スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園付きの土地と古屋付きの土地との比較

  • 2008/04/24(木) 13:44:42

古屋付きの土地と出会って以来悩ましい日々が続いていますが、自らの思考をまとめるためにもそれぞれの土地の長・短所を列挙してみたいと思います。取るに足らないものもありますが、ご寛容を。

<公園付きの土地>

長所
! 南側が公園に接地している。子供を遊ばせるのに便利だし、その様子を自分が家の中に居ながらにして分かる。

” 小・中学校が徒歩圏内。通学路の歩道も整備されている。

# 徒歩圏内(といっても15分ほどかかるけど)にスーパー、郵便局、銀行代わりにもなるコンビニがある。

$ ほぼ正方形で、北と東の2面で接道している。

短所
! 周りの風景に風情がない(基本的には市街化調整区域なので田舎ではあるのですが、住宅地と田畑が混在している)。

” 公園がひょっとして悪ガキどもの溜まり場になる? ←今まで2回程夜に土地視察に出掛けた折には、そういうことはありませんでした。公園には電灯はなく、真っ暗だからかもしれない。

# 公園は私有地となっており、将来ずっと公園である保証はない。

$ まっさらな土地のため、外構費がそれなりにかかる。


<古屋付きの土地>

長所
! その土地も周囲も風情がある。

” 敷地内に大木がある(新築の土地にはなかなか大木は買えないですよね)。

# 修繕にどれぐらいの費用がかかるかは不明だが、とりあえず10畳+10畳の2間は確保されている(広いっすよねー)。

$ 幼稚園、保育園、小中学校が同じ区域内にあり、しかも徒歩圏内。

% 車を5分も走らせれば、何でも揃う国道に出る。私の大好きなモスバーガーも近し。

& 自然がいっぱい!!

’ ご近所の土地が本当に近く(敷地内に隣家の畑が組み込まれている形状)、良くも悪くも人間関係は濃そう。子供の情操教育には良いかなと思う。

短所
! 学校までは近いものの通学路の歩道が整っておらず、安全が確保されているとは言い難い(交通量が多い幹線道路ではないものの、土地柄か結構スピードを出して走行する車多し)。

” 周囲は水田で(だから景色が良いとも言えるのだが)、セスナ機による薬剤散布が行われる。

$ カエルの鳴き声が相当うるさいらしい。市役所に苦情の電話が入ったこともあるとか(でも市役所も何もできないだろうに)。

% 車があればとても便利だが、公園付きの土地のように徒歩圏内でとりあえず揃っているという具合ではない。自転車ならOKでしょう。

& 夫の勤務先の最寄り駅まで、公園付き土地より電車でさらに12分遠くなる(2つの土地は同じ沿線上にある)。

’ 大木の幹そのものや枝が台風の時など落ちて、屋根や壁を損傷させるかもしれない。実際に敷地の裏手で隣地との境界近くに立っている杉の木は、上記の理由で隣家から切断の依頼が来ているとか。

( 幡竿形状の土地である。進入路が狭いため拡幅のための土地売買を隣家と交渉してもらっているが、実際どの程度拡幅され、費用がいくらになるかは未知。


     ***   ***   ***   ***   ***


単純に土地の比較だけだったらまだ楽なのですが、ここに上物の比較も加わるんですよね。しかも同じ新築で工務店が異なる等というレベルではなく、新築と古民家再生(格好付けて言えば)という比較。何を決め手にすればよいのか分かりません。どなたか我々に知恵を授けて下さ~い!


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。さあ、マモ家の選択はどうなるでしょうか? 驚いたことにいつの間にかベスト10にランクインしているではありませんか! 最近ランクが上昇しているということは、古民家再生が支持されているということですか? そっちの方が面白い話になると思ってます? いずれにせよ、クリックをありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。