スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しを甘く見てはいけない。その1

  • 2009/09/07(月) 21:34:00

8月22・23日の週末に完成お披露目会を行い、25日(火)に引っ越しをしました。

我が家の引っ越し前後の流れをざっと紹介します。
21日(金) 家具が搬入されると床にオイル塗装をできなくなるので、引越と完成お披露目会の前に済ませてしまおうと、無垢板の床の一部にオイルを塗装(妻一人)。

22日(土) 現地では完成お披露目会。引き払うマンションでは夫が一人残って荷造り。

23日(日) 始発電車で夫は仕事(お昼過ぎに帰宅)。妻は子どもを抱えつつ遅々として進まない荷造り。午後3時過ぎに新潟から妻の両親が到着。子ども2人を託す。夫と妻は2トントラックをレンタルして、IKEA船橋へ。洋服を収納するPAXシリーズなどを購入。夜8時半過ぎにトトロの家に到着→購入した家具を新居に搬入。夫は単身マンションへ戻り、荷造り。

24日(月) 夫はいつも通り出勤。妻と妻の母はマンションへ行って、ひたすら荷造り。夜7時過ぎ夫はトトロの家に帰宅し、晩ご飯はトトロの家でみんなでとりました。その後、IKEAで購入した洋服を収納する棚を夫婦で製作(写真を撮る余裕がありませんでした。こんな物です)。夜中の0時近くにマモ親夫妻はマンションへ戻り、徹夜で荷造り。

25日(火) 午前9時、引っ越し業者が到着・怒濤の引っ越し作業開始。結局荷造りは完全には終わらないまま業者を迎えてしまい、業者さんに箱にテープを貼ってもらったりする始末。エレベーターのない3階なので、5人いたにもかかわらず(私たちの荷造りが完全でなかったという理由もあるけれど)荷物の搬出に2時間半かかりました。トトロの家に全部の荷物が入ったのが午後2時半過ぎ。お疲れ様でした~。

↓広縁から荷物を搬入しました。敷地が広い&広縁があると、こんな時に便利です。
SANY0007_convert_20090907210211.jpg


↓9畳の多目的室はこんな状況に・・・。
荷物でいっぱいの多目的室

と言われても分からないですね。
↓一応何もなかった時の状態はと言いますと・・・。
リクルート社の取材の様子
撮影の向きも異なっているし、ますます訳分からないでしょうが、とにかくこの部屋が荷物で埋まってしまい、おまけにこのスペースだけでは足りずに、10畳のLDにまで段ボールが積まれてしまったんです。100箱以上ってこういうことなのね・・・。

美しかった新生トトロの家はあっという間に段ボール屋敷と化してしまい、家族4人+妻の両親+彼らが連れて来たマルチーズ(我が家の飼い猫マモはこの犬のせいで、何もないマンションで単身赴任をするはめに)は、10畳の和室で寝る・寛ぐ・食べるのすべてを行うのでした。和室って便利だわ~。


長くなったので、その2へと引き続きます。
実は引っ越し7回目か8回目の体験者として、今回の引っ越しを少々甘く見ていました。おまけにここは優秀な日本だし(過去の引っ越しは1回を除いて全部海外)。でも、結果は「ああしておけば良かった」ということばかり。私たち自身の準備と心構えにレッドカードですね。その反省点を次回はいろいろ書き連ねたいと思います。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。