スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブとともに読書でまったり

  • 2009/11/19(木) 23:39:47

日の関東地方は真冬並みの寒さだったとか。我が家も今日は朝から薪ストーブで暖をとっていましたよ~。

よそ様の家ブログを見ていると、ちゃんと「薪ストーブ」カテゴリーがあるんですね。それで、「今日は点火式!」とか「初薪ストーブ!」なんて記事を初々しく書いているわけですが、マモ家はなし崩し的に薪ストーブライフが始まっていました。


月末に引越してきたので、当たり前のことながらこの冬がマモ家の薪ストーブ・デビューの年です。何かと器用な夫ではありますが、さすがに慣らし運転は取扱説明書を見ながら恐る恐る行っていました。で、その後も基本的には夫が薪ストーブ担当でした。

夫は朝5時には起きるので、寒そうな日はすぐに薪ストーブに点火してくれます(たまに床暖房も同時点灯)。私は薪がパチパチとはぜる音や煙のにおいで目を覚まします。でもすぐには布団から出ないで、部屋が何となく暖まるまで布団の中で待ちます。

いや、薪ストーブも床暖房も立ち上がりに時間がかかるので、↑この待つ行為ってほとんど意味なさないんですけど、ま、気分的なものね。

一旦軌道に乗った後に薪を足すことは、私もすぐにできるようになったのですが、最初から点火という行為はハードルが高い気がしていました。

が、豈図らんや(「あにはからんや」ってこういう漢字!)、やってみたら意外に簡単でした。以来、夫が寒くないと判断して薪ストーブをつけていかないで出勤した日でも、自分が寒いなあと感じたら、ひとりで点火しています。薪が勿体ない気がするんだけど、薪ストーブの心地良さについ負けてしまいます。


日は前の日から「12月並みの気温です」と天気予報で言われていたので、気兼ねなく薪ストーブを使えるなあと楽しみにしていました。我が家の薪ストーブ(ヴァーモント・キャスティング社のアンコール)は大きいせいか、薪を結構使うのに、昼間は基本的に私一人。何だか申し訳なく感じるのです。

子供たちを幼稚園に送り届けて、帰りに木曜日の恒例の週刊誌を買って帰ってきたところ、冷たい雨まで降り出すではありませんか。「これは絶好のストーブ日和」と早速お茶を入れてストーブ前に陣取りました。


薪ストーブ前で読書
ちゃんとした薪ストーブ・ユーザーが見ると、我が家のいい加減さに呆れると思います。

いい加減その1。
ストーブ上の温度計が薪ストーブ用ではない。実はこれはガスオーブン(電気でも良いけど)の中に入れる料理用の温度計です。薪ストーブ用の温度計を早速壊してしまって(恐らく犯人は子供)、たまたま手元にあったこれを置いてみました。

薪ストーブ・ユーザーでない方のために、敢えて説明申し上げますと、薪ストーブ用温度計は磁石で天板にくっつくようになっていて、薪ストーブ本体の温度をダイレクトに示すようになっています。でも、炉内と天板の温度が同じとは私には思えないんだけど・・・。

一方、料理用温度計は机の上に置かれる名前札のように立ち上がっているので、天板の温度を示すのではなく、天板上部数センチの所の温度を示します。ちなみに、天板(=炉内?)は250~300度を示しますが、数センチ上部は燃え盛っている時で150度前後を示します。本体から離れていはいても結構な温度ですね。

そして、通常は、とりわけ初心者は、温度計が示す温度に従って、給気口などの開け閉めのタイミングを計るので、結構重要な器具です。

それなのに、私たちはド素人のくせに、炉内の炎の具合と料理用温度計が教えてくれる「さっきと比べて何度ぐらい上がったかな」を読んで、適当にコントロールしているんです。短期間ながら薪ストーブ用の温度計を使用していた時期もあるので、若干は「これはまずいだろう」という状況は分かっているつもりで、過燃焼はさせていないつもりなんですが、でもやっぱり早く薪ストーブ用の温度計が欲しいです。夫よ、3,000円ぐらいケチらないで下さい。


