スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEB 内覧会 脱衣室

  • 2009/10/28(水) 13:53:41

浴室の隣り(当たり前ですね)にある脱衣室を本日は紹介します。4畳あるかないかの小さいスペースですが、隣りにある真っ白の浴室に合わせて、やはり真っ白の部屋にしました。

↓壁は珪藻土塗りで、床はタイル貼りです。
WEB 内覧会 浴室 脱衣所から見た浴室 前日と同じ写真を使ってます。
木枠を白に塗装することも考えますが、とりあえずこれでもいいかなとそのままにしてあります。枠まで白だと可愛いというイメージになりそうで。それとも、小物とかによる味付けの問題やろうか。


脱衣所の収納はどうなっているかと言いますと・・・
↓上の写真で向かって左側スペース。
WEB 内覧会 脱衣室 収納
前の住まいから使っている無印良品のスチールラックに、新たにやはり無印良品で買い足した籠を組み込んでいます。それぞれの籠に家族の下着やタオルが入れられています。ラック横の籠は脱いだ洋服を入れるためのもの。


この部屋も無難に白でまとめたので、特にこだわりがあるわけでもなく、まあ壁の珪藻土を自分で頑張って塗ったことぐらいかなあ(その苦労話はこちら)。

↓私個人としては、この部屋で特筆したいのが実はこのカーテン。
WEB 内覧会 脱衣室 カーテン
「遮像カーテン」という種類のカーテンです。まあまあ薄地で、ぱっと見、特に袋に入っている状態で見ると、いかにも安物~という感じなのですが、ところがところが、こちらのプライバシーをしっかり守ってくれる優れものなんですよ!

夜に室内の電気をつけても、室内の人間が立っているか座っているかも外からは判別できないほど「遮像」してくれるんです。安心して裸になれるぞ~。それでいて、昼間は写真の通り結構と日差しを通してくれるので、昼間はこの部屋を明るく使いたい私にぴったりの商品でした。しかも白い部屋によく合っているし。

このカーテンは「お、値段以上」のニトリで購入しました。ニトリでは宣伝文句のような買い物に行き当たったことがなく、「値段のままじゃん」といつもぼやいていたのですが、このカーテンは「値段以上」でした。

・・・と書いておきながら、しかも「特筆すべきこと」とまで言及しておきながら、肝心の商品名と価格が不明です。だって、買った時にはこのカーテンがそんなに良い物とは思っていなかったので、パッケージの類いをすぐに捨てちゃったのでした。その内再度ニトリに行く機会がありましたら、ちゃんと調べて、追記としてここに載せますね。


マモ家の脱衣室の仕様は以下の通り。
床:  INAX サーモタイル ピュアフロア? 内床用200角
壁:  日本ケイソウド建材株式会社 エコクイーン「佐野の名水1」(珪藻土)
天井: リリカラ 和紙クロス(品番不明)
照明: 後藤照明 マルゴーセピア(GLF-3110S)
窓1: YKK フレミング2 下枠ノンレール引き違い窓
窓2: YKK フレミング2 横すべり出し窓



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

ところで、「自然素材」カテゴリーを脱して「注文住宅」カテゴリーに移住しようかと思案中です。簡単に理由をいえば、自然素材カテゴリーのブログで私の興味を引くものが少ないからです。私が家を建てようとする人間だったら、施主ブログの方に断然興味を持つのですが、現状の自然素材カテゴリーは業者によるブログが多数ですね。特に上位は。

上述のように、「応援の意を込めてクリックをお願いします」なんて皆さんにお願いしていて、クリックしてもらうとそのバナーのカテゴリー(私のブログの場合は自然素材)へジャンプするのですが、そのジャンプした先の魅力があまりないのでは、クリックして下さった皆さんに申し訳ないなあと思うのです。

という次第で、施主ブログの多い「注文住宅」へと移住しようかと考えてしまうのです。本来であればメインとなる「古民家再生」には勿論そのまま所属させて頂きますが、より読者数の多い(と思われる)注文住宅カテゴリーにもちょっと色気を出しているわけ。やっぱり発信している以上、より多くの人たちから反応を戴いた方が嬉しいじゃないですか。

自然素材カテゴリーで見当たらなくなりましたら、注文住宅カテゴリーで下位をスクロールしてみて下さい。どこかにいると思います。

トトロの家は注文住宅ではあるけれど、やはり自然素材満載の家であると自負しているので、今のこの逡巡はかなり切ないものがあります。けれども、カテゴリー内のブログの種類に疑問を感じていることも事実。どうしようかなあ。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。