スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪置き小屋、その他の小屋

  • 2011/07/01(金) 15:10:50

もなく3回目の夏をトトロの家で迎えます。3年目ともなると、庭関連のモノたちは増え続け、それらを収納する小屋を夫が自作しました。


ずは、薪置き小屋。薪ストーブを使う家では必須ですよね。薪は結構長い期間庭の片隅に積んであるだけで、ちょっと格好悪いし、薪にとってもよろしくない環境。

でもただ面倒で放置していたわけではなく、どんなデザインの小屋がいいのかなあなどと研究していたのです。自作できるのかなあ、それとも神明建設に頼まなくちゃいけないのかなあ、ということも。

結論。ずっと雨ざらしになっているよりは、見てくれは二の次でとりあえず屋根付きの小屋を作ろうと、一念発起。一念発起のきっかけになったブログの記事は、煙突掃除でお世話になった川原さんのこの記事
で、一念発起の結果がこれ↓
薪置き小屋全景

夫が製作の薪棚は、川原さんのように全ての角がきちんと直角が取れているとは思えないけれど、とりあえず自立するので良しとしましょう。

↓これは屋根のついていない製作途上の薪置き小屋。シンプルな造りであることがお分かり頂けるかと。
薪置き小屋近景


の薪置き小屋で自信を得た?夫は、続いて自転車小屋と物置小屋を作りました。両方ともなんちゃってモノではあるけれど、機能は果たします。

↓奥が物置小屋で、手前が自転車小屋。
自転車小屋と物置小屋

自転車小屋は段差があるので、子供たちにとって自転車を出し入れしにくいことが難点。でもこの場所は仮の場所なので、いつでも撤去できる/移動できるようにと、こういう形になりました。

物置小屋の中の様子も撮影しましたが、最近それまでなかった草刈り機を購入し、それがどーんといれてあるので、いつものように整然とした様子でなく、これを紹介するのは夫にとっては本望でなかろうと、割愛させて頂きます。

ご存知の方は「別に・・・」という感想を持つのでしょうが、私が個人的に感心したのが、下の写真のアイディア↓。
棒を渡しただけの道具掛け
棒を2本渡して、その棒をまたぐように道具をひっかける方式となっています。

写真のように(写っているものは自転車の空気入れと後付け自転車用子供シート)、先端が膨らんでいてその後きゅーっとしぼんでいる形のもの、例えばスコップなども、ここに引っ掛けることができます。ものを引っ掛けるには壁にフックがついていなくてはダメと思い込んでいた私には目から鱗の工夫なのでした。


作すると便利なことは、構造を理解しているため自分で解体も簡単にできるということです。
実際のところ、薪置き小屋は最初は敷地の東側に並べていたのですが、そこにクヌギの苗木を植えることにし、夫は小屋を解体して、それらを北側でまた組み立て直したのでした。

我が家はまだ庭の構想が固まっておらず、薪運びの動線も考え直すうちに、またまた小屋のお引っ越しもあることでしょう。夫、頑張ってくれたまえ。夫曰く、小屋の解体と再組み立てはそんなに大変じゃないんですって。中身の薪の積んだり下ろしたり、そして運搬が一仕事なんだそうです。確かにね。←ってあくまで他人事の妻なのでした。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

すばらしい!

さすがです。別に直角が出ていなくても、水平垂直が出ていなくても、薪棚や小屋程度であれば全く問題ないです。雨が当たらなくて、収納できれば機能するので、臆せずガンガン作るのが良いですね。

私の弟子は師匠をすぐに越えて成長していくので見ていてうれしいです。

  • 投稿者: かわはら
  • 2011/07/01(金) 18:42:38
  • [編集]

薪って一冬にどのくらい使いますか?今年念願の薪ストーブを設置しました。設置しましたが、薪をどのくらい使うか全くわからないので困っています。

ご主人が元気があるうちにどんどんいろんなもの作ってもらってください。田舎に戻った我々も若い時は工具や機械を買っていろんなモノ作りに励みましたが、やっぱり年ってとるもんなんですね、今はそういうものを作る体力がないです。

庭も手入れがしやすい芝生にして一週間に一回芝刈りするだけできれいになるようにしました。私も5年前くらいまでは草刈り機で庭の草を刈っていましたが、今は草刈り機の重さに耐えられなくなってます。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2011/07/02(土) 14:41:40
  • [編集]

薪小屋素晴らしい出来栄えですね!

我が古民家も薪ストーブにするので、薪小屋は必須です。
自分達で作る予定ですので、参考にしまーす。

マモ親さん宅のように上手くできるかどうか・・・・
でも、失敗しても、またチャレンジすればいいですよね!

しかも、無謀なことに東屋も作ろうなどと考えていますよ



  • 投稿者: ショウユ
  • 2011/07/04(月) 17:35:14
  • [編集]

** 返信 **

*かわはらさまへ*
夫は見かけによらない大胆不敵さでもって、垂直の取れていない小屋をガンガンと作っています(苦笑)。

そうなんです、薪などを収納して初めて機能するんですね、特に夫が作ったものは。と言いますのは、薪を収納していない小屋が一度強風で倒れたことがあるんです。「やっぱり中身を入れないと!」って学びました。


*satokosmith さまへ*
自分たちのごく近い将来を予言されているようで、コメントを拝読しながらつい笑ってしまいました。夫も48歳。今の元気がいつまで続くでしょうか。

草刈り機を購入したものの、妻はまだデビューしておりません。近所ではおばあちゃんという年代の方もぶんぶん振り回しています(廻してはいませんね)。私も上手に扱えるようになりたいと願っていますが・・・。

あ、薪の使用量ですか。我が家は1年目は購入しまして、6~7本のナラが1束になったものを200束は使った記憶があります。2年目からは廃材なども含めているので、これっていう量を示すことができません。来年は「この小屋の何杯分」って言えるとは思うのですが。

薪ストーブ、大好きです。まだまだ使いこなしてはいませんけれど、楽しいです。ご主人様とどうぞ素敵な冬を過ごせますように。


*ショウユさまへ*
このかわはらさんのページを参考にされると、意外にちゃんとできるので嬉しくなるようです。「ちゃんと」のレベルがうちは低いんですけどね(苦笑)。だから大丈夫! 是非トライして下さい!

東屋なんてすごいじゃないですか。完成写真を見たいものですね! 東屋で風に吹かれながら休憩・・・なんて夢を描いちゃいますね。

  • 投稿者: マモ親
  • 2011/07/04(月) 21:41:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。