いい加減その2。
専門の道具がほとんどありましぇ~ん。輸入品の薪ストーブにはオプション品としてアイアン製のセット用品が売られているのですが、夫がケチって、類似品を近所のホームセンターで買ってきました。はっきり言って、我が家のストーブまわりは格好良くないです。

薪も薪小屋がまだなくて、ブルーシートをかぶせられている状況で、先日子供たちがそのブルーシートを剥いだみたいで、それに気付かないでいたら、連日の雨で薪が濡れてしまいました。で、急遽室内に運び込んで広げて乾かしている次第。


好はともかく、暖かさは抜群で、クッション下は床暖房でぽかぽかという贅沢な読書タイムを過ごしました。

ではその読書の内容はと言いますと、さっきの写真で気付いた人もいるかしら・・・?

↓「ガラスの仮面」だぜ。
ガラスの仮面
少女時代にかなり熱中したマンガでしたが、ここ10年以上ご無沙汰していました。その後が気になってはいたものの、40何巻も揃える気は起きず、最新刊だけ買うのもどうだかなあ・・・と。

ところが、今日。いつもの週刊文春を買いにコンビニに行ったら、このガラスの仮面が女性誌コーナーにどどーんと置いてありました。話は最新のものではないけれど、コミックス3冊分がこの1冊(580円)に収まっているなんて、結構お買い得じゃない?? しかも月影千草の過去が明らかになっているし。で、買っちゃいました。

昭和の香りを堪能しつつ、あっという間に読み終わりました。それにしても、この独自のスタイルをずっと(少なくとも30年以上!)保っているのってすごいなあと思いました。北島マヤや姫川亜弓の洋服ってどうよ、とかね。

柳田邦男氏。常時フォローアップしているつもりの作家の一人です。幼い子供を持つ親としては参考になる本です。まだ途中までしか読んでいませんが。

本当は子供部屋の整理をしなくてはならなかったのに、子供部屋は寒いのと、せっかく薪ストーブをつけているのにその部屋を不在にすることが勿体ない気がして(←後付けの理由ですね)、結局この嗜好がばらばらの3冊を読んで午前中を過ごしてしまいました。


局、今日も長文。
最後まで読んで下さる方、本当にありがとうございます。最後まで読んで頂いて、役に立った情報はと言えば、ガラスの仮面のこんな雑誌が発売されてますよ、ってことだけですか? 興味のない方にはごめんなさい、です。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

私自身、自分で自分の応援ポチをした後に、気になるタイトルなどをチェックしています。さすがはこだわりの注文住宅カテゴリー、何かと興味深い記事に行き当たります。コメントを残さずに読み逃げしていますが・・・。

私も興味を持ってもらえるような記事作りを頑張るぞ~。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

リンクOKです☆

こんばんは(^^)

早速リンクさせて頂きました♪
素敵なお家、素敵な生活をされているマモ親さん達のブログ、
それをリンクとして張りたいのは私の自己満足です(笑)

一人っ子なので基本我が侭で独占欲が強い生き物でして・・・
気に入ったものは身近にあって欲しいと考える結果でしょうか・・・

薪ストーブ素敵過ぎます!!!羨ましい~(><)
私も欲しかったのですが予算が・・・
しかもALL電化住宅なので、それ以外の熱源を導入すると保険関係で
内容が変わってきたりとかあるみたいなんですよね。
なので今、冬対策をどうしようかかなり悩んでます(~へ~)
現在何も無し!エアコンも床暖房も蓄熱系も何も・・・無し!!!
心頭滅却すれば~等と言いますが寒いものは寒いです!

