スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れた銘木「タガヤサン」

  • 2009/05/08(金) 08:11:45

まずはクイズです。
1.三大唐木(からき*)銘木は何でしょう?
2.「鉄刀木」と書いて何と読むでしょうか?
*唐木:日本に輸入される銘木のこと。日本には唐(中国)から入ったため、「唐から来た木」という意味で「唐木」と総称される(Wikipedia より)。


答え: 
1.黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、タガヤサン
2.タガヤサン


この三大銘木の1つである「タガヤサン」って知ってました? あ、ご存知の方は勿論ちゃんと知識としてお持ちだとは思いますが、マモ夫婦は紫檀、黒檀は知っていても「タガヤサン」は初めて聞きました。ということで、タイトルに「隠れた」を付けました。既知の方にはちっとも「隠れて」いなくてスミマセン。

ところで、このタガヤサン、とっても硬くてしかも水に沈んでしまうほど重いのだそうです。で、のように重くてのように硬いので「鉄刀木」。持たせてもらったら、本当に石かと思うぐらい重かった。

そしてですね、トトロの家の床框にこの銘木が使われていたんです↓。
タガヤサン
独特の木目ですよね。なんだか動物の毛皮っぽい。


Wikipedia によると、東南アジアに多い樹ということですが、明治時代には台湾でも栽培されていたとか。すると、昭和の初めに建てられたトトロの家のこのタガヤサンは、ひょっとすると台湾からやって来たのかしらと思いを馳せるのでした(明治28年から昭和20年の間は日本が台湾を統治)。


今日は社長と大工のMさんから受け売りの、ミニ教養講座でした。



↓ ↓ 数あるブログの中からこちらにご訪問をありがとうございます。こんな銘木がひょこっと現れるのは、古民家再生ならではと思います。
住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたら応援のぽちっを戴けると励みになります。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

タガヤサンですか・・・
いい木ですねえ。床框には別の木を利用されているようですが、別に利用されましたか? このような南方系の材木は、水に沈んでも腐らない、シロアリもよりつかない強力な材木です。

施工業者さんの日記を拝見しましたが、石工事も順調の模様。いよいよですねえ。あとは左官工事・電気・給排水・最後にハウスクリーニングですか・・・。いや、ワックスかけもあるのかな・・・

床脇の方も海老束とか筆返しとかをアップで見せてください。こうしたお宅では、detailに興味を惹かれます。

  • 投稿者: 通りがかりの者ですが
  • 2009/05/08(金) 21:43:24
  • [編集]

** 通りがかりさま**

こんばんは。神明建設のブログまでチェックして下さり、大変ありがとうございます。

床の間の床框に使われていたタガヤサンは工務店にて保管してあります。あの細長い形で何か別なことに使い回せるのでしょうか? 家が完成後に神棚も作製してもらう予定ですが、その時に??

ようやくゴールが見えてきた感があります。おっしゃる通り、床にワックスを自分たちで塗る予定です。それから、ガスと水道を表の市道から引込む大きな工事もあります。そして、建具の設置もありました! 順調に進むことを願うばかりです。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/05/09(土) 02:09:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。