スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具の紹介1 欄間

  • 2009/06/11(木) 05:40:40

本日からトトロの家の建具を少しずつ紹介していきます。オリジナル・トトロの家の建て主や大工さんは洒落者だったようで、プロの方々をも唸らせる多様な建具が揃っています。

1回目は「欄間」です。本来は鴨居と天井板の間の空間を意味し、その空間を装飾した板や障子も転じて欄間と呼ばれるようになったそうです(Wikipedia より)。


↓以前ちらっと紹介した彫刻欄間。鳳凰が両面に彫られています(丸印は鳳凰の頭。写真はクリックで大きくなります)。
彫刻欄間(表)  彫刻欄間(裏)
彫りの深い方(1枚目の写真)が表と思われるところ、これを和室とリビングのどちらに向ければ良いのか、ちょっと悩みました。

和室には床の間もあるので、和室の方が格上となり、表は和室に向けるものだと私は思いましたが、建具屋さんが若い時分に習ったことによると、鳳凰や富士山のような縁起物の欄間は縁起を呼び込むように玄関に向けるのだそうです。その考えも一理ありますよね。

神明社長にも伺ったところ、建具屋さんと同じ意見でした。また、大工のMさんに確認してもらったところ、オリジナルでは玄関の方に表が向けてあったとのこと(すごい記憶力!)。トトロの家は、東から和室→リビング→土間(玄関)となっているので、和室には裏を見せることになります。・・・と一件落着。


↓鳳凰の欄間の隣りにある欄間。名称不明。枠は桧(ひのき)で、中は欅(けやき)だそうです。欅の木目が美しいです(けど、上に取り付けられると見えない・・・)
名称不明の欄間


↓菱に麻の葉文様の組子欄間。裏面にはすりガラスがはられています。写真がボケていてごめんなさい。
麻の葉欄間


↓欄間と言いますか、煙抜きの障子戸。矢印で示した縦格子の戸です。
煙抜き障子
これはまだ障子紙が貼られていませんが、横にスライドして穴?を塞ぎます。これで冬の寒さ対策はばっちり?

↓最後に、以前も同じ写真を載せましたが、広縁のガラス欄間。
広縁(09/06/06)
機能としては隙間風の原因となりそうですが、この美しさのためなら我慢します。今はまだ雨戸だけのところ、ガラス戸が鴨居の下にずらっと並びます。う~ん、雰囲気(だけ)はいいぞ~、きっと。


明日は書院の建具を紹介します。これらの建具も手が込んだものですから、どうぞお楽しみに!



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

素晴らしい

今時の古民家リフォームだと、天井高くして欄間ぶち抜いて、でしょうか。
それも一理ありますし、嫌いな訳ではないのですが、トトロの家に限っては
再生させるのがベストですよね。写真でも欅の木目の美しさ分かりますもん。
わかる人にめぐり合い、良い職人さんにめぐり合い、この家も幸せそうです。
もう少し遅れたら、何もかも手遅れになっていたでしょうしね。
古い家の良さは、人が住みだして更に良くなる事だと思います。楽しみですね。

  • 投稿者: しましま
  • 2009/06/11(木) 07:22:42
  • [編集]

** しましまさま **

初めまして。嬉しいお言葉をたくさん本当にありがとうございます。

何もかもおっしゃる通りで、実は和室に隣接するLDを吹き抜けにすることを私は望んでいたのですが、予算面、また意匠面からオリジナルをほぼそのまま残すこととなった経緯があります。

毎度そういった的確なアドバイスを与えて下さる神明社長との出会いがなければ、この家の素晴らしさは活かし切れなかったはずです。

また、もう少し遅れたら手遅れという本当にぎりぎりのところだったんです。素人目にはとてもここまできれいになるとは当時は思えなかったほどでした。

家が無事甦った後、子供たちの笑い声が響き渡り、家も喜んでくれるといいなと願っています。

しましまさま、嬉しいコメントを本当にありがとうございました。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/06/11(木) 09:30:09
  • [編集]

欄間

いいですねえ。欄間好きですよ。昭和40年代に建てられた我が家には欄間というものが一つもなく、高度経済成長のなかで失った職人技の数々の仕事を思うと日本は大切な物をなくしたなと思います。
昔香港に住んでいた時に購入した透かし建具(以下のHPにあるようなものです。参考までに)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/jikkenkoubou/jxe-07.html
を扉の代わりに取り付けて使っていますが、家には機能一辺倒ではなく、遊びが必要ですね。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2009/06/11(木) 21:05:09
  • [編集]

** satokosmith さま **

透かし建具を扉の代わりに使われているなんて、素敵なアイディアですね! さすがにいろいろとご自身で楽しまれている様子のさとこさん、と納得してしまいました。

彫刻欄間とか実はあまり好みでなかったのですが、趣味はどうであれ本物の職人さんの手によるものだと気付いたら、ちゃんと残しておかなくてはという考えに変わりました。ハート形みたいな欄間もいらないと思っていたのですが、木目の美しさにノックアウトです。人間変わるものです。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/06/11(木) 21:20:50
  • [編集]

昔の家は欄間が当たり前に付いていましたね。
建替え前の家でも欄間は一応ありましたね。でもトトロの家のような立派なものではありませんでしたが・・・。

応援ポチ

  • 投稿者: らんとし
  • 2009/06/11(木) 21:41:48
  • [編集]

** らんとしさま **

毎度こんにちは~。いつもありがとうございます。

これらの欄間は「立派な物」に属するんでしょうか? 物の趣味はともかくとして、部材は今では入手しにくい物が使われているそうです。

そういえば、新築の家で欄間を付ける家って少ないですよね。和は和でも、和モダンの家には合わないのかもしれません。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/06/12(金) 10:20:22
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。