スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生活を始めて3週間後の心境 =後編=

  • 2009/09/15(火) 08:41:42

昨日はこれまでの心境の内かなり暗い部分を書き連ねてしまいましたが、勿論「あぁ良かったなあ」「素晴らしいなあ」と思うこともたくさんあります。ということで、「この生活を選んで良かった」と思う瞬間を本日は紹介します。


・子供たちが庭先で思う存分遊び回っている姿を見る時。
これを願って夫の通勤時間が2時間にもなるこの地を選んだのですから、これさえ叶えば他の文句は言うまい、なのでしょう(実際は、昨日既述の通り「ジャスコがしょぼい」なんてことを言っていますが)。
泥遊びをする子供たち(2009/09/14)
↑これは昨日の泥遊びの様子。この後デッキからお風呂場に直行させました。別棟のお風呂は母屋が汚れることなく便利です。

毎日幼稚園から帰ってくると、こうして庭先で暗くなるまで(日によっては暗くなっても)兄弟で遊んでいます。手押し車に次男を乗せて社長さんごっこ(次男が社長らしい)がお気に入りの様子です。次男が家に入ってきても、長男はひとり虫網を持って庭のあちこちをうろうろ歩き,いろんな虫を捕まえています。

母ちゃんはそれをガラス戸越しに、もしくはデッキで洗濯物を干しながら、「また喧嘩しているな」とか「二人でこんなに遊べるようになって大きくなったな」と思う訳です。あるいは台所で二人の声を聞きながらご飯の支度をします。

以前の住まいは3階の部屋でした。目の前は遊歩道で車の心配をしないで遊べる環境は良かったのですが、さすがに今の物騒な時代、子どもだけで遊ばせるという具合にはいきません。長男はたまに一人でせみを捕まえに出掛けてましたが。

今の世の中の事情を理解しつつも、子どもの遊びに親が一緒という状態が私には受け入れ難く(だって、私が子どもの頃は幼稚園児の時には友達とだけで遊んでいましたよ)、また、単純に私がものぐさという理由もあり、毎日のように外遊びとはいきませんでした。家に居ながらにして子どもが外で遊んでいる様子を見ることができる状態は、親にとってはかなり有難いものだと実感しています。

長男はいずれ学校の友達と外に飛び出していくのでしょうが、自転車に乗れない次男は常にお兄ちゃんたちと一緒というわけにもいかなくなるのでしょう。そこで、お友達に遊びにきてもらえるようにと、庭には今後鉄棒やブランコを作る計画にしてあります。


・新鮮で安い地場の野菜や魚を買う時。
新しい幼稚園の園長先生にお薦めのスーパーを教えてもらったところ、すっかりそのスーパーのファンになっています。いわゆる「おばちゃんスーパー」なんだけど、新鮮で安い! しかもちゃんと国産品だったり地場ものなんです。外国産のものはちゃんと明記してありますし。

ジャスコだと1匹100円のサンマが、このスーパーでは50円! さらに銚子産とか北海道産と揃えてあって、通のおばちゃんたちは産地を指定して買っていました。

そして楽しい! 店員さんはいつも威勢のいい声を出しています。子供たちを連れて行くと必ず何かしら声をかけてくれるし(お客さんからもよく話しかけられます)、事務的・機械的な今時のスーパーとは対照的です。その雰囲気も気に入っています。

このスーパーとは別に、家から自転車で5分のところには野菜の産直売り場もあって、これまた重宝しています。千葉市では500円近くしていたいちじく1杯が、ここでは198円! いいじゃん、いいじゃん。


・隣家の里芋畑を眺めながら、朝ご飯を食べる時。
今は2間並んでいる部屋のうち、東側の和室で食事をとっています。広縁のガラス戸から燦々と朝日が入り、庭の向こうの畑の緑を長めながらの朝食は、のんびり・ゆったりと気持ちの良いものとなっています。


・広いお風呂に入る時。
1.25坪もある浴室はさすがに広い! バスタブも親子3人は余裕で入れます。真っ白な空間で清潔感溢れる浴室は、段ボールで埋まっている現住まいでの数少ない癒しの場となっています。


・洗濯物を思う存分干せる時。
以前の住まいでは雨が降ると、リビングに洗濯物を干していました。夫はそれが嫌で仕方がなかったのですが、他にあのバタフライ型の物干しを置けるスペースはなくてしょうがなかったんです。

