スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別棟の工事へ GO サイン!

  • 2009/05/17(日) 22:19:51

5月16日(土)には神明建設との打ち合わせがありました。浴室を含む別棟プランを固めるための打ち合わせです。数日前に詳細な見積もりと平面図を貰っていたので、それをもとに夫と検討。妻は見積もりの数字を自分が作成しているコストコントロール表にせっせと打ち込み。小さい部分の変更はあるものの、基本的に OK となりました。

16日には我々の疑問点などを工務店にぶつけたあとに、「それではこれで建築確認申請をお願いします」と伝えたのでした。スピード決断!と思ったけれど、全部で5坪程度の建物なので、当たり前ですね。

↓じゃじゃーん、これが完成予想図です。
別棟完成予想図
長方形の建物の中は、家事室→脱衣所→浴室と並んでいて、そこにウッドデッキがくっついているというシンプルな構造です。

ちなみに外に見える白の物体は小便器です。私が例の飛び散りのことでぶつぶつ言っていたら、ここに小便器が設置されました。勿論、雨や嵐の時には母屋のアラウーノを使ってもよろしいです。

外壁は母屋に合わせて、上部が漆喰塗りでその下が板張りとなっています。この絵では板がこげ茶になっているのに見積書の中に塗装工事が含まれていなかったので、「これって私たちが塗ることが前提になっています?」と訊いたら、笑いながら「えっ、そうじゃないんですか?」と神明建設の皆さんに言われちゃいました。はいはい、頑張ります。


えっと、今回の別棟工事で何が一番嬉しいかと言いますと、新築工事と同じことを経験できることです。「何を当たり前のことを言ってるの?」とお思いでしょうが、だってトトロの家の母屋はいわばリフォームだったのです。恐ろしい規模のリフォームだけど。

法律によってある床面積以上の工事の場合は、リフォームでも建築確認申請を出しますが、トトロの家は石場立てを残すために、あえて増面積を抑え、よって母屋の工事では確認申請が出されていません。申請すると法律の縛りを受けることになりますから。

ところが、今回の別棟では申請を出すんですって。なんだかようやく普通の家を建てる気分♪ しかも、地縄張りをするし、基礎コンクリートも打つので(どれも当たり前 ー_ー; )、とっても楽しみなのです。「地鎮祭しなくていいんですか?」と調子に乗った妻です。

そして、今回ようやく工程表なるものを貰えます。きゃー、最高! あ、母屋でも工程表は最初に貰いましたよ、勿論。でも、ー古民家再生にはよくあることと話には聞いていたけれどー、本当に予想外のことの連続で、途中から工程表は存在意義を失いました。施主の私たちは「できる時にできるんでしょー」というスタンスでした。

その母屋の工事もようやくラストスパートに入り、神明建設の読みでは6月1日ぐらいには別棟工事に着工できそうだと。そして、「今回はいわば新築だからちゃんとした工程表を出せるでしょうし、ほぼその通りに進みますよね?」と妻は念を押し、工程表のお願いをしました。この工程表に準じて、引っ越しの支度などを進めたいと思います。あ~、ホント普通の家の進め方で、とても新鮮 > _<。


結構ハイテンションな妻ですが、そこにお金という巨大な重しが・・・。多くのことにこだわった家ですし、オリジナル・トトロの家の持ち味をなくさないためには必要な経費だったのですが、当初の予定より倍近いお金がかかっていることが、今回別棟プランが固まったことでわかりました。この事実って結構きついです。外構に廻すお金もほとんどありません(滂沱の涙)。再び宝くじやロト6の当選を夢見る妻なのでした。




↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。地縄張りとかを体験することになり、ようやく皆さんの仲間に入れます♪ 応援のクリックとコメントを是非是非お待ちしております。なんかさ、お金のことでやり切れなくなって、誰かと話をしたい気分なのですよ。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

頑張って

ください・・・としかいえませんが、お金のことって結構大変ですよね。うちも中古住宅を購入しただけでお金がなくなってしまい、リフォームはお金をためてから借金しないでぼつぼつお願いしています。庭はもう自分でなんとかするしかありませんでした。

しかしいつもリフォームをお願いしている大工さんが言っていることなのですが、こうしてリフォームしないでお金をため続ければ老後は心配ないかもしれないけれど、毎日の生活に楽しみがないといったい何のために生きているのかわからない。それよりも何よりも老後と言える年まで生きることが出来なかったら我慢し続けた時間はいったいなんだったのか・・・確かにそうです。

特にキッチンをリフォームするのに使っていなかった和室と縁側を当てたので、費用が500万円かかると言われたときは相当悩みました。しかし実際に出来上がってみたらやっぱりやってよかったです。毎日料理するのも楽しいし、休日にコーヒーを飲むひと時も楽しいです。

そのために一生懸命働かなきゃいけないんですけどね。

  • 投稿者: satokosmith
  • 2009/05/19(火) 12:13:02
  • [編集]

** satokosmith さま **

激励のコメントをありがとうございます。数ページにわたる返済表を目の当たりにした時は「うひゃー!」と一瞬思いましたが、毎月引き落とし日に残高をカレンダーに記入し、それを励み?にしようかと思案中です。

それよりは今あるこのお金とやりたいことのギャップをどう埋めるかですよね。埋める方法は一攫千金ぐらいしか思い付きませんが、優先順位を明確にしていくことだと思っています(それがまた難儀な作業で > < )。

私もさとこさんのように、新生トトロの家で「あー、頑張ったし、これからもまだまだ大変だけれど、この時間を過ごすためだったのね~」と楽しく過ごせる時を早く持ちたいです。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/05/19(火) 19:45:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。