スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆喰は美しい!

  • 2009/05/16(土) 21:38:19

室内の漆喰塗りもあと1~2日ほどで終わると聞いて、随分仕上がっていることだろうと楽しみにして現場へ行きました。

下地のモルタル塗り段階でも、それまでのラスボードと比較すれば塗り壁という感じできれいでしたが、漆喰の白さは違う! 一目見て思わず歓声を上げてしまいました。今日の写真は全部クリックで大きくなります。是非大きい写真でご覧下さい。

↓真っ白な壁ですと、柱などがぐんと引き立ちます。しばしの間、もうただうっとり♡
漆喰壁 2009年5月16日


「これぞまさしく日本の美だ!」と思ったけれど、思い出してみればヨーロッパでも使われているし、古代エジプトでも使われていたとか。その古代エジプトで更に思い出したのが、イエメンというアラビア半島南端にある国の家。マモ夫婦はそのイエメンに2000年から3年間暮らしていました。

で、イエメンの古くからの家にはレンガのつなぎなどにこの漆喰が使われているのです。窓枠の周りには防水も兼ねてだと思うけれど、装飾的にも使用されています↓。
イエメン サナア旧市街
下のおじちゃんに注目せずに、その後ろの家(ビル?)をちゃんと見て下さいね。ここは首都サナアの旧市街です。世界遺産にも登録されています。懐かしいな~。


それにしても、このイエメンの薄汚れた漆喰と、トトロの家の漆喰が同じものであるとは到底信じられません。やっぱり技術の違いかしらね。

とにかく、漆喰は美しい!

流れる空気も清々しい!

家の雰囲気が凛々しくなる!


心からお薦め致します。
そういえば、薪ストーブ周りだけ珪藻土仕上げのマモ家。どっちの質感がいいかあとでレポートしたいと思います。


さて最後に、本日も床下のタケノコ、いやその根っこと格闘する夫の写真にてお別れ致しまする。
床下で格闘する夫
石場立てだからこそできるこの根っこ掘り。素晴らしいねぇと思ったけれど、基礎コンクリートを打てばタケノコの心配から解放されるんですよね。そっちの方が素晴らしいかも ;ー_ー。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。漆喰仕上げは手間がかかる分費用もかかりますが、その価値はあると思います。是非ご一考を。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

漆喰良いですよね

はじめましてらんとしと申します。
我が家も無垢が基本の家で漆喰塗りのリビング&キッチンです。
古屋を再生して住まわれるなんてとても贅沢な気がします。
新しく建てるよりも大変そうですね、でも新しいお家には長年の味は無いですしね。
またお邪魔させてもらいますね。

応援ポチ

  • 投稿者: らんとし
  • 2009/05/17(日) 21:36:31
  • [編集]

** らんとしさま **

はじめまして! あの板倉工法のらんとしさんですね! 私もらんとしさんのブログをよく拝見しているのですが、ついつい読み逃げしてました。ごめんなさい。それなのに、らんとしさんはコメントを残して下さり、本当にありがとうございます。

らんとし家の皆さんは漆喰塗りの部屋で実際過ごされて、きっと満足されていることと思います。住み心地を是非伺いたいです。

さて、古家の再生は気分的にも財政的にもかなり贅沢なことだと判明しました。でも、かけがえのない我が家ですから、落ち込んでばかりもいられません。

これからもお付き合いをよろしくお願いします。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/05/17(日) 22:35:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。