スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかがスイッチプレート、されどスイッチプレート

  • 2009/02/10(火) 16:43:04

トトロの家では先週金曜日より配線工事が始まっています。7日(土)には電気屋さん、神明建設、そして私たちと勢揃いして細かな位置指定などの打ち合わせをしました。が、いろいろと出てくるものですね。その後もぽろぽろと宿題が出てきて、さらに現場は既に電気屋さんが毎日配線工事に励んでいるものですから、結構待ったなしでの決定を迫られています。

そんな中マモ家の夫婦の頭を悩ませている目下のものがスイッチ&コンセントプレートです。どちらかというとスイッチプレートの方が目立つので大切かと思い、スイッチプレートを主に探しています。御年80歳を超えるトトロの家にはパナソニック製のパネルスイッチは合わないでしょう?

最初に希望していたものは R.C. Company という会社の「アメリカンスイッチ」なるもの。ここの製品はPSE(電気用品安全法)に準じていることが売り。予め神明建設と電気屋さんにはここの商品のコピーを渡してありました。

そして7日(土)の現場での打ち合わせにて。トトロの家には、8個の照明スイッチと玄関番のモニターおよびお風呂の給湯リモコンが取り付く予定の司令「塔」ならぬ「壁」があります。そこでの取り付きをどうしようかという話になった時、電気屋さんが「お宅から貰っていたアメリカンスイッチだと問題があるんだよね~」と切り出します。

つまり、スイッチそのものが縦長のため、幅7センチのスイッチパネル1個につき1個のスイッチ本体を組み合わせていくと、8個のスイッチでは56センチものスペースが必要となると。

これは電気屋さんの認識不足で、実際に上述の会社のサイトをご覧頂くと分かるのですが、最大で6口(ただし横並び)まで1枚のプレートに入っています。が、当時の私たちは現場でこの話題になるとは想像せずにいたため商品群がちゃんと頭に入っておらず、電気屋さんが言うとおり56センチも幅を取るようでは見栄えが悪過ぎ・・・と、おまけにその場での判断を迫られていたため、アメリカンスイッチを却下としました。

で、仕方がないので現在の住まいでも使われている、縦に2口・3口並ぶパッチンスイッチ(正式名称は何?)を使うことになりました。ま、横にずらずらと並ぶよりは、縦に3・3・2口と3つのプレートが並ぶ方が使い易そうですし、見栄えも良さそうなので、良しとしましょう。

しか~し、あのなんだか薄汚れたようなベージュ色のプレートは許せない。真っ白のものもありますが、どちらにしろただのプラスチックで趣きがない。どうしたものかとあれこれスイッチプレートをネットで探しました。が、9割近くが俗に言う「ナチュラル・テイスト」の白地にブルーの模様が入った陶器製の物など、ま、洋風なわけですよ。エッジが効いた物を見付けてもゴールドだったり微妙に私たちの希望と異なり、意外にこれだ!というものが見付からないのでした。

が、昨晩ようやくこれかな?という物に出会いました。
スイッチプレート 東京ジャケット material world というブランドの商品です。

↑この写真の商品は「Tokyo Jacket」ですが、姉妹品として「Kobe プレート」といお手頃価格商品もあります。この会社のサイトの中に「建築資材宝探し日記」というブログがあり、この中でそれぞれのプレートの実際の施行例が載せられていて、実際の取り付け具合や雰囲気が分かります。

また、このスイッチプレートをデザインされた方がスイッチプレートについて熱く語っているのですが、「全くその通り!」と膝を打って読んでしまいました。ホント、日本のデザインの物は何とかならないのでしょうか。

もう1つ AZ Mate Timbers(オージーメイト・ティンバーズ)という会社でも、輸入品の素敵なスイッチを扱っています。
AZ Mate のスイッチ
↑これこれ、私が探し求めていた物は本当はこれなの!! なんですが、PSE を取得しているかどうかが明記されておらず、照会する前に夫が先の Tokyo Jacket が良いと言ったので、それでおしまい。気になる方はご自身で会社に訊いてみて下さいね~。

話は逸れますが、以前暮らしていたドイツでのスイッチ(こんな感じ↓)も好きでした。シンプルなデザインだし大きくて押し易いんですよ。これを日本でも使えないかと画策しましたが、無理でした。同じパネルスイッチでもどうして日本の製品は垢抜けないかなあ。
ドイツのスイッチ


たかがスイッチプレート、されどスイッチプレート。参考になれば幸いです。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。自然素材カテゴリーで2位をキープ中! 本当にありがとうございます。で、今日も調子に乗ってたかだかスイッチプレートのことでこんな長文を書いてしまいました。ちょっとは参考になったと思われたら、応援のクリックをお願いします! あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんばんは。

スイッチプレート、大事なパーツですよね。最近よく使われるパネルスイッチは、私もどうも好きになれません。便利かもしれないけど、野暮ったい気がして。
アメリカンスイッチがいいなあ・・・とずっと思っていたのですが、やはり何個もスイッチがある部分にはうまく使えず。

うちではトイレの単体スイッチのところにだけ、なんとか導入しました。
↓周りの部分は、ハワイのホームセンターで見つけたプレートです。
http://qfactory.exblog.jp/6746966

3枚目の写真のスイッチ・・・すごくステキですねえ(タメイキ)。

  • 投稿者: さえ
  • 2009/02/12(木) 23:25:28
  • [編集]

** さえさま **

こんにちは。とても素敵なスイッチですね~。皆さんどうやってこんなに素敵なものを見付けてくるんだろう・・・と思うことが度々ですが、さえさんも素晴らしい! 電気工事の資格を持っていると自分で輸入して取り付ける裏技が使えるんですね。いいなあ。

くうちん工房もぽつらぽつらと読んでいます。毎度毎度感心しつつ、羨ましく思い、「でも子供がいるとねぇ」と言い訳をし、ところがさえさんは赤ちゃんを抱えているんだった!と思い出し。とにかく「お見事!」の一言です。

「自休自足」を買いますね~。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/02/13(金) 09:22:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。