スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マモ家の災害への備え その1

  • 2012/04/27(金) 13:08:32

災した時に何が何でも必要なもの。それはですよね。・・・と分かりつつも、去年の夏に壊れて以来そのままにしてあった井戸のガチャポンを、ようやく23日(月)に交換してもらいました。騙しだまし使えてはいたんで、放置していたんです。

いやいや、災害はいつ襲ってくるか分からないし、被災した時に不自由な思いをしていることは確実なんだから、今既にある不自由を放置しておくのは愚だぞ、という次第。

取り敢えず井戸を使えるようにすること。それが我が家の備えその1であります。

↓ 壊れたガチャポン。
壊れたガチャポン

壊れたガチャポン 拡大

交換に来て下さったおじいさんが、「一体これ、どうやって壊したの?」って不思議がっていました。「小学生の子供が遊びながら・・・」って返事をしたら、「え、子供が?!」と驚かれました。
Dくん、君はよっぽどの馬鹿力の持ち主らしいよ! あ、おじさん曰く、この破損した持ち手の部分は縦方向の力には強いけれど、横方向は弱いそうです。なんらかの加減で横方向の力が加わったんでしょうね。


ともとはこの井戸の水が出てくる口の先に簡易浄水器を取り付けて、災害時にはお茶碗を洗うとかの生活用水として使いたかったんです。でも目を付けていた袋状のその浄水器が、いつの間にやら販売停止となっていました。

最近見つけた浄水器↓。口の部分が浄水装置になっているそうです。ちっちゃい! この小ささで井戸水を飲用水にかえるのだから、すごいなあ。
ドリップデリオス
姉妹品であるケチャップ容器の大きさの物を最初に見かけてはいたんですが、そんな程度の容量ではあまり役に立たないと却下していましたが、よくよく調べてみたら、3ℓ入るこの容器付きの物を発見。4ℓ入りもあるらしい。

詳しくは、こちらのサイトで。

ペットボトル入りの飲用水は、離れと小屋に分散して備蓄してあるし、水対策はこれで万全?


は逸れますが、井戸の水甕というんですか、この井戸本体。マモ家のものは焼き物、土器?、陶器?なんです↓。
ひびの入った井戸の甕(かめ)

↑ 模様まで入っているのが見えます? 最近はこういう土器?陶器?は作られていないそうで、貴重品ですって。その陶器製に替わって、今では1枚目の写真の奥に写っているコンクリート製になっているそうで。

この甕に大きなひびが入っていました。今まで全然気付かなかった。
ガチャポンを交換してくれたおじいさんは、この井戸の浚渫もして下さったので、当時の様子もちゃんと覚えていて、「おや〜、このひびは地震の時に入ったんだな」とのこと。恐るべし、震度5弱。コンクリート製の物は無粋だし、とりあえず機能は問題なく果たしているので、このまま放置。


かくなってきましたし、また子供たちのガチャポン遊びが復活しそうです。
そういえば、前の朝ドラ「カーネーション」でも今の朝ドラ「梅ちゃん先生」でも、このガチャポン井戸が登場していますね。その姿を見にするたびに、このレトロチックな外見が多くの人の目に留まり、防災が見直されている今、使われていない古井戸が復活されるといいなあと願っているのです。





にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2012/05/14(月) 12:24:14
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2012/05/17(木) 00:07:43
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2012/05/25(金) 15:48:13
  • [編集]

H. K. さまへ

管理人にしか読めないコメント欄を使用して、メールをくださいましたH. K. さま。登録のアドレス宛にメールを送りましたが、undelivered で返って来てしまいました。なので、こちらでお礼を申し上げます。

ネット環境があまり良くないとおっしゃるフィリピンから、この拙いブログを読んで下さいまして、ありがとうございます。私の父とも同じ歳と伺いまして、その点で勝手に親近感を持ってしまいました。

日本との往来は大変だとは思いますが、千葉の海の幸をたまに味わいつつ、お元気でお過ごし下さいますよう、僭越ながら願っております。

  • 投稿者: マモ親
  • 2012/05/27(日) 16:51:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。