スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低誘虫電球を使ってみたら・・・

  • 2010/09/14(火) 10:25:18

田に囲まれているせいか、夏になると虫の数が極端に増えます。特に夜間は外の照明を点けていると、ありとあらゆる虫が集合します(残念ながら、子供たちの喜ぶカブトムシとかは来ないんだけど)。

玄関先にはお気に入りのアンティークの鶴首の照明を取り付けたので、私としては自慢げに暗闇迫る頃から点灯していたいのに、とにかく半端な量でない虫が集まるんです。漆喰の白壁がごまだらになるんです! で、ある時期から夏の間の玄関照明の点灯は諦めていました。夫は暗闇の中を毎晩帰宅します。

虫除けの薬剤が入ったフックタイプの物も照明にぶら下げてみました。著しく外観を損ねるけれども、背に腹は変えられぬと。が、効果の程は「?」でした。


回私たちが見つけたものが、「低誘虫電球」なるもの。そもそもの発端としては、パナソニックの製品だったと記憶していますが、虫が好む波長をカットした電球を使った照明器具があったんですね。それはデザインが好みでなかったので却下となったのですが、電球だけでも売られていないかと探した次第です。

ありました。東芝ライテック社から出ている商品で、「虫が集まりにくい黄色い光を出すランプです」と箱に書いてあります。E26口金で300円少しでした。

特長 夜間昆虫が好んで集まる500nm以下の短い波長の光をカットしています。
用途 果樹園・屋外施設・テラスなど


「黄色いランプ?」と思わないでもないけれど、取り敢えず300円だしということで買ってみました。

本当に黄色! 真っ黄っき! ちょっーとオレンジがかっているかな。


夜間に照明を点けたまま外出して、戻ってきたら・・・↓
低誘虫電球
虫いっぱいいるじゃん! その虫を狙っている蜘蛛まで来ているじゃん!! 写真だとよく分からないのですが、結構集まっていました。でも、確かに以前みたいにごまだら模様とまではいっていないから、「低誘虫」なのかな? いや、この段階で受け入れ難い。

このランプを点けていると、それは怪しげな雰囲気が漂い、「モーテルかえるのくに」とでも名付けたくなるような、とにかく尋常じゃない家になるのです。おまけに虫除けも期待していたほどではないので、よって却下。

私たちには不合格印を押されてしまったけれど、とりあえずご参考までにと、この電球を紹介してみました。




にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ああ、あれですね

うちも以前購入したことがありますが、虫いっぱいでした。

LEDだと虫が集まりにくい、、、という説もあります。

ご参考まで。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2010/09/14(火) 13:31:43
  • [編集]

そうそう・・・

田舎は虫が多いです!蜘蛛なんかむかしは気味わるかったけど今は、ほかの虫を捕食してくれるので(子供の手のひらサイズ)大切に飼っています(笑)たまに自分がかかりますが。
早くご主人に草刈機購入してください!腰痛めますよ!刈払機でも手でやらなきゃ取れないところがでてくるので・・・永田農法は我が家もチャレンジしましたが
これも虫と共存そしてコンパニオンプランツの共用です。
まずは土つくりからなんですよ・・・僕は待てずに赤土・黒土12トンを購入していれましたがそれでもまだまだ今回は堆肥(牛糞・藁・籾殻を発酵させたもの)を4トン購入して半分土に混ぜて残りは、シートをかぶせて発酵促進中です。

  • 投稿者: SEADOG
  • 2010/09/15(水) 21:59:20
  • [編集]

** 返信 **

*satokosmithさまへ*
さとこさまのところにも虫がいっぱい集まってきたのですか。果樹園にはあの色は問題ないのでしょうが、用を為さないあの色は住宅には不合格ですよね。

今使っている電球が切れたら、今度はLEDで試してみましょうか。結果も報告しなくてはなりませんね。


*SEADOGさまへ*
私も手のひらサイズのアシダカグモにはもう慣れました。何匹もアシダカグモを見かける割にはゴキブリもまだ生息しているので、アシたちに「ほれ、頼むよ」とはっぱをかけています。

夫が読んでいる本は永田農法とはまた別のような気がします。夫が読み終えたら私が読むので、その時にはっきりしますが。完成?された土壌には、分解すべき物質がないのでミミズもいなくなるとか。

夫は今日もせっせと草刈りをしています。「心配のコメントを戴いてますよ」と伝えたら、「こんないい運動を止めるのは勿体ない」だそうです。いや、その前に腰を痛めちゃいますよねー。

  • 投稿者: マモ親
  • 2010/09/18(土) 09:00:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。