スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽毛布団をリフォームしました。

  • 2009/07/27(月) 12:11:51

8月末に始まる新生活に備えて、捨てるものは捨てる、使えるものは修理するなどの作業を始めています。その一環として羽毛布団をリフォームに出しました。

我が家には羽毛布団が冬用2枚、夏用2枚、羽毛枕2個、子供用合い掛け1枚と揃っています。子供用合い掛けを除いてドイツで働いていた時に購入しました。

ドイツでは夏と冬にセールがあり、多くの商品が見事に半額になります。なので、高品質の羽毛布団をセールごとに買い揃えていたのでした。当時は誰かとの結婚なんてまだ考えていなかったのですが、「いつかは必要になるはず」と購入していた(今振り返るとちょっと切ない)20代後半の妻でした。

その羽毛布団も10年以上使用したので、さすがにへたってきましたし、何より汚れが目立ちます。枕はここ数年ずっとしまいっ放しだったので、得体の知れない染みが広がり、なんだかカビのにおいまでします↓。
リフォームに出した羽毛枕


枕はもう使わないけれど、1個900gの羽毛を使っているのでそのまま捨てるには惜しく、これを布団に仕立て直してもらうことにしました。枕にはボリュームを出すためにフェザーが多く使われていて、布団の質としてはちょっと劣っちゃうんですけどね。

今回リフォームをお願いした内容です。
1.夏用羽毛布団2枚を、中身の羽毛の洗浄&仕立て直し。
2.羽毛枕を解体して、足りない羽毛を足してもらって合い掛け布団2枚に仕立て直し(勿論、中身の羽毛は洗浄してもらいます)。
3.この夏用と合い掛けをくっつけて冬用として使用できるように、それぞれの布団にホックを付けてもらう。


先週約1ヶ月の期間を経て、無事生き返った羽毛布団が戻ってきました。
↓向かって右の布団が、枕の羽毛を利用した合い掛けです。
リフォーム後羽毛布団


↓合い掛けと夏用をくっつけるホックも、このようなものが丈夫な仕様でたくさん付けられていました。
リフォーム後羽毛布団 ホック


結果として大満足の仕上がりとなりました。

で、その大満足のリフォームをしてくれた会社は、「ARTMAC 安眠工場」です。この会社は福岡にあるのですが、千葉にいながら福岡の会社を見付けて依頼するなんて、ネットのお陰だなあと強く感じます。

この会社を選んだ理由です。
1.日経トレンディ(雑誌)やNHK「おはよう日本」で紹介されていたこと。
→中にはひどい会社もあるようですが、この2つに取り上げられたということは、少なくとも「とんでもない」会社ではないと思われる。

2.布団の側地で無地を選べること。
→無地の側地を扱っているところは意外にないのです。どうせカバーをかければ無地だろうと柄だろうと関係はないのでしょうが、でもあの花柄などのイケテナイ柄は遠慮したい。

3.対応がどこよりも良かったこと。
→レスポンスが的確で速く、またこちらの勝手なリクエストにも全て応えてくれました。
枕から布団へというもの以外に、羽毛の量を普及品より少なくしてもらいましたし、通常側地のグレードと足し羽毛のグレードは同じところを、足し羽毛のみ高品質にしてもらいました。


気になる料金は・・・・
A)夏用シングル→夏用シングル(300g) @\15,800×2枚
B)枕→合い掛け(800g) @\18,800×2枚
C)12カ所ホック加工 @4,500×2セット
*足し羽毛のグレードは4つ星から6つ星の3段階ありますが、私はもとの布団の品質に合わせて6つ星を選びました。
合計:\78,200(税込\82,110)でした。

新品で購入する場合、同じ ARTMAC で見てみると、デゥエットタイプ(つまりは今回私が頼んだ形)&羽毛はプレミアムゴールド(高品質)のものが58,000円。1枚あたり1万円ほどリフォームの方がお得です。なにより今あるものを無駄にしないで済みますよね。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

「自然素材」カテゴリーでは私的に興味のある個人の建築記録ブログの多くは残念ながら上位ではないので、スクロールが必要になりますが、面倒がらずにスクロールしてみて下さいね。興味を引くブログがきっと見付かるはずです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。