スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケヤキの大木の最後

  • 2012/07/02(月) 22:16:18

い、衝撃的なタイトルですね。そうなんです、とうとう欅は昇天してしまいました(涙,涙)。

今、この記事を書くために過去記事を眺めていたら、この欅は5回もブログに登場していました。

2009年 5月11日 トトロの家のシンボルツリー「欅(けやき)」

2009年10月18日 じいじ製作のブランコ

2010年 7月17日 大木の使い方

2010年 9月 7日 ケヤキが枯れてきました・・・(涙)

2010年 9月28日 樹木医にケヤキを見てもらう


き生きとした欅の姿は過去の記事内でご覧頂くとしましょう。亡き父もこの木には思い入れを持っていたので、記事に登場しますし、個人的には涙を流しながら、これらの記事を読んでいました。

いつぐらいからかなぁ、「やっぱりだめなのかな」と思ったのは。去年の春には芽吹かず、それがおしまいという意味なのか、それともー素人考えながらもーひょっとしたら来年用に力を蓄えているのかも・・・なんて思ったりしながら、見守っていたといいますか、そのままにしておいてありました。

が、今年もとうとう芽吹かず、枯れてしまったと結論を出さざるを得なくなりました。そして、枯れたまま放置しておくのは材木として使えなくなるので勿体ないですし、また台風などで倒れると危険です。切らなくてはならないという話はしていたんです。


題はどのように切るか、でした。そうそう、過去の記事ではブランコをぶら下げた木は、この欅としていますが、実は、ブランコが下がっている木は欅とは別の木なんです。根が隣接しているから、私たちはてっきり根元から分枝した欅と勘違いしていたんですが、榎(エノキ)だったんです。言われてみれば、樹皮も違うし、葉っぱもまったく別物だよ!

そして、この榎がまたえらい斜めに育っているんです↓。
欅と榎

榎は根元で欅に少し支えてもらっている感じがして、欅がなくなるとどうバランスを取っていくのかなあと心配になります。

あるいは、大木の欅を伐採した後に、同じように欅を植えようとすると(同じサイズとはいきませんけどね)、欅の根っこをごっそり掘り出さなくてはならず、その場合は榎も伐採の必要がありそうです。


の中には、私の父の形見のように残っているブランコをできるだけ長く残したいという思いがあるようでした。私は夫のその気持ちを有り難いと思いつつも、ブランコはいつかはなくなる・使えなくなる物だし、子供たちもそれなりに大きくなり、もうブランコという年齢でもないのだから、榎も切って、新しいシンボルツリーを、というように考えてもいました。

親たちがそうやって迷っていると、小学3年生にもなった長男の友達が遊びに来た時に、まだまだブランコで遊ぶんです。子供たちの笑い声が庭に響く様を眺めていると、「お父さん、良かったね。こういう笑い声がお父さんの願いだったんだよね」って涙が溢れてきます。

結局、もし新しいシンボルツリーを植えるとしても、ちょっと場所をずらすことにし、榎は残すような方法で、欅を伐採することにしました。

という次第で、6月28日(先勝の日)にとうとう伐採されました。その日の様子は次回に。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ごめんなさい。

わたしのコメントが辛いことを思い出させてしまったかも…
でもケヤキのこと、知りたかったので嬉しかったです。

お父さまも思い入れのある木だったのですね。枯れてしまった木が危険なのは職業柄お父さまが一番良くわかっていらっしゃったでしょうから…きっとお元気ならば切りなさいと言ってくださったはずです。

供養とは故人を思い出すことだと聞いたことがあります。
お家の色々な場所を見てお父さまのことを思い出していらっしゃるなんて、本当に素晴らしい御供養をされていると思います。

寂しさに負けないで。

  • 投稿者: あんころ
  • 2012/07/03(火) 07:41:42
  • [編集]

何とか復活してくれるかなぁと願ってましたが。。。残念でしたね。


私の家の近所では、家の大屋根を超える高さの木を庭に植えるとその家は栄えない。。。とかなんとかって迷信が根強くありまして。。。
こんな大きな木を植えさせてもらえない我が家では、マモ親さんの所のこの木がとてもうらやましく思っていたので、私もとても残念ですT_T

今後は、伐採した欅の一部でも、おうちのオブジェやお子様のおもちゃの材料などに再利用されて身近に置かれたら、また違った形ですが、お父様の事も身近に感じることが出来るのではないでしょうか。

  • 投稿者: ことまま
  • 2012/07/09(月) 13:21:37
  • [編集]

** 返信 **

* あんころさまへ *
またまたお返事が遅くなりました。
悲しい気持ちはあんころさまのコメントが原因ではありませんよ。いろいろ振り返っていたら、「あらまあ、父も随分とこの木に関わっていたんだなあ」と改めて気付いたからです。でもそれも供養になるのならば、私って結構親孝行かも。

実際の伐採の様子を早く記事にしなくては。


* ことままさまへ *
気に掛けて下さりありがとうございます。私の願いもむなしく枯れてしまいました(涙)。

迷信って本当にあちこちにあるんですね。ひょっとすると、欅は我が家のこれからの発展を願いつつ、自ら昇天してくれたのかも、なんて考えてしまいました。それでも私は欅が作ってくれた大きな日陰が恋しいこの頃です。

実は、欅の再生方法も、工務店の社長と一緒にあれこれ思案しているところです。1つは何年後かに作る予定の門柱などに。もう1つは家の看板です。これは話が長くなるので、今度の記事の中で紹介しますね。

それにしても、こうして見ず知らずの方々にも気にしてもらえた欅は幸せだと思います。ありがとうございます。

  • 投稿者: マモ親
  • 2012/07/09(月) 21:45:32
  • [編集]

え~、あの木無くなっちゃったのーΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

  • 投稿者: bariemam
  • 2012/07/11(水) 10:40:44
  • [編集]

** bariemamさまへ **

そうなんだよ〜。この辺りでも大きな木だったので、ちょっと離れた地域の人にも「残念だったわね」とよく声をかけられます。&田舎のご老人は暇なのね。招待していませんでしたが、伐採の様子を見学に来ていた方々もいらっしゃいました(苦笑)。

  • 投稿者: マモ親
  • 2012/07/11(水) 21:54:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。