スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬走り工事 第4日目

  • 2009/10/18(日) 16:48:34

前回の記事で、南面の犬走りは完成したけれど、東面は手つかず・・・と書きました。

が、娘の「東が一番水が溜まるのに、これじゃあ中途半端じゃない。最初の約束とは違う」という容赦ない&思いやりのない言葉に奮起した(←普通は奮起しませんよね)のか、とある日に東側の工事を始めました!!


↓以前にも載せた写真ですが、とにかく椎の大木の根っこが邪魔しているんです。


↓ひたすら手掘りで作業を進めるじいじ。御年66歳。ガンバレ~。
犬走り工事第4日目 根っこをひたすら切るじいじ
スコップやシャベルで根を掘り出しては、のこぎりで切っていくという作業をひたすら繰り返します。

のこぎりの刃が入らないと用を成しませんから、入り組んだ根の間の土をも掻き出して、ようやくできた空間にのこぎりを差し込むという非常に地味な作業です。


↓切り出された根。
犬走り工事第4日目 切り出された根っこ
これだけを見せられてもピンと来ないと思いますが、隣りに写っている砂利袋は結構な大きさなんですよ。この量の根っこを切り出したじいじの根気といいますか根性には全く頭が下がります。


↓そして、夕方にはこんな風になりました。一番上の写真とは逆の方向から撮影しています。
犬走り工事第4日目 東面 砕石を敷いた後
最後の砕石運びのところを娘(私のこと)がちょっとだけ手伝いました。じいじは腰が痛くて、ねこ車に砕石を載せる作業ができないのだそうです。そして、仕上げの砂利敷きは婿の仕事として残してくれました。

そういえば、今気付いたのだけれど、ここには瓦を入れていませんね。ま、いいか。それとも、我が夫は少し掘り返して瓦を埋めるんやろうか?


何はともあれ、じいじ、大変大変お疲れ様でした&ありがとうございました。


そうそう、この犬走り工事の最後の仕上げとして、神明建設の図面を見ながら敷地内の升を確認し、排水管の位置を予想して、大まかな排水計画をも立てていってくれたじいじです。「これが一番金の掛からない方法だ。これを神明建設に見せて相談しろ。」はい、お金の尽きた娘夫婦のためにありがとうございます。

次回は春になったら(降雪時の関越道路越えは嫌いなんですって)、「今度は大谷石を境界線上に並べるからな」と夫に言い残していったじいじです。「5カ年計画で、外構は神明建設じゃなくて、全部お義父さんにおねがいしようかな」とふと漏らした夫です。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんばんは☆

凄い根っこですね(><)
それを相手に作業されたというのは更に凄いです!!!

一度現物でお宅拝見したいものです☆

  • 投稿者: keita
  • 2009/10/19(月) 21:38:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。