スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進入路の舗装工事

  • 2009/12/03(木) 10:56:37

月末に引越して来て以来、外構はほとんど手つかずです。さはさりながら、雨が降った時に水たまりのでき方があまりにひどかったので、犬走りだけは新潟のじいじ監督のもと自分たちで頑張りました。

でも、それ以外は本当に見事に放ったらかし~。
あ、犬走り工事で余った砕石を玄関前に敷いたら、玄関に入り込む泥の量が激減しました。砕石ってなかなか優秀だなあと再認識。

放ったらかしの理由は明快。
「お金が尽きたから」
 
お金が全てではないのだろうけれど、あるに越したことはないと痛感する日々が続いています(涙)。


ころが、義務としてしなければならない外構工事が1つだけありました。
それは進入路の舗装工事です。

↓土地購入時は車が1台なんとか通れるほどの幅でした。奥に見える家がトトロの家です。
進入路(2008年5月5日)


↓上の写真で向かって右側に写っているブロック塀を撤去してもらいましたら、こんなに広くなりました。

この進入路は、トトロの家の持ち分と、トトロの家の前に立っている家の持ち分が合体してできました。ブロック塀を撤去してもらって広く共同で使う代わりに、この進入路の舗装を我が家が負担するという取り決めだったのです。

2枚目の写真のように砕石敷きでも機能としては間に合っていたのですが、取り決めは取り決めですし、なんと言っても、前のお宅には足の悪いおじいさんとおばあさんがいらして、ガタガタ道は危ないのです。ですので、ずーーーっと気になっていました。


↓それがようやく舗装されました! 


↓反対方向から。
進入路 舗装後
旗竿地のうち旗部分に入った途端、ぶちっと舗装が切れているのが悲しい。本当は内部の駐車スペースまで舗装で繋ぎたかったんだけどなぁ。金の切れ目が舗装の切れ目。


は、この進入路については、このような味気のないアスファルト舗装ではなく、玉龍なんかの目地を入れたコンクリート打ちが良いのではというアイディアも神明建設から出されました。私たちも含めて皆さんの中に、最初の御影石と芝生の進入路の印象が強く残っているんですね。

でも、結局は既述した足の悪いおじいさんたちのこと、なにより私たちの予算も限られていることから、コンクリートより費用のかからないアスファルト舗装となりました。ここまでは道路の続きと見なそう、と。そして、旗竿地の竿部分が終わってからの土地をトトロの家の土地とすることにして、その土地を魅力的にしていこうと決めたのでした。


ういった重機を使う土方工事はまとめて行う方が効率的だし、費用も重機回送費分ぐらいは減らすことができるということで、この舗装工事以外にも外構工事を進めてもらっています。いや~、ようやく「外構工事」と名の付くものを経験できて嬉しいです。まだまだ続きますからね~。




↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

私自身、自分で自分の応援ポチをした後に、気になるタイトルなどをチェックしています。さすがはこだわりの注文住宅カテゴリー、何かと興味深い記事に行き当たります。コメントを残さずに読み逃げしていますが・・・。

私も興味を持ってもらえるような記事作りを頑張るぞ~。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。