スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関と床の間に和紙が貼られました。

  • 2009/08/14(金) 11:12:21

トトロの家で和紙を貼る場所は玄関の壁1面と床の間の2ヶ所です。この2ヶ所は本来は漆喰か土壁でしたが、何かアクセントが欲しくて和紙を貼ってみることにしたのです。

この和紙を選ぶまでの話は以下の通り:
 2009/02/17 壁紙用和紙を探す =川島企画=
 2009/03/26 木曽アルテックと香咲

そして、この度ようやく和紙が貼られる日が来ました。このために知人であるクロス屋さんが新潟から来てくれました。彼を大好きな子供たちは大喜びです。

↓本番の和紙を貼る前に下貼りをしています。
玄関の和紙貼り 下貼り中
和紙を販売している会社からは下貼りをしないで直貼りを薦められたそうですが、それは職人の腕にばらつきがあり、腕の悪い職人による施工の悪さまで責任を取れない会社側の言い訳だろう、というのが知人であるあだりんの見立てです。

「やっぱり下貼りをした方が雰囲気が出ますし、自分は腕に自信があります」とあだりんは断言したので、それではと下貼りした上での施工をお願いしました。

↓完成~。木曽アルテックの漆和紙を使いました。感想は後述。
玄関の和紙 完成


↓床の間も同じように下貼りをしてから和紙を貼ってもらいました。川島企画の和紙です。
床の間の和紙

↓床脇のふすまには金色の紙が貼ってあったのですが、傷んでいたのと施工が下手だったので、交換しました。柄が入っていますが、地の色を床の間のグレーと合わせてみました。
床脇の襖


「感想は後述」と書きましたが、一言で言いますと、
素人がインテリアに手を出すものではない!

漆喰と木だけの家ではちょっと寂しいかなあと思い、アクセントとして和紙、しかも柄付き・色付きの和紙を選んでみました。勿論自信満々でこれらの和紙を選んだわけではなく、夫とあれこれ悩んだ末での選択でしたが、こうして結果を見てみると、想像していた雰囲気とはちょっと違う。と言いますか、そもそも具体的にはうまく想像すらできていなかったので、-どう表現すればいいのかなあ-、いずれにしろ、できあがったものを見てもしっくり来ない、といった感じです。

特に玄関の柄入り和紙。ここで学んだ教訓。
柄入りの和紙(クロスにも言えることかもしれない)は真壁には使わない方が無難。
また、この和紙に関しては、「ちょっと狙いすぎたかな」と反省。

柄入りの壁紙は大壁の広々した面でこそ映える気がします。実際、和紙のカタログを見ていても-そういえばという感じではありますが-、柄入りの和紙は大壁にばかり貼られていた気がする。ま、それもこうして真壁の小さい面に張ったからこそ気付いたことではありますけれど。

苦労して貼ってくれたあだりんのためにも付け加えますと、「失敗した!」と思っているわけではなく、おまけにまわりはまだ養生されていたりと完成形ではないので、下駄箱が入ったり、床の間の地板が磨かれたりすると、また雰囲気が変わるのかなと期待しているところです。

それにしましても、下貼りを施す壁はめっきり少なくなったとあだりんが話していました。手間は確かに掛かるけれど、その分雰囲気はぐっと増します。職人さんの手技を残すためにも、こういった和紙の壁紙貼りが増えることを願っています。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

和紙!

良いですよ、和紙がまだ馴染んでいないのもありますが、それでも素敵。
漆和紙とは珍しいものを選ばれましたね。水回りにも使えるのかも?
和紙は時間と共に表情が付くように思います。漆喰しかり無垢の木しかり。
新建材の家は出来た時が、天然素材の家は時間が経ってから、良さの
ピークを迎えるように感じます。楽しみが増えますね♪

  • 投稿者: しましま
  • 2009/08/14(金) 20:59:13
  • [編集]

確かに

私も含めて素人は素敵な柄の壁紙を見るとどうしても使ってみたくなりますね。かつて私も部屋の壁に柄付の壁紙を使おうとして大工さんに反対されたことがあります。その大工さんはそれまで何十回も柄付の壁紙を施工して施主さんに失敗したと言われた経緯があり、ひどい場合は張っている最中に辞めてくれと懇願されたこともあるそうです。

うーん、もう少し狭い面積なら良かったかもしれませんね。でも床の間のふすまは素敵ですね。

普通は壁紙を購入するときにどういうところにどれくらい使うのか聞かれてアドバイスをもらえると思うのですけど・・・・。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2009/08/15(土) 12:35:30
  • [編集]

** しましまさま **

コメントありがとうございます。
漆和紙って私も今回初めて知りました。販売元の木曽アルテックのショールームでは流しの前の壁に使っていたので、撥水性が高いのだと思います。面白いですよね。

おっしゃるとおり、今結果を決めてしまうのではなく、きっと時間の経過とともに変わっていくと思うので、今「ありゃりゃ」と思っていても、これからを楽しみにしていきたいと思えるようになりました。いつも感謝です。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/08/15(土) 23:06:24
  • [編集]

** satokosmith さま **

柄入りの和紙を使う衝動を抑えられなかった人間です。ショールームでも特に壁紙に特化している会社でもなかったので、アドバイスはありませんでした。インテリア・コーディネイターがいたらなあと痛感した出来事でした。

でも、襖の紙は褒めてもらえて良かった♪。素直に嬉しく思います。

玄関は下駄箱でうまくカバーできるように、今度はプロの力を借りたいと思っています。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/08/15(土) 23:10:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。