スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンの動線

  • 2009/10/30(金) 13:33:39

本日は、WEB 内覧会 キッチン(3)で少し言及しましたキッチンの動線について、我が家の状況を報告したいと思います。

↓まずは図面を。赤い線で囲まれた部分がキッチンです。

広さは5畳となるのかな。もともとは土間だった所を、一部は玄関として残し、残りをキッチンにしました。

この台所で一番便利だと感じているところは、玄関と直結していることです。「ただいま~」と帰ってきて、重い買い物荷物をすぐに台所に置くことができるのはとても楽ちんです。

また、勝手口兼パントリーみたいな小部屋を、玄関と反対方向の場所に台所に隣接して設けたので、人目に触れさせたくないものはここにまとめて置くことができます。米袋とか、野菜満載の箱だとか、必要なんだけど生活感丸出しってものは台所に多いですよね。

更に、玄関を出たすぐそこには井戸があります。そして今はその井戸の脇にねぎが植えられています。新潟から来た両親が、自分たちの畑から持ってきたねぎを、日持ちがするようにとそこに植えてくれたのです。ねぎが必要な時には、ひょいと抜いて、泥付きの薄皮をその場で剥いてぽいっとその辺に捨て、根っこについている土を井戸で流す。あら~、台所が土で汚れなくて便利だこと。

↓玄関から台所を通って勝手口まで見通すことのできる部屋の並びです。
キッチンの動線 玄関から勝手口を見る
玄関と台所の間、そして台所と勝手口の間は、それぞれ建具で仕切ることができます。その建具を敢えてちょこっと出して撮影してみました。

勝手口のある小部屋はパントリーというか台所に収まり切れていない食器などをも収納する場所で、結構行き来するので、普段は開け放しています。

でも玄関との間の戸は、普段は閉めています。さすがに、玄関に入ってきた客人にどばっと台所を見せる勇気もなければ、常に台所を小綺麗に保っている自信もありませんわ。

↓上の写真とは逆から撮影しました。
キッチンの動線 勝手口から玄関を見る
このような障子戸で普段は玄関と区切られています。この障子戸は建具屋さん製作でお気に入りとなっています。この障子戸1枚で、玄関からの寒さは随分と防ぐことができています。厳寒期は未体験なのでわかりませんが。


そして、図面上で青い線で示したこの幅は104センチほどあるのですが、これが我が家には偶然ながらもぴったりのサイズでした。というのは、この青い線の延長に、キッチンキャビネット側には食器洗い機が、収納サイドには食器棚(既製品ではなく、階段下スペースを利用した造り付け。写真はこのページ2枚目と4枚目)があり、それぞれ干渉しないで済んだのです。

分かりづらいですかね? 我が家の食洗機はミーレの60センチ幅のもので、扉をガバッと床方面に下ろして使います。で、このミーレの扉を開けた状態で、食器棚の観音開きのガラス戸も開けることができ、食洗機から食器棚へと直行できるのです。実際は、ミーレの製品は乾燥機能がないから、食器は一旦クロスで拭かれてから棚へと行くのだけれど。でも、便利です。

そして、この100センチちょっとというサイズは、人間が2人通るのにちょうど良い幅です。あんまりここが空いていると、ひょいと振り向きざまに何かをするという具合には行かず、かといってこれ以上狭いと、私が立っている時には夫が通る度にぶつかったりということになりそうです。

厳密に言えば、「振り向きざまに」というよりは「振り向いて半歩出て」という具合ですが、私にとっては許容範囲内。これが2歩以上だと煩わしく感じるんだろうなあと思います。


もともとあった土間でサイズは決められていたので、そこに合うようにいろいろなものを落とし込むのはちょっと頭を使いましたが、偶然の助けもあったものの、それらほとんどがうまくいってとても嬉しいです。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

ところで、「自然素材」カテゴリーを脱して「注文住宅」カテゴリーに移住しようかと思案中と先日ここに書きました。

結論:11月1日よりそのようにする予定にしています。11月からは注文住宅カテゴリーの下位をうろちょろしますので、どうか探して見つけて下さい。そして、皆さんが他の方がたの興味深い家づくりストーリーも合わせて楽しむことができますように。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。