スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別棟の見積書と建具表

  • 2009/03/23(月) 23:02:22

4月初めには母屋の工事が終わりそうだというのに、まだ神明建設との打ち合わせがあるマモ家です。21日(土)は浴室を含む別棟の見積書を貰い、また室内の木製建具の打ち合わせでした。

そもそもの工事を始める前に貰っていた全体の見積書では、別棟は本当にお風呂場と脱衣所だけという広さで、約250万円でした。その後、あれこれ夫婦で考えた挙げ句に、そこに3畳程度のアトリエという名の家事室(洗濯物の室内干し場所でありアイロンをかける場所、趣味の洋裁部屋などなど)をくっつけ、さらにお風呂場からテラスドアを通じてバルコニーに出られるというプランにしてみました。それがこれ↓。
別棟プラン

それで、このプランではおいくらになったでしょうか?



わはは、500万円を超えていました。浴室は造作ではなくユニットにしました(予算削減及び工期の短縮を狙って)。ここではパナソニックのココチーノS(上級クラス)で見積もってあります。

神明建設との打ち合わせでは、これについての話はほとんどなく、見積書を貰い、「じゃ、帰宅して二人で検討します。結論はなるべく早く出します」とだけ夫が言っておしまい。その後、「ドラム缶の五右衛門風呂かなあ」と夫がぼそっと一言。「五右衛門風呂でローン会社は納得するかなあ」と妻の答え。母屋のみ完成時に借入金が夫の口座に入金されるのですが、申し込み時に「浴室を作ります」という念書を提出することになっています。

    +++    +++    +++    +++

木製建具は神明建設の設計担当者(若旦那夫人)が建具屋さんと練りに練って作成してくれただけあり、ほぼそのままOKとなりました。

↓それにしても、トトロの家の木製建具の数ときたら! 半端じゃないっす。
建具表
既存の障子戸だけで4枚引き違いのものが3組=12枚
2枚引き違いが2組=4枚
片引きが1枚=1枚
他に書院の障子が4枚引き違いが1組=4枚
欄間部分に煙抜き障子2枚組みが3カ所=6枚
既存の障子戸が計27枚。

新規に作成の障子戸は3枚引き違いが2組=6枚
2枚引込みが1組=2枚
窓にも障子戸なので2枚セットが2カ所=4枚
玄関とキッチンを分ける戸も片引きの障子戸=1枚
もともとフラッシュ片開き戸の予定だったところを、夫の希望で障子戸の開き戸に変更(なんだかしなりそうで強度が心配ですが、幅が600ミリと狭いので可能だろうということです)。=1枚
新規の障子戸が14枚。

玄関の戸は新規に4枚引き違いガラス戸を作成してもらいます。

その他に、1階で使用する雨戸が15枚。2階の雨戸は7枚作成。

建具屋さんは大変です。とりあえず今のところ壁以外は吹きっさらしなので、雨戸だけ先に発注してあります。早く雨風の天気でもトトロの家のことを心配しないで済むようになりたいです。

    +++    +++    +++    +++

最近現場も活気づいており、本当は書くことがたくさんあるのですが、自分も登記やらあれこれ決めることがたくさんあり、パソコンに向かう時間が取れません。左官屋さんも登場、クロス工事も今日から始まりました。来週にはキッチンも取り付く予定。ああ、楽しみであり、忙しい!



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたらポチッとお願い致します。そして、いつも読んで下さってありがとうございます。興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

子供のころ 五右衛門風呂に入って足の裏を火傷したのを
思い出しましたよ・・(笑)
しかし 相当な数の木建てですね。建具屋さんも遣り甲斐が
あるでしょうね。。
最近は 殆どの家にはメーカーの既製建具が収まっていますが
このように オーダーで注文する方は やはり家に対する
拘りのある方が多いですね。

  • 投稿者: オオカントク
  • 2009/03/24(火) 18:24:50
  • [編集]

** オオカントクさま **

こんばんは。いつも見守って下さりありがとうございます。私の時間が取れずにオオカントクさまのブログになかなか伺えないのが心苦しいです。

建具の数は、我々にこだわりがあるからではなく、もともとの家に多かったからというのが理由です。それでもやはり、これだけ昔の良い建具が揃っていると、合板のフラッシュ戸は使いにくい(もしくは合わない)ということは言えます。そんな理由で、1枚のフラッシュ戸が障子戸になりました。

あの埃まみれの建具たちがどのようによみがえってくるのか、私自身非常に楽しみであります。無事搬入されましたら、写真で紹介しますので、またいらして下さい。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/03/24(火) 19:54:06
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。