スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくろうが鳴いています。

  • 2013/01/27(日) 23:20:47

葉県では目下インフルエンザが猛威を振るっているとか。流行ものには疎くて垢抜けない我が子供たち、こういう流行ものは拾わんでよろしいのに、先週の木曜日に次男が、昨日の土曜日に長男がインフルエンザA型に罹患しました。昨日は次男のインフルエンザによる高熱も少し収まり、やれやれと思っていたら、お昼過ぎに長男が頭痛を訴えみるみる熱が上昇。おまけに次男は耳の痛みを泣きながら訴えます。急性中耳炎のようです。昨日の午後から夜は、ちょっとした阿鼻叫喚図でした。

今は落ち着いて寝ています(1月27日夜の10時半前)。が、外から何やら鳴き声が聞こえます。昼間にたくさん寝過ぎたのか眠りの浅い長男も目を覚ましました。「お母さん、これは何の鳴き声かな?」 二人で耳を澄ませていたら、どうもふくろうのようです。田んぼを挟んで隣りにある神社の森にたま〜にふくろうが来るんです。私はここに越してきてから既に2回聞いています。お隣のTさんによると、この家が廃墟だった頃は、庭の今はなき欅に止まって「ホーホー」とよく鳴いていたとか。


、ふくろうの鳴き声を聞きながら、そうだった、ブログをさぼっている間に溜まっていた我が家の生き物訪問記をアップしなければと、思い付いた次第です。

↓ イタチと思われます。ある秋の日に池の水を飲みに来ていました。
イタチ
このイタチの出現と前後して、実は池の中の金魚が何者かに襲撃されるという事件が発生していたんです。一番大きい金魚は、横腹に牙か爪でグサッと刺したような穴が空いた状態で、池の脇で見つかりました。近所をうろつくあの野良猫め〜と思っていたのですが、イタチかも? でもイタチって魚にも興味を持つものなのかな?


↓ 動物ではなく昆虫です。夜に見つけたので写りが悪いのですが、分かりますか? 洗濯物干しのバタフライにかまきりが卵を産みつけていました。しかも長男の体操着入れを巻き込んで(怒)。
産卵中のかまきり

1メートルも離れていない場所に草ぼうぼう、雑木がたくさんあるというのに、なぜこの場所を選んで産卵するのでしょう? 長男のたっての願いで、未だこの場所に残してあります。春に赤ちゃんが生まれてきましたら、またお知らせしましょう。


↓ 昆虫第2弾。あ、厳密には昆虫ではありませんね。蜘蛛の卵嚢と蜘蛛の子です。
蜘蛛の卵嚢と蜘蛛の子

この写真を撮る前日にお風呂に入っている時(あ、このカーテンは脱衣所のものです)、やたらと小さな蜘蛛がいるなあと思いつつ、お風呂場に入って来ていた蜘蛛の子たちを無慈悲にもジャーッと流していた私。

で、翌日に脱衣所の隣りにある洗濯機で洗濯物を広げている時に、この物体に気付きました。淡いベージュの物体なので保護色となってそれまでは見落としていたようで、それがなにやら小さい虫を放出しているように見えたので、ようやく「何事?!」と気付いた次第。

可愛いと言えば可愛いし、おぞましいとも言えます。この家に住み始める前の私だったら、絶対「うぎゃー!」と叫んで、すぐに夫か子供に始末をさせていたのでしょうが、昨晩無慈悲にもこれら子蜘蛛ちゃんたちを排水口に流していたこともあり、「君たちが出てきた世の中には危険がいっぱいだよ〜。がんばってね〜」とつい声援を送りそうになります。この内の何匹が大きくなれるのかなぁとも。


それから、写真はありませんが、秋にモグラが大暴れしてくれました。モグラは以前からいました。が、家の西側で庭と呼ぶには半端なスペースで、お隣りの私道に接している場所で、どんなにボコボコにされようと全然構わなかったんです。

が、ある朝、玄関の外に出てみると、御影石を敷いてある石と石の隙間の土が妙にボコボコと膨らんでいました。まさかね、と思っていたのですが、その翌日から玄関脇に夫が頑張って敷き詰めた芝生がボコボコとなったのです! 

