スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具の再利用って骨が折れる作業です。

  • 2009/06/10(水) 09:11:49

今日は建具屋さんとの打ち合わせでした。よっ、待ってました!
・・・と言っても内容としては大したことはなく、「何とか使う分には問題ないけれど、どうしたもんだか」という建具が多くあるので、その処理の仕方を施主に確認しておきたいということでした。


問題として一番多かったことが、オリジナル・トトロの家は家そのものが歪んでおり、その歪みに合わせて建具を作ってあったので、家の歪みがなくなった現在、建具と家の間に微妙な隙間ができる、というものでした。

↓例えばこれ。障子戸の上辺の向かって左側はぴしっと鴨居にはまっていますが、矢印のところはわずかな隙間が生じています(クリックで拡大します)。
隙間の生じる戸

以前ちらっと紹介した板戸にも上部に1センチ以上の隙間ができてしまい、戸の上辺に木材を貼付けて丈を伸ばしてありました。

そして、次に多かったものが、長年の雨ざらしなどによる腐食や傷みです。
↓角が欠けています。でもこれぐらいなら仕様には何ら問題はないので放って置いて下さいと伝えました。
傷んだ障子の角

↓この障子戸は屋根が抜けていた場所にあったので、雨水で腐食してしまいました。框(かまち)を含む下部分の交換をお願いしました。
修理に出す障子戸


こんな感じの戸が数枚だったらいいのですが、30枚近くもあるのです。そして欄間も10点近く。これらを1つ1つはめてはカンナをかけたりして調節していくのですから、気が遠くなりそうな作業量です。

家の完成を早くと望んでいる身勝手な私は「これら全部の建具がはまるのにどれぐらいで終わりそうですか?」と訊いてしまったところ、「新品の物を入れるんだったら目処は立てやすいんだけど、こういった古い物の作業はようわからんねぇ」と建具屋さんに言われてしまいました。そうでしょうとも。今日の見学の最後にはつくづくと自分の気の廻らなさを反省させられました。

建具屋さんは修理作業ができる程度に建具を清掃し、洗い屋さんがきちんと桟の1つ1つをきれいにしてくれるのだそうです。これもまた大変な作業量です。千本格子のものなどが結構あるんですよ。その格子の間の20年分の埃を掃除するなんて・・・。こちらが支払っている金額はちゃんと見合っているんでしょうか。本当に頭が下がります。

「古い建具を再利用します」なんて言うとちょっと格好いいし、また今風に言えばエコではあるんですけれど、その過程の労力を思うと(知ると)、関わって下さる皆々様にひたすら感謝であります。

180万円という金額を「これらの建具を残せるんだったら、しょうがない金額か」とあっさり言えるような余裕は決して持ち合わせてはいないのですが、取り敢えず最低限のレベルでオリジナルの建具を残せる金額を出せて良かったという安堵の気持ちもあります。


建具の取り付けは来週いっぱいまで続きそうです。なかなかに手の込んだつくりの建具たちを順次紹介していきますので、どうぞお楽しみに!!



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へにほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。