スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古屋付きの土地の写真を撮りました

  • 2008/05/06(火) 23:19:23

連休前の宣言通り、候補となっている2カ所の土地を何度か見に行ってきたマモ家です。これまで古屋付きの土地を見に行く時は必ず雨天で、なかなか写真を撮ることができなかったのですが、今回ようやく晴れの日に当たり、不動産屋と一緒ではなかったため敷地外からですけれど、何枚かの写真を紹介します。

まずは北側で、家の裏側に当たります。クリックして拡大して見て下さい。木の間に屋根が見えるはずです。それが再生される古民家(廃屋)です。屋敷森というのか鬱蒼とした木立に囲まれていますよね。この木々も選別して、さらに残した木をちゃんと選定すれば、「鬱蒼」から「風情」に変わるはず。

CIMG2016_convert_20080508143830.jpg



そして西側から。西側は水田に面しています。側面から見ても鬱蒼とした木に囲まれて、家がほとんど見えません。ここからの眺めは私のお気に入りです。

CIMG2019_convert_20080508143934.jpg


最後に侵入口。この土地は幡竿地というのか、竿部分の両側に他の家が建っているという形状の土地です。まるで2軒の家を侍らせているようにも見え、ちょっと偉そうな土地なのです。奥に見えるのが古屋。進入路の石畳もお気に入りの一つです。この進入路の拡幅については隣家と相談してもらっているところです。

CIMG2021_convert_20080508144006.jpg



近くからの家の外見と、廃屋と呼ぶにふさわしい家屋の中をお見せできないのが残念です。もし実際にこの土地を購入することになりましたら、たっぷりお見せできますので、結果発表をお楽しみに!

それにしても、こうして写真でじっくり見てみると、本当に再生できるのか?と思ってしまいます。「マモ家も物好きねー」という反応が多いことと推察します。ちょうど今の季節と相まって、木の緑も濃さを日ごとに増し、どんどんもののけっぽい雰囲気が強まっています。

また、屋根の一部が落ちている様も見て取れると思います。家の寿命が着々と近づいているのです。再生を請け負う工務店曰く、この梅雨が限界だろうとのこと。雨が降るたびに「あの家はどうなっているんだろう」と気になるマモ家なのでした。

↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。土地については最終的かつ重要な決断の時が刻々と近づいています。悔いのないようにしたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。