スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竿縁天井の仕組みと仕様

  • 2009/03/19(木) 12:35:53

昨日廊下の天井を紹介しましたところ、時折コメントを戴く方から「竿縁天井は良いですよね。ところで、竿縁の形状は成縁ですか?」という質問を戴きました。あ、このコメントそのものは、恐らく操作ミスかと思われますがなぜか管理者限定になっておりまして、皆さんには読めないようになっています。

「『成縁』??」と相変わらず不勉強な私。そもそも「なりぶち」それとも「せいぶち」? どうも「せいぶち」のようです。成(せい)とは高さのことで、縦長の縁なので成縁と呼ぶのでしょうか?

詳しい解説が書いてあるサイトを見付けましたので、どうぞそちらをご覧下さい。教養講座として役に立つこと間違いなし。20代、30代で竿縁天井の約束事とかを言えたら、格好いいっすね~。それとも変人扱いされるかしら?
「渡辺ハウジングの『やすらぎの家』に必要なものは・・・」の「天井編[竿縁]」

肝心のトトロの家の縁の形状ですが、指摘を受けるまで全然気にしていなかったので、不明です。お恥ずかしながら。撮ってきた写真に目を凝らして見てみてもわからん。今度訊いてきます。本当に家と釣り合っていない施主です。

今日はプチ講座でした。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。参考になりましたらポチッとお願い致します。そして、いつも読んで下さってありがとうございます。興味のあるカテゴリーをクリックすると、参考になるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

プチ講座・・・

竿縁の形状に拘る人も居るのですね。
私もそんなにいろいろな形があるとは知りませんでした。
また 一般にはそれほど重要な気はしません。
茶室とか 特別な所には意味のある事でしょうがね・・・

  • 投稿者: オオカントク
  • 2009/03/22(日) 05:32:07
  • [編集]

** オオカントクさま **

確かに茶室の天井ですと、こういうところにまでこだわることってあるのだろうと思います。茶室ではありませんが、間もなくトトロの家でも書院付きの和室の天井が張られます。どんな竿縁か心密かに楽しみにしています。

今日は風が強いですね。これから玄関に貼るかもしれない漆和紙の実物をショールームまで見に出掛けます。オオカントクさまも良い週末をお過ごし下さい。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/03/22(日) 10:01:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。