見る限りでは、所々の傷みはあるものの、再生する価値のある建物だと
思いました。随所に素晴らしい造りが感じられます。

私は 床の間の造りが 本格的な"本床の間"である事において、非常に
丁寧な日本建築である事が 伺われます。


床の間は、床を単独で配置するだけではなく、書院造の伝統を受け継ぎ廊下(採光)側に付書院、反対側に脇棚を備える事が多い。これを本床の間と言います。

付書院 単に「書院」とも言う。出窓状に奥行きを持たせ、その奥に書院欄間、障子が配される。
床脇 床を挟んで付書院と反対側に配される空間。床脇棚と袋戸棚(襖付の棚)が設えられる。床脇棚は、二段の棚を組合わせた「違い棚」代表的だが、施主の好みにより「釣り棚」等他の様式が採られることもあります。

何回か マモ親様のブログにお邪魔している 記憶がありますが、これは改めて
興味のあるブログである事に、気が付きました。

また、他の記事にてお邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします。

  • 投稿者: オオカントク
  • 2008/09/03(水) 10:48:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。