スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照明器具をようやっと注文しました。

  • 2009/05/15(金) 11:31:25

室内の漆喰壁もじゃんじゃん塗られており、照明器具の取り付けも近いと思われ、照明器具選びに関してようやくお尻に火がつきました。イヤ、以前から線香花火のような火はずっと灯ってはいたのですが、決断ができずにいたという次第です。

個々の照明器具については追々紹介する機会もあるかと思いますので、ここではトトロの家ならではの特徴を挙げたいと思います。

1.アンティークをちょっと使う。
  これは以前記事にもしましたので、そちら↓をどうぞお読み下さい。
  「アンティークの照明器具」2009年4月14日

2.ソケット+裸電球の照明を多用。
  これも前述の↑記事で紹介しました。ソケットは1個150円で、それでいて陶器製で雰囲気  はあるのだから使わない手はありません。

3.非常灯ダウンライトを2カ所(階段上と勝手口)設置。
  病院やビルじゃあるまいしと思いますが、近い将来ほぼ確実に来ると言われている大地震   に備えてのもの。夫のこだわりです。最初は、病院で取り付けられているような緑色で逃げ  る人間の絵が描かれているあれを夫は希望していたのですが、高価だったし、トトロの家の  雰囲気ぶち壊しなのでやめてもらいました。

4.パブリックな場所にはお金をかけるけれど、プライベートな空間ではお金をかけない。
  これは何も我が家に限ったことではないですけど、我が家は結構徹底しています。


・・・ということで、お金をかけた(マモ家的にはね、という意味)というかデザインで選んだ照明器具を紹介しましょう。以下の商品は全てコイズミです。

LD(10畳で天井高が340センチもある)には KUMO シリーズで揃えました。
↓ペンダント1カ所
KUMO APN515127

↓ブラケット2カ所
KUMO ブラケット ABE546443


一番雰囲気があると思われる中2階の居室には・・・
↓ブラケット2カ所
リネストラランプ ABE445051


はい、頑張った照明は以上で終わり! あ、皆さんを迎える玄関のアンティーク照明も一応4万円しましたし、あとは広縁のペンダントもアンティークで@1万円×3カ所でした。

そしてそして、本当は和室もメインの部屋となるので紹介しなければならないのですが(えっ、別に興味ないですか?)、これはまだ決定していません。このことについては次回の記事にて。


ちなみに、照明器具は全部施主支給という形にしてもらいました。そして、注文先は「アートライティング」という会社です。ホントこの手の会社はネット上でたっくさんあり、どこをどのように信用してよいものやら。「おうちをたてるよ!」のおんぶうさぎさんのような心配も笑ってばかりはいられません。

我が家も「ネットショップには裏がある(by おんぶうさぎさん)」というようには思わないけれど、「ネットショップ=零細企業」というイメージがあり、お金を支払ったもののブツが届かない!という事態が起こりそうで、最初は敬遠。工務店に見積をお願いしていました。

一方でネットサーフィンしながら、使えそうなネットショップも物色。とある住宅ブログ(ごめんなさい、どなたのブログか忘れました ;ー_ー)でアートライティングが推薦されていて、試しに見積もりを依頼。

結果、工務店経由よりアートで購入する方が10万円以上安い! しかも、アートは見積もり金額だけでなく、在庫の数、在庫がない場合は入荷時期まで明記してくれます。これはポイント高し。ということで、マモ家はアートライティングで購入となりました。欠点はクレジットカード決済だと4%の手数料が取られるってことです。


これら照明器具もスイッチプレートも、実際の取り付けにドキドキします。ドキドキの意味は2重で、楽しみのドキドキと、ちゃんと部屋に合うかどうかの心配のドキドキです。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。