そのリビングから洗濯物を追放するために設けた洗濯部屋とデッキ。思惑通りの働きです。晴れた日には日光を浴びながら洗濯物を干せますし、雨の日もちょっとの雨ならば屋根のあるデッキに置いたまま、風もある日は洗濯部屋に取り込みます。

今のところ、乾いた洗濯物は和室に積まれることがほとんどですが、洗濯部屋に棚やテーブルが設置されれば、そこで畳まれてからそれぞれの収納場所へ行くようになる(はず)なので、生活の場において洗濯物を目にすることはなくなる予定です。


・美しい台所で作業をしている時。
台所はまだ完成途上なので、使い勝手についてはまだ満足していないのですが、それでも前の住まいの台所に比べれば、はるかに機能性がアップしていると実感しています。

機能性はまだこれからではあるものの、無垢のウォルナットで制作してもらったキッチン・キャビネットは惚れ惚れする美しさです。天板のステンレスには早速傷や輪じみがついていますが、こればっかりは仕方がないですね。夜に1つの照明の下でぼーっと浮かび上がるキッチンの姿が大好きです。


・広いトイレで用を足す時。
ドイツを皮切りにこれまでの海外生活でのトイレは、全ての家でバスタブと一緒になったバスルームタイプのものでした。生まれ育った実家のトイレも、なぜか無駄に広くて2畳以上ありました。なので狭いトイレってダメなんです。前の住まいでは夫が近くにいない時にはドアを閉めないでトイレを使っていました。

今のトイレは半坪(=1畳)あるので、ドアを閉めても全く圧迫感がありません。また、前の家のトイレは、マンションによくありがちな部屋の真ん中に位置するために窓がないトイレでした。今は大きめの窓も付けてもらい、明るくて気持ち良い空間となっています。


・無垢の木と漆喰と紙でできた空間に身を置いている時。
まあこれは言わずもがなのことではあります。プラスチック臭などいわゆる新建材のにおいが一切しないというのは実に素晴らしいです。天井が高いせいもあり、本当に清々しい空気に満ちています。


・・・とまあ、細かいことを挙げればきりがないのでとりあえずこの辺りでストップしておきます。各部屋の様子は片付いてからの紹介を楽しみにしていて下さい。

自分のためにも整理してみると、子どものためにと選んだ土地と家なので、子供たちが存分にのびのびと過ごしているこの状況が一番なのだと改めて思います。ジャスコの品揃えがいまひとつなんてことは些末なことで、ネットで何でも購入できるこのご時世では大した問題ではないのだと。ま、たまには都会の空気が恋しくなることはあるのでしょうが。

うん、こうして書いてみると、やっぱり満足している度合いの方が大きいなと思います。よかった、よかった。あとは片付けを終えれば、家の機能性もさらに上がって、より暮らしやすくなるはずで、もっともっとここでの暮らしを好きになるはず。今度の5連休である程度終わるといいなあ。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

まだ3週間

距離に関わらず、引越しは色々ありますよね。
生活のリズムが整うまで、心身共に落ち着きませんね、ご自愛ください。
家は生活の基盤だと、今の住まいに暮らしつくづく思い知らされています。
取り敢えず家の形作りました!な古い貸家に10年超暮らしていますが、
常に不調で不満が多いですね。しょぼいジャスコなんて小さい小さい(笑)
食品に満足いく場を見つけられたのはラッキーでしたね、当方の近所、
コンビニ1件だけなんです・・・(号泣)買い物はほぼ県外です、通販です。

でも子供さんの様子が全てを物語ってますよ、大成功ですね♪

  • 投稿者: しましま
  • 2009/09/16(水) 08:25:35
  • [編集]

** しましまさま **

はい、まだまだ心身ともに落ち着かない日々ですが、ぼちぼち頑張ります。

しましまさんが買い物はほぼ県外という件を読んで、しょぼいジャスコなんてホント小さい小さいと思いました。ゴメンナサイ、人の苦労で幸福?になって。

おっしゃる通り、家って本当に生活の基盤ですね。この家ならではの生活をこれから家族みんなで徐々につくり上げていきたいです。家そのものは素晴らしいのですから、あとは私たち次第ですね。

最後の言葉では涙が出そうになりました。ありがとうございます。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/09/16(水) 20:07:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。