スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬走り工事 第1日目

  • 2009/10/13(火) 21:01:41

「外構、庭」というカテゴリーを設けているものの、今回がようやく初めて外構工事らしい記事となる本編です。やっと外構工事に着手です。といってもぽつらぽつらといった進行になると思われますが。


て、記念すべき外構工事の第1号は犬走りです。
そもそも「犬走り(いぬばしり)って何?」という人も多いかと思います。建物の周囲を、40~60cm位の幅で取りまくように砂利やコンクリートが打たれた部分をいい、 雨水によって基礎部分が濡れたり、汚れが建物に跳ね返るのを防いでくれる役目を持つそうです。

トトロの家では屋根の下に雨樋(あまどい)をつけないために、排水溝の機能をも持たせる計画です。簡単に言えば、「穴を掘った排水溝に砂利を埋めて、犬走りのようにする」といった感じです。

そして、この工事はもともとは神明建設に発注する外構工事の1つだったのですが、お金を家本体でほぼ使い果たしてしまったので、自分たちで行うことにしました。ここで、土方(土木技術者)であった妻の父親の登場となります。お願いの電話をしたら、「おぅ、任せろ!」とばかりにいろいろな段取りをじいじはすぐに始め、体育の日の連休を利用して1週間の予定でトトロの家に滞在中です。


いじ(とばあば、そしてマルチーズ1匹)が来るまでにこちらで用意したものは、犬走りに敷き込む砕石と砂利でした。神明建設から紹介してもらった石庭を得意とする造園屋さんを訪ね、再生砕石と那智黒石を購入しました。

再生砕石 5,000円/1立方メートル
那智黒石(8分=約24ミリ) 1,075円/袋 約70袋=1立方メートル
配送料別途

じいじが来てから、ホームセンターで購入したもの:
有孔管
コンクリート製の升
一輪車(通称「ねこ」)
この一輪車での蛇足話。じいじが「一輪車も買っとけ」と言うのに対し、私は「うちに一輪車あるよ」という返事。でも話が噛み合なくて、すぐに判明したのが、じいじの一輪車は砂利などを運ぶための通称ねこの一輪車で、私が言っていた一輪車は車輪が1つの乗り物の一輪車なのでした(長男の乗り物)。

↓山積みされた砂利、那智黒石(袋詰めされています)、そして有孔管(黒色のとぐろ巻き)。
犬走り工事 用意した物


あ、準備万端。工事開始です。
↓じいじの監督のもと、穴堀りを進める夫。朝日が眩しいぜ。
犬走り工事 第1日目 工事開始


↓母屋の近くには大木が2本もあり、その根を地中に縦横無尽に伸ばしているので、穴堀り工事は難航しました。太い根をいちいち剥き出しにしては切断していくのです。
犬走り工事 第1日目 地中の根っこ
神明建設が電動ピックなる機械を親切にも貸し出して下さったのですが、太い根が張っている地面が相手では結局手作業になるのでした。


↓穴がきれいに掘られて、升も無事埋設され、第1日目は終了。ちなみに戸袋の下にいる猫は野良ではありません。我が家のマモ(猫)です。
犬走り工事 第1日目 終了


↓初日は皆がまだ元気で、じいじは玄関屋根の雨樋も竹で制作してくれました。
竹の雨樋
直径15センチほどの太い竹は、これまた神明社長の御厚意で、神明家の畑の裏山から切り出させてもらいました。ついでにたくさんの野菜まで貰ってしまいました。いつもありがとうございます。


まだまだ犬走り工事は続きますよ~。次回に乞うご期待。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんばんは☆

あれだけの根が張っていたら本当大変そうですね・・・
竹の雨樋!!!素敵です(^^)

それと、関係のない話ですが、
今日トトロのDVDを借りてきたら状態が悪かったのか
飛ぶは停止するはでまともに見れませんでした・・・

  • 投稿者: keita
  • 2009/10/13(火) 22:03:00
  • [編集]

お父様

すばらしいです。まだまだお若そうだし、ついでにたくさん出てきた石を周りに埋め込んで竹の根切りもやっちゃったらどうでしょうか。庭作りはガーデニングなどという言葉が当てはまるのは出来上がった代物だけで、最初からやる庭作りは”土木作業”という言葉がぴったりです。

お父様がんばれー。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2009/10/14(水) 11:32:30
  • [編集]

** 返信 **

*keita さま*
こんにちは。竹の雨樋は父のアイディアで、私たち施主に有無を言わせない勢いで取り付けてしまいました。夫は「ちょっとお義父さん、検討させて下さい」と思っていたかもしれませんが、ま、結果オーライとします。

「となりのトトロ」に出てくるさつきたちの家は、お父さんの書斎は洋館なんですけど、母屋はホント我が家に似ています。今度また別なところで借りてきてみて下さいね。


*satoko さま*
戴いたコメントを父に見せると「当たり前だ、オレは若いんだ」と鼻息を荒くしそうです。

でも、やっぱり66歳。2日目に腰をおこしまして、一番の難所である西側をしていません。今回はとりあえず一番目立つ場所で終わりにして、これから年に数回新潟からやって来てはいろいろ土木作業をしてくれることでしょう。

その内ブログにて報告しますが、現在は孫たちにブランコを製作中で~す。じいじ頑張れ~♪

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/10/14(水) 17:06:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。