スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手の国際試合のお手伝い =仕事?編=

  • 2013/02/03(日) 21:08:01

ょっと前の話です。1月20日(日)に空手の国際試合が行われました。長男が通っている道場の先生が中心となって準備をされていて、私も通訳としてその試合前後のお手伝いをしました。「これこれしかじかの大会を予定しています」という告知があった時に、図々しくも「英検と独検の準1級を持っていますが・・・」と手を挙げたのでした。

出場選手の国籍は、アルゼンチン、アルメニア、ウクライナ、オランダ、カザフスタン、スペイン、トルコ、ノルウェー、フランス、ポーランド、ロシア、そして日本というなかなかに盛大な大会でした。10年以上に及ぶ海外生活を経て日本に戻ってきたのが6年ほど前。帰国以来、こんなにたくさんの外国人を間近に見るのは初めてかもしれません。

第1回 KWF ワールドカップ 選手整列


わゆる「通訳」という仕事はしたことがありません。知人同士の間に立って意思疎通のお手伝いをしたことはありますが、到底「通訳」と名付けられるものではありませんでした。なので、今回も私のお手伝い業務に対して「通訳」と名前を付けられると、すごいプレッシャーでした。

そして、実際に先生と海外からの師範たちの「通訳」は大変でした! 日常生活レベルでは日本語から外国語への変換の場合、自分の言いたいことは英語なりドイツ語でほぼ問題なく言えるんです。ドンピシャの単語が思い付かなくても、「ほら、こんな感じのあれ」みたいにして説明調で伝えることもできますよね。でもこの説明調の訳って格好悪いし、時間もかかります。なるべくドンピシャの単語を探そうと頭をフル回転。そして、第3者って何を話し出すか全然想像がつかないじゃないですか(って当たり前のことですが)。この突然の日本語を外国語に瞬時に直すって結構大変な作業だと、今更ながら実感しました。

で、外国語から日本語への通訳。その人の話す英語などに慣れるとだいたいスムーズに行くのですが、慣れるまではやっぱりちょっと大変。今回は幸いなことに「私には慣れない英語」を話す方はいなくて、比較的楽にできましたが、最初は何回か聞き直してしまいました。人によっては嫌な顔をされることも。

それからこれは私の語学力の問題ではなく、背景が分からないと訳しづらいということも実感しました。空手の会派がたくさんあって、その名前がわーっと出てくるのですが、これまでの私にとっては会派云々は全然興味のないテーマでしたので、その名前とかがスムーズに頭に入ってこないのです。また、事前準備も全く手伝ってこなかったので、大会以前の出来事あるいは運営についての話が話題に出てくると、時々言葉が詰まることがありました。


んな「通訳」としての不出来を痛感しながらも、はい、おばさん故の図々しさを発揮して、開き直りつつ楽しんでもいました。一番最初の仕事は、オランダとスペインからの師範たちを成田空港まで先生ご夫妻とお迎えに上がるというものでした。空手に興味のない私は存じ上げませんでしたが、よくよく調べてみると、いらした師範のお一人はこの空手界では「伝説の人」的な方のようで、そんな方にお会いできるなんて役得です。その後も先生に付いてまわって他の師範方との挨拶の通訳をさせてもらい、その空手界では重鎮とされる師範たちに直にお目に掛かれたわけです。

試合当日は「通訳」としての私の出番はほとんどありませんでした。大学生が通訳も兼ねてのお手伝いで数名来てくれていましたし、試合本番での通訳って外国人審判団にあれこれ話すことも例えばあったのですが、私は元々この空手という競技に疎いので、そんなところに首を突っ込むわけにはいきません。適任の他の方にお任せしていました。来年からはもう少しお手伝いできるように空手のことも知っておかないとダメですね。


た、英語は万能語でないことを知りました。1999〜2000年に暮らした当時のウズベキスタンはソ連邦が崩壊して、独立して間もない国でした。そんな国で英語が全くと言っていいほど通じないことはある意味当然でした。しかし、さすがにソ連がなくなって20年以上経つ現在、旧ソ連邦の国々では英語の学習も広まっているのではと勝手に想像していたのですが・・・。

今回参加していた旧共産圏の国の人たちはほとんど英語を解しませんでした。「え、まだロシア語が強いんだ」と再確認。まあね、ロシアも一時はひどい状況でしたが、今は強国ですから。周りの国にとってはやはりロシア語は必要なのでしょう。それにしても英語の必要性は感じないのかな?

ウズベキスタンに暮らしていた時に1年間ロシア語を勉強しました。ドイツ語と共通する部分もあり、私にとっては好きな言語でした。が、あれから13年。全然話す機会がありませんから、すっかり忘れていました。ところが、今回ロシア語通訳の女性と一緒にいる間に、まるでシャワーのようにロシア語を傍らで浴びていましたら、少しずつ単語や文章が甦ってきたんです。意味は覚えていないけれど、ロシア語でだけ話せるフレーズとか。

となると、使いたくなるではありませんか。よせばいいのに、「こんにちは」「ありがとう」「あそこにお店があります」などなどほとんど役に立たないフレーズを試していたんです。そうしたら、カザフスタンの師範や選手たちがロシア語でガーッと話しかけてくるくる。今度は「ニェ・パニマーユ(理解できません)」の連発。だったらロシア語を話すなよ!ってことですね。(それでもカザフスタンの師範なんかは「いや、君は少しは分かっている」とロシア語でいろいろと質問してくるのでした。)

選手団の半数近くはロシア語圏でした。それに対して通訳が1名だったので、ロシア語通訳の方は毎日が疲労困憊。来年は私もお手伝いできるようになりたいなと野望を抱き(恐らくは無理ですが)、NHKのロシア語講座のテキストを買った単純な私です。せめて向こう側の用事の急・不急かぐらいは聞き分けて、それをロシア語通訳の方に持って行く用を果たせればな、と。

フランス、スペイン、アルゼンチンとラテン語系の人たちも多数。スペイン語圏のアルゼンチンの人たちに知っているイタリア語で話す間抜けな私。でも通じたし。このアルゼンチンからの3人組は40時間もかけて千葉に到着の後、ホテルにチェックインするとすぐに「代官山に行く」と言うのです。「代官山にショッピングでも?」とそういう雰囲気の持ち主ではない3人組を前に訝しく思っていたら、代官山にあるムエタイジムにトレーニングに行くのだそうです。40時間の旅の後、休まずにムエタイジム?! なんてすごいの!

↓ いかつい顔のいかにも格闘技系のアルゼンチンチーム。真ん中の師範はマスターズクラス(35歳以上)で3位入賞となりました。
アルゼンチンチーム
私事ながら、向かって左側の人は選手ではなくマネージャーとして来ていたのですが、彼が物静かで空手関係者というよりは神学生の雰囲気を漂わせていました。最初のドイツ語学留学で友達だったスペイン人を思い出しました。たつ、Manuel だよ、確か。覚えている?

彼らとの意思疎通に四苦八苦していると、やはりスペイン語も必要だなあと思うのです。でもね、スペイン語は夫が少しできるんですね。夫婦で合わせて地球上の言葉を網羅できればいいと思っているので、となると、私はやはり別の言語かな、とも思ってみたり。言葉ってつくづく大変なんですが、おもしろいと実感した日々でした。





にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2014/05/14(水) 05:40:30
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。