スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋内にドアを1枚追加

  • 2010/07/15(木) 00:34:34

らしていく内に改善したい点は当然いくつか出てきます。我が家はあまり多くなかった・・・けれども、というよりは予算を削るためにとりあえず我慢したり様子を見ようとなったところがいくつかありました。

の1つが広縁と内廊下を区切るためのドアです。

↓ 下図で赤線が新しく取り付けてもらったドアです。画像をクリックすると大きくなって見やすくなります。


ここにドアを設ける1番目の理由は、寒さを防いで、あわよくば薪ストーブの暖気をより広く廻すためです。
我が家では東と南面の外に面している建具はオリジナルを再利用した薄っぺらいガラス戸で、断熱および気密性能は望めません(こちらの記事を参照。「建具の紹介 ガラス戸」)。冬の時期になると、広縁は当然寒いし、洗面所に立っている時も、近くにある戸袋からヒューヒューと風が吹き込んで、結構寒いのです。

一旦LDや和室に入ってしまえば、障子戸の断熱性能は馬鹿にできず、外のガラス戸が第1窓、そして障子戸が第2窓という具合に、最近流行の2重サッシに近い役割を果たしてくれて、十分暖かく過ごすことができました。

が、欲張りな私たちは、実はオレンジ印の薪ストーブで、これまでの暖房範囲だった青色の点線を超えて、実線の北側の子供部屋をも暖めようと目論んだのです。そのためには暖気が寒い広縁に漏れてしまわないように、赤線の場所を閉じる必要があるんですね。

この赤線部分に実際にドアが取り付いたのは、冬も終わりという時期でした。ですので、あまり実験ができていないのですが、容量の大きいヴァーモントキャスティング社のアンコールでも、ちょっとどうかなあ、無理があるかなあという感じでした。今年の冬は購入する薪でなくて、自分たちで集める薪(つまり無料)をたくさん用意しておいて、けちらずに使えるようにして、ガンガン焚いて試してみたいですね。

ちなみに、我が家はほとんどの建具が引き戸なので、LDと北側廊下の間の引き戸や子供部屋の障子戸の開け閉めによって、暖気を廻すスペースの調整ができるようになっています。

また、北側の子供部屋には都市ガスのソケットも設置してあるので、仮に薪ストーブの暖気が廻らない時や、また将来子供たちが部屋を閉め切って使いたい時にはガスファンヒーターを設置できます。そういえばエアコン用のコンセントも取り付けましたねぇ。備えあれば憂いなしということで。


アを設置したもう1つの理由は、外からの視線のカットです。

↓ ドアがなかったときの様子。
洗面所脇のドア 設置前
ガラス戸越しに外から丸見えでした。数メートル先は隣人の畑で、お隣りのおじいさんが農作業をしながらこちらを敢えて覗き見るということはないのですが、洗面台の反対側がクローゼットとなっているのに着替えもままならなかったんです。で、応急処置としてこんな布切れを下げていました。


↓ 取り付けられたドア。
洗面所脇のドア 設置後
夜に撮影したので向こう側が真っ暗ですが、ドア上部にはガラスの欄間を入れてもらい、明かりを取り込むようにしてあります。このドアがついて以来、安心して着替えられますし、歯を磨きながら寒いすきま風に震えることもなくなりました。

また、思わぬ効用もありました。このドア向こうの戸袋前にマモ(飼い猫)のえさ置場とトイレがあります。ビフォアの写真に少し写っていますね。このマモトイレのにおいがドアによってシャットアウトされて、居住スペースに臭気が入り込まなくなりました。朝晩マモトイレを掃除していますが、体重10キロを超えるおデブさんは排泄物の量も平均より多いのか、他の家の猫よりにおいが強い気がしています。

このドアは既製品ではなくオーダーです。廊下の反対側にある、廊下とパントリー兼裏口を区切るドアと同じデザインで(「建具の紹介5 新規製作の建具」の3枚目の写真)、北側廊下は同じデザインのドアで挟まれているという次第。障子の格子がこの家にマッチしていて、とても気に入っています。



にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/07/15(木) 07:57:13
  • [編集]

** マイクさまへ **

お返事が遅くなりましてすみません。

3年もの月日をかけてご自身でDIYされたなんて、本当に素晴らしいです! それにしても32畳のLDKってとても広いですね。開放感あふれているでしょうねぇ。その分やっぱり寒いのでしょうか。

薪は去年の冬はカインズホームにて購入しました。楢の木ということでしたが、乾燥が十分でないものもけっこうあったようで、バックドラフトみたいな現象が起きて焦ったことが2回ありました。今年は去年購入した分の残りと、工務店から戴いた端材が今のところありますが、まだまだ足りません。八街で薪割り倶楽部というものができたので、それにも参加しています。マイクさんもいかがですか?

私も何かしらこの家を生かせる趣味を見つけたいものです。

  • 投稿者: マモ親
  • 2010/07/17(土) 23:01:20
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/07/20(火) 07:44:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。