もうね、ホントほぼ毎朝芝生が盛り上がっているんです。あれこれ調べましたが、モグラ撃退に効果的な方法はないようで、通り道だか巣になっているのか不明ですが、せめて居心地を悪くしてやろうと、毎朝盛り上がった場所を棒で突いたり、踏み固めていました。子供たちは面白がってスコップで掘り返していて、ちゃんとトンネルができていることを発見したり。

イタチごっこならぬモグラごっこの日々が1ヶ月近く続いたでしょうか。モグラの居場所はさらに東へとずれていき、芝生への被害はなくなりました。でも、その東にずれていった先はクローバーなどの雑草で覆われた場所で、子供たちとたまにキャッチボールとかをする所なんです。走ったりしていると雑草に覆われていてボコボコが見えない分、柔らかくなった場所に急に足を取られて、これはこれで危険。まったく、モグラめ。でも地上に姿を全く現さないので、そもそも何匹ぐらい棲息しているかも不明。


後に我が家の巨大生物の最近の様子を紹介します。
マモの謎のはげ
お分かりになりますか? 横腹に太い一文字のごとくできたハゲが。「病気?」って心配になりましたが、自分でこの毛をむしっている場面を目撃。え〜、何かのストレス? という話になると、必ず矛先は私に向かってきます。夫も「考えられるストレッサーは君でしょう」と言うし、「お母さんがマモをいじめるからだよ」と子供たちは言います。いじめてないよ、怒っているだけだよ! こたつに足を入れると噛んだり引っ掻いてくるじゃん! 頭を撫でてあげていると急に噛んでくることもあるし!! 

禿げて1ヶ月あまり、全然治る気配がありません。その間も薪ストーブ前という絶好のポジションを私から追い払われたりしているマモですが、原因はやっぱり私なんですか??





にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

もぐらは

ニッキの木の枝や葉っぱを盛り上がっている土中に埋めておくといなくなります。においがきついので嫌がるのだと思います。

ニッキの木はシナモンのような香りがする木ですが苗木を植えてもすぐに大きくなるので庭に一本あると便利です。

鹿児島あたりではニッキの葉っぱであんこもちをくるんだニッキモチなるものがあるそうです。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2013/01/28(月) 10:39:41
  • [編集]

マモ様♪

お労しい、妙齢のレディがハゲなどこさえて…いぢめた?(嘘)
炎症等が無ければ、確かにストレスかも?とも思いますが、
ストレスに苛まれたお方の寝姿とも思えませんしねぇ。
それよりお母さんの方が!何で謂れのない疑いを掛けるですか!!
こっちがハゲちゃいますわよ、ねぇぇ

夫実家に棲む(?)イタチは何でも召し上がっているようです。
手に届く範囲に金魚、やるかもしれませんね。面白半分とは思いますが
もぐら捕まえときなさいよ!って勝手に思いますね。

タイムリーに私、今絶賛インフルエンザA型罹患中でして、お子様達を
抱きしめて共に泣きたい気分。人生初なもんで治りも悪く、39.3℃も
初めてなら、タミフルも初。耳の痛みも激しく同意。養生第一ですね。
あ、次大人の可能性大です、老婆心ながらご用心召されませ。

  • 投稿者: しましま
  • 2013/01/31(木) 12:19:50
  • [編集]

**返信 **

* satokosmith さま *
相変わらずいろんなことをご存知なんですね。それにひきかえ、ニッキとシナモンは呼称が違うだけで同じものと認識していた私です。

人間の子供にもニッキの味と香を好まない子がいますが、モグラと同類なんですね。


* しましまさま *
その後インフルエンザより無事復活されていますでしょうか。人生初の39度台では相当苦しい思いをされたのでは? 息子は普通に寝ていても目が回ると話していました。一日も早い回復をお祈りしています。

濡れ衣を着せられても全然こたえないアイアン・ウーマンの私。私は普通に暮らしているつもりなのに、周りにはいろいろとストレスをばらまいているようです。夫、子供、そしてマモに、家族という運命共同体なので受け入れてもらうしかありませ〜ん。

  • 投稿者: マモ親
  • 2013/02/02(土) 18:40:09
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。