スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁を自分で塗る その1 =材料選択まで=

  • 2009/08/07(金) 21:12:45

別棟の壁は自分たちで塗ってコスト削減を目指します。天井は塗る作業が大変そうなので、クロス貼りとしました。床は脱衣室はタイル、洗濯部屋は杉の無垢板です。

さてさて、何を塗るかについてはーいつものことだけどー散々悩みました。母屋と同じく漆喰にするのか、はたまた珪藻土にチャレンジしてみるのか?

最初に良いと思ったのは、アトピッコハウス 珪藻土「はいから小町」でした。

ただ残念ながら、これは粉での販売となり、DIYするには粉と水を混ぜる撹拌機が必要となります。手で混ぜられないこともないのだろうけれど・・・。

ということで、練り状になっているものを探しまして、以下の2つを見つけました。

日本ケイソウド建材(株)エコクイーン「佐野の名水」

田中石灰工業(株)タナクリーム


正直に言いますと、個人的には漆喰の方が信頼できるんです。過去何百年、いや千年以上使われてきた建材ですから。

エコクイーンの資料を取り寄せると、いくつもの効用を挙げ、「お客様の声」と称してこれでもかと褒め讃えているのです。そういうのを見れば見るほど、その企業努力には申し訳ないけれど、眉唾ものに思えてしまい引いてしまうのです。

まあ、珪藻土という建材にスポットが当たってからまだ20年ぐらいしか経っていないようなので、今は一生懸命その名を広めなくてはならない時期なのでしょうが。

その点漆喰って、既に歴史が証明してくれるというような安心感があります。

でも、漆喰の効用を最大限に発揮するには、下塗り→中塗り→上塗りと3回、あるいは最低でも2回は塗らないといけないらしく、タナクリームなどは質感は確かに漆喰だろうけれども、「なんちゃって」感は否めない。

そこで再度珪藻土に目を向けてみると、「まともな(正統な)」と謳っている珪藻土さえ選べば、吸湿性は漆喰の比でないらしく、これは洗濯部屋や脱衣室にぴったりではありませんか。

何をもって「まともな(正統な)珪藻土」とするのかはいくつかあるようですが、
・固化材に化学物質を使用していない(0とまでは行かないまでも、なるべく少ない使用量)
・珪藻土の割合が高い(混ぜ物の方が多い品もあるらしいです)

の以上2点が主な判別どころでしょうか。

エコクイーンは施主からだけでなく、左官屋さんや工務店からも多く支持されているようなので、尻馬に乗った感じはありますが、「佐野の名水」を塗ることにしました。

ちなみに、佐野の名水には「(ただの)佐野の名水」と「佐野の名水MK(顆粒入り)」の2種類があります。私たちは顆粒が入っていないただの佐野の名水を選びました。



↓本日の午後に届いた「エコクイーン 佐野の名水」20キロ×4箱+施工道具1箱です。
エコクイーン「佐野の名水」80キロ
この5箱を宅急便屋さんは1度誤った所へ持っていたそうで、確認の電話が入りました。その後無事我が家に届いたものの、80キロを持って右往左往ってーしかも今日は蒸し暑かった!ーとてもお気の毒でした。

さあ、この週末に塗り壁初挑戦です。施工編をお楽しみに。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ちょっと見ない間に進んでいますね。
はいから小町ってイヤー色々調べている時に見つけましたよ
良さそうかなって思いました。でも自分で混ぜないとダメなんですね・・・それは残念な事で。
自分達で壁塗るんですね。良いな・・・ちょっと塗って見たかった気がするんですよね。大変だろうけど。

応援ポチ

  • 投稿者: らんとし
  • 2009/08/09(日) 21:25:22
  • [編集]

DIY

すごいですね。でも無理なさらないように。今年の夏は湿度が尋常ではないので体調管理をしっかりやってDIYしてくださいね。

漆喰いいですよね。2年間すんでいた香港では壁に漆喰が使われていました。その質感がすごく良くて、キッチンをリフォームしたときには真っ先に壁を漆喰にするということだけを決めてました。

うすいグリーンのキッチンの壁は梅雨時から夏場にかけて湿度を吸ってかなり濃いグリーンに変化し、湿度の低い冬場はほとんど色がないようなグリーンに変化します。

珪藻土ってどうですか?お客様の声ではかなりよさそうですが。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2009/08/10(月) 12:31:18
  • [編集]

** らんとしさま **

らんとしさんもはいから小町に注目されましたか。でも残念ながら、ひと手間(それも結構大変な)多いので、候補から外されました。

さて、実際の壁塗りという作業は、ー追々記事にするつもりですけれどー、すっごーーーく大変でした。疲労困憊しています。男の人は体力があるから異なるかもしれませんが。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/08/10(月) 17:12:07
  • [編集]

** satokosmithさま **

久し振りに額から汗をぼたぼた流しながら作業に没頭した週末で、明けた今日は疲労困憊しているところです。

色漆喰にすると、さとこさんのお宅のように変化を見ることができるんですね。それも面白そうです。

珪藻土はちゃんとした製品であれば調湿性はかなり高いらしいので、洗濯部屋と脱衣所に採用しました。私にとってもちょっとした実験です。いずれ報告しますね。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/08/10(月) 17:15:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。