スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具の紹介6 障子戸

  • 2009/06/23(火) 08:29:01

建具の紹介シリーズも今回で6回目となります。さすが建具工事費で180万円計上しているだけありますわ~。施主自身も驚きの連載回数です。今回はトトロの家の建具の中でもメインと言える障子戸です。

障子戸と言えば、無地障子と雪見障子しか知らなかった私は、今回大いに勉強させてもらいました。旅館に泊まった時などにちょっと通ぶることができるようになったかも・・・。


↓今回初めて知った「付子(つけこ)」なるものが付いている障子戸。
付子障子戸

↓比較のために付子のない普通の障子戸のアップも載せます。
付子のない障子戸
これは裏から撮影したものなので一瞬「ん?」となりますが、こういういかにも素人の撮影で申し訳ありません。

比べてみると、付子障子には、横桟*が下の写真のように框に直接ではなく、台のような材(=付子)の上に付いている様子を見ることができます。

*この細い棒を桟(さん)と呼びましたが、建具屋さん的には縦の棒も横の棒も「組子」と呼ぶもののようです。なので、障子戸は組子細工に属するらしいです。

この付子つき障子は普通の障子より高級品とされているそうで、実際トトロの家でも床の間のある和室に取り付けられていました。


↓次に、猫間障子。
猫間障子
向かって右側の障子戸の猫間部分を開けてみました。このように水平方向にずらす猫間障子は関西風だと、神明社長と建具屋さんから説明を受けました。


↓横額障子(と思うのだけれど、ガラスの真ん中に縦桟が入っていると違うのかなぁ)。
横額障子


以上が、オリジナルトトロの家についていた障子戸です。これらのオリジナルの障子戸に合わせて、北側の増築部分は洋室なんですが、障子戸を建具とすることにしました。その様子は「建具の紹介5 新規製作の建具」でご覧下さい。


ところで、一体全部で何枚の障子戸(障子紙を貼った煙抜きなども含む)だと思いますか?
大小合わせると、なんと25枚もあるのです。年に1回は紙の張り替えをすることになるわけで、一体全体どれぐらいの作業量になるものやら、今から戦々兢々としています。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

はじめまして

紙の材質や種類にもよりますが数年に一回で十分だとおもいます。現在使っている紙の余りを密封して保存しておくと補修するとき便利かもしれません。うちも数枚ほど障子がありますが前回交換したのいつだったっけ?って感じです。

  • 投稿者: きりん
  • 2009/06/23(火) 10:53:45
  • [編集]

** きりんさま **

はじめまして。コメントをわざわざありがとうございます。

小さい子どもがいても数年に1回で大丈夫でしょうか? 実家では毎年張り替えていた記憶があります。私と弟がぶすぶすと穴をあけていたからかなあ。数年に1回で済めばいいなあと切に願いつつコメントを読みました。

紙の残りは密封して保管ですね。実際的なアドバイスはとても助かります。ありがとうございました♪

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/06/23(火) 19:57:08
  • [編集]

25枚もある戸確かに障子の張替え作業を考えると大変そう
子供が居なければ穴を空けられる心配は減るのでしょうけどね無理な話ですね。
遊びで空けられるのだけは勘弁して欲しい所かな・・・

質感は紙に劣りますが破れない障子のワーロンはいかが?
我が家の唯一ある障子戸はワーロンにしました。
間違いなく紙だと穴は空けられているのでしょうね。
ドアの開け閉めに取っ手部分では無い所(ワーロン部分)で空けているから・・・

応援ポチ

  • 投稿者: らんとし
  • 2009/06/23(火) 21:36:28
  • [編集]

** らんとしさま **

こんばんは~。

確からんとしさんのブログだと記憶しているのですが、そこでワーロン紙なるものを学び、はい、子供部屋の障子戸はワーロン紙を使用しています。

こういうのって子どもに対して躾(?)で破らないようにさせることは可能なのでしょうか? 私が子どもの頃の記憶をたどってみても、つい指を通してみたくなるというか・・・。息子たちもするんだろうなあ。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/06/23(火) 23:10:06
  • [編集]

また失礼します。
障子その他の建具を拝見しました。

日本の家は建具で表情ががらっと変わります。木製建具の選択で家のグレードは全く異なってしまうのが日本の家の怖さです。

また、檜を使えば書院風、杉を使えば数寄屋風などといった表情の違いも出ます。マモ親様のお宅の場合には、書院付きの座敷ですから檜材が使われたのだと思います。

更に細かく拝見すると、付子のない障子でも、組手(組子同士の組み合う部分)を表裏から交互に切って刻んでいますね。切り返しといわれる、一方に歪まないようにする、昔ながらのまっとうな作りです。最近は、こうした手間がかかることはせず、機械で、片方だけから組む片組手ばかりですし、そもそも建具を中国などの海外で作らせて日本の建具屋は現場での調整だけ等という具合ですから・・・。

また組子も、横繁障子ですね(横方向の組子が多いでしょう)。きちんと手間暇を掛けています。因みに我が家の場合には竪繁障子を選択していますが、これは、家内が、横繁にすると組子に埃がたまるので掃除が大変という理由(笑)。本当にそうかは検証できていません。

  • 投稿者: 通りすがりの者ですが
  • 2009/06/24(水) 11:20:43
  • [編集]

** 通りすがりさま **

毎回大変勉強になるコメントをどうもありがとうございます。

今まで何回も「手の込んだ建具だ」とは聞かされてきましたが、どのようにというのは意外に聞かないと言いますか、一番目立つところは指摘されても、それ以外はその他で一括りになっていましたところ、今回コメントを拝読して「そういうことだったのか」と納得できました。

えー、私もこの障子戸を見て、紙の張り替えもさることながら、奥様のおっしゃる通り掃除も大変そうと思っておりました・・・。このような家は何かとまめまめしく暮らすことを要求するようですね。まめまめしくない私はちょっと溜め息が出てきますが、頑張ります。

建築のことのみならず、今後は暮らし方についてもあれこれご指南を戴けますと、不心得者はとても嬉しく思います。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/06/24(水) 14:16:27
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。