新居に期待を寄せすぎていたので(前居からすれば大分快適)少し残念?!
年末を迎えるまでにどうにかせねばならないですねぇ。

  • 投稿者: keita
  • 2009/11/20(金) 00:17:27
  • [編集]

はじめまして

ブログランキングから来ました~。
古民家再生、素敵ですね!
私も検討していたことがあるのですが、大きすぎる、新築並みに予算がかかる、ということで、断念してしまいました。ということで、現在新築中です。
薪ストーブも素敵ですね!
うちは、薪集めに自信がなかったので、ペレットストーブを入れる予定です。
また、読ませていただきに来ます。

  • 投稿者: zumi
  • 2009/11/21(土) 06:31:17
  • [編集]

ガラスの仮面!!私も暗記するほど読みました。今年何年ぶりかで新刊買いました。突然携帯電話とかが出てきて時代の流れを感じますが、服装は相変わらず突っ込みどころ満載ですね。
薪ストーブ良いですね~。うちも当初計画ではペレットストーブを導入する予定でしたが紆余曲折あってなくなりました。火のある生活には憧れます。

  • 投稿者: さちらん
  • 2009/11/21(土) 06:42:32
  • [編集]

** 返信 **

* keita さま *
keita さんのお宅は確か鹿児島ですよね? 南国というイメージの鹿児島ですが、いくら鹿児島でも暖房器具なしは辛いですよね~?

でも確かに、北国だと蓄熱暖房など高価なものを導入しても、その価値があるとはっきりしていますけれど、鹿児島辺りだと、どの暖房設備を導入しても費用対効果としては微妙となるのでしょうか。しかもエネルギー源は電気に限られるし・・・。ベストなものが見付かりますように。

私の勝手を了解して下さってありがとうございました。他にリンクされているブログも素敵ですね。仲間に加えて下さって光栄です。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/11/21(土) 21:08:25
  • [編集]

** 返信 **

* zumi さまへ *
初めまして! zumi さんは家づくりがスタートしたばかりなんですね。分離発注での家づくりはなかなか大変と聞きますが、苦労は必ず報われると実感していますので、どうぞご主人ともども頑張って下さいね。応援しています。

自然の火を見ることができる暖房設備は素敵ですよ~。ペレットストーブの紹介も楽しみにしています。

これからもどうぞよろしくお願いします。


* さちらんさまへ *
暖かい日もありますが、寒くなりましたね。赤ちゃんもお元気ですか? そして相変わらずの早起きで・・・。

えー、ペレットストーブはなしになったんですか?! 残念ですね。ま、今度我が家まで薪ストーブに暖まりに来て下さいね!

さちらんさんもガラスの仮面を暗記するほど読みましたか。12月にまた3冊分まとめたものが出るとのことなので、それを楽しみにしているところです。最新刊に追いつくのはいつだろう・・・。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/11/21(土) 21:21:07
  • [編集]

田舎暮らしで見つけた~のブログの方は親戚です☆
家も近いんですよ(^^)☆

NAO-STYLEさんは、
D.I.Yや庭造りを勉強させていただいています♪

鹿児島でも十分寒いですからね(><)
夏暑く、冬寒いのが鹿児島です・・・

  • 投稿者: keita
  • 2009/11/21(土) 23:17:40
  • [編集]

いいなあ

薪ストーブの設置予算に負けてペレットストーブを入れて早5年。簡単便利は良かったし、多分エコなんでしょうけどうるささにめげてます。とにかくうるさい!

設置場所を壁から50cm離せとか、離せない場合は壁にまったく木材を使わず耐熱レンガか石を使えとか、火災予防に毎年必ず煙突掃除とかいろいろ言われたあげくに設置費用が70万円(ストーブの金額はまた別)。きっぱりあきらめ、その当時県が推進していたペレットストーブを導入しました。

誰もうるさいなんて教えてくれませんでした。雪の降る静かな夜もストーブのごおおおおおおという騒音で台無しです。

涙が出そうです。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2009/11/22(日) 18:42:24
  • [編集]

** satokosmith さまへ **

ペレットストーブの導入を全く考えていなかったので、ペレットストーブのことをよく知らないのですが、ごおおおおおおという音は確かに鬱陶しいでしょうねぇ。折角の雰囲気が台無しというのも容易に想像できます。我が家もいろいろと音を発生させる家なので ^_^; 。

薪ストーブはその点はとても静かです。パチパチと薪がはぜる音も心地良いです。確かに初期費用はとっても高いですけどね。

さとこさんの家は手を掛けられた分完成度&満足度が高いのだと思っていましたが、思わぬところで不満をお持ちだったんですね。ちょっとびっくりしました。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/11/22(日) 22:06:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。