スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗面台の埋め木と雨戸の敷居

  • 2009/04/09(木) 15:22:08

本日は5日ぶりの現場でした。劇的な変化はなかったものの、ちょこちょこと。

変化その1。↓無垢板の洗面台が取り付けられていました。
取り付けられた洗面台


この板には2カ所埋め木が施されています。その作業の過程を紹介しましょう。
1.埋め木をする場所と埋められる木↓
埋め木前


2.丸ノミというのでしょうか、円状のドリルで埋め木の形に合わせてざっくりと掘っています。
埋め木作業中


3.形の中をほどほどに掘ったら、手作業開始です。ノミでひたすらカツカツと掘っていきます。
ざっくり穴があいたところ


4.完成! よーく見ないとどこに別の木が埋められているのか分からないほどです。
埋め木完成


それにしても、この立派な1枚板に洗面器を埋めるためとはいえ、これから大きな穴をあけるのは実に勿体ない気がします。また、この板の塗装についても悩みましたが、ヘビーユースが容易に想像できるので、水濡れに強いウレタン塗装を選択しました。


それから、変化その2雨戸が取り付けられました。といっても一部だけれど。その報告はこちら(いつものように神明建設の業務日誌です)。

・・・という理由で1階の雨戸設置はまだです。中2階にだけ真新しい雨戸が取り付いていました。う~ん、浮いている。外壁と同じように保護も兼ねて柿渋&ベンガラの塗装をしなくてはなりませんね。

今日の現場でも1階の雨戸はまだついていませんでした。けれども、懸案となっていた雨戸の敷居は新しくなっていました↓。
雨戸の新しい敷居
古ぼけた杉材の色と新しい桧の色の対比がまぶしいです。溝の中には木の摩耗を防止するためと滑りを良くするためのアルミの板が敷いてあります。


そうそう、今日は法務局に建物表題部変更登記を終えたので、完了証と新しい登記簿を取りに行きました。対応して下さった係官が実際にトトロの家を見に行った方だとかで、「いやー、業務外の話だけどさ、あの家があんなにきれいになるんだねぇ」と廃屋時代のトトロの家をご存知のようでいたく感心してくれました。



↓ ↓ 毎度ご訪問をありがとうございます。埋め木の様子は面白かったですか?
住まいブログのランキングに登録しています。役に立ちましたら(とは思えないけど)ぽちっとお願いします。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

はじめまして。時々拝見させていただいてます。
とても丁寧で詳しくかかれてますね。
埋め木がとっても気になったので、思わずカキコしてしまいました。
私など、ただ日記の感覚でブログを始めちゃったんではずかしいです。
それにしても立派なつくりの家ですね。
これからも楽しみにしています。
失礼しました。

  • 投稿者: しろうと大工の嫁
  • 2009/04/10(金) 09:18:13
  • [編集]

** しろうと大工の嫁さま **

こんにちは。コメントを残して下さりどうもありがとうございます。

埋め木が気になったということですが、プロのお嫁さんからご覧になっていかがでしたか? 私はもう少しわざと分かるように色を変えるとかするのかと思っていたら、上手過ぎて?隠れてしまうほどとなりました。

お嫁さまのブログのURLを今度残しておいて下さいね。是非是非拝見したいです。

これからもたまにのぞきに来て下さい。セミプロの方に見て頂いているとなると、張り合いになります。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/04/10(金) 15:31:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。