スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具の紹介5 新規製作の建具

  • 2009/06/22(月) 09:30:41

20日(土)にトトロの家に行きましたら、新しく作られた建具のほとんどが取り付けられていました。おまけに障子紙も貼られていたので、またまた雰囲気一新です。

今日の写真もすべてクリックで大きくなりますので、とくとご覧下さいませ。


↓玄関戸にすりガラスがはめ込まれ、鍵も取り付けられました。材は杉ですが、神明建設が所有していた地元の山武杉だそうです。
玄関戸(塗装前)


↓トイレの戸。これも杉。
トイレの戸
こちらのガラスもごく普通のすりガラス。みなさんがされているように、チェッカーガラスだとか楽しんでみることも考えましたが、夫が普通のすりガラスを希望。ありきたりではあるけれど、この家の佇まいに合っているかなと今は納得しています。


↓北側廊下にある勝手口へ通じるドア。最初はフラッシュドアの予定でしたが、廊下に面する多目的室の障子戸に合わせてこういったデザインで制作してもらいました。
勝手口への戸


↓多目的室。メインの機能は子供部屋なので、紙は丈夫なワーロン紙を使用してもらいました。
多目的室障子戸(閉めたところ)
床が養生中なのでまだ完全には分かりませんが、和紙のクロスと障子戸の白さが清々しく、天窓からの光もあり、とても北側の部屋とは思えない雰囲気です。


↓最後に、障子紙が貼られた後の家の全景です。
全景(09/06/20)
外壁の漆喰の白と、家の中の障子紙の白が、とても美しく映えています。「自分の家じゃないみたい」と夫が呟いていました。自分の家にするには勿体ないといった心情かと。


神明建設の業務日誌でも障子紙が貼られた後の和室の様子と、ようやく始まった別棟工事のことが紹介されています。

神明建設業務日誌 離れ新築工事着工(2009/06/20)


玄関の鍵がついたので、今週から備品や照明が取り付けられるそうです。照明とスイッチプレートが個人的にはとても楽しみですが、電気屋さんのYさんはちょっとおっちょこちょいという感じがする方なので、心配でもあります。今週はYさんの見張り(失礼!)のためではないけれど、毎日顔を出そうかと思案中です。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

何か木の香りが伝わってくるようです~。
家の全景もマッシブで迫力ありますね!!かなり興奮しました☆

↓とても参考になりました。家を建てたというのは、物質的な生活の豊かさの極みな訳ですが、それでも自分自身時々ぽっかり何かが足りないと感じる事があったのです。本質の豊かさと乖離していたのかもしれません。本当の豊かさを毎日の中で実感して丁寧に暮らしていきたいなあ、と思いました。

  • 投稿者: いち
  • 2009/06/23(火) 00:27:50
  • [編集]

** いちさま **

コメントをありがとうございます。

今まで形容詞として思い付いたことがなかったけれど、確かに「マッシブ」ですね。そうそう、このずっしり感も好きなのです。

豊かさの意味を考え始めるときりがないのですが、でもいちさんのお宅では毎度楽しく精神的にも豊かに暮らされているように見えるのですけど。丁寧な日々の積み重ねはなかなか無理でも、時折振り返るのは無駄ではないなあと思うこの頃です。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/06/23(火) 08:45:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。