スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫や小動物と共存するトトロの家

  • 2009/05/12(火) 08:28:01

トトロの家には昨日紹介した立派な欅があり、周囲は水田、おまけに床下も風が通り抜ける昔ながらの石場立て。ここは様々な虫や小動物にとって絶好な住処であることは知っていました。実際工事中には、10センチ近いアシダカグモ蛇の青大将(の死骸)などに何匹も遭遇しました。

それなりに覚悟を決めていたつもりですが、生まれ変わったきれいなトトロの家に早速蜘蛛の巣があちこちに張られているのを見ると、「おいおい、誰に許しを得たんだい?」と文句を言いたくなります。入居後のすぐの仕事として、あちらこちらの蜘蛛の巣払いをリストアップしてあります。

広縁で寝転がっていても、蟻がすぐそばを通過していくって気分的に今ひとつ・・・。それも大小の蟻。そんなに種類を揃えてくれなくともいいのに。

外壁を見回れば、屋根の下にはかたつむりが・・・↓。写真中央の小さいポツがそれ。
かたつむり


先日には雨戸にこんな↓見慣れない虫が。
ヨコヅナサシガネ


最近長男は昆虫と植物の図鑑を買ってもらい、あれこれ調べることがマイブーム。この虫もしっかり写真に収め、家で調べました。

ハンミョウかなぁと思いつつ見てみるけれど、ハンミョウとは頭の形が異なります。順番に見ている間に、アカサシガメという虫に姿が酷似していることを発見。でもこんな黒白のシマシマ模様ではない。で、次に登場するものがネット。結果、ヨコヅナサシガメであることが判明。

このサシガメという虫は、細長い口吻を獲物(虫)に刺して体液を吸うのだそうです。人間も不用意に触ると刺されると書かれていました。お~、こわ。

こんな風に子供と一緒にあれこれ調べることも楽しい作業です。花に詳しい女性って素敵だけど、昆虫に詳しい女性ってどうなんでしょう?


ところで、女性の皆様。子供の頃、虫に触るのは平気でした? 私はですね、平気どころかおもちゃにしていました。

トンボの羽を2枚むしって飛べないようにして、何匹も自分の洋服に止まらせて「トンボのブローチ!」と自慢したり、

トカゲを捕まえてきては、それを空の浴槽に放し、逃げないように蓋をしておいたところ、あとで母親が風呂の蓋を開けて絶叫するという騒ぎもありました。

極めつけは、ちょっと大きめのカエルを捕まえては、爆竹(勿論火のついた)をカエルの口に入れて放り投げる。で、爆発するカエルを見て面白がる。


え、私? 妻です、女ですよ。とんでもない悪ガキでした ;;^_^。

そんな過去を持つ私ですが、いつの間にか虫が苦手な女子となってしまいました。恐らく虫などを怖がる女性の方が可愛らしいということに気付き、ポーズとして「キャー(嘘ばっかり)」なんて言っている内に、本当に苦手になったのかもしれません。

皆さんは、子供の頃の自分と今の自分とにギャップはありますか?


閑話休題。トトロの家での生活が始まると、昔の私が甦ってくるかもしれないなあと思うこの頃です。「ゲテモノ虫の話題はおまかせ!」となることでしょう。乞うご期待。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2012/11/10(土) 13:20:45
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。