スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッシの取り付けが始まりました。

  • 2009/01/20(火) 22:24:25

日の現場。
驚いたのは、朝電話で話したばかりだった床下の束石が早速に新しく設置されていたこと(この話は昨日の記事)と、サッシが取り付けられていたことです。本当は今週より屋根の板金工事(トトロの家はガルバリウム鋼板の段葺きとなります)が始まると聞いていたので、その様子を見るつもりが、屋根は手つかずの状態でした。

その代わり?、裏玄関のサッシドアがついているんですもの↓。
裏玄関サッシドア
これっていよいよ「内部造作工事」っていうものかしら?


この裏玄関に隣接する9畳の部屋の壁にもサッシ枠が取り付けられていました。初めて普通の家らしい部材を目にしました。と言っても、オリジナル家屋の部分はほとんど以前の建具(ガラス戸&雨戸)を使用するので、取り付けるサッシ窓って上記以外には、トイレ1カ所、洗面所1カ所、台所2カ所、中2階収納に1カ所で終わり。あ、9畳の部屋には既に天窓がついていましたね。少ないですよね。ちなみに、YKKのエピソード(室外側にアルミ、室内側に樹脂。12ミリ以上の複層ガラス)です。


内部の壁にも変化がありました↓。
和室上部壁(2009年1月18日)
今までは柱と貫しかなかったのに、壁ではないけれど壁風になっていました↓。この写真では天井裏の梁が見えていますが、天井板が張られ、その下の壁には漆喰が塗られることになっています。広縁の軒天も美しく、う~ん、楽しみだなあ。


部造作工事ではありませんが、神明建設の業務日誌にもこのサッシ取り付け等も含めていろいろ載っていますので、是非ご覧下さい。私の今日の記事2つと随分かぶっていますが・・・。


後は目に見えて変わる部分が多くなりそうで、現場見学がとても楽しみになってきました。いや、今までも十分楽しかったんですけれど、これからは家の細部で楽しみだなあと。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。少しはこの記事が役に立ったと思われたら、是非応援のクリックをお願いします。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

「建築日記Plus」に登録しませんか?

はじめまして。
建築日記Plus管理人の鈴木と申します。

この度、「建築日記Plus(http://sumaiblog.jp/)」という「家づくり紹介サイト」を立ち上げまして、こちらでぜひ「THE 日本人の家」さまをご紹介できたらと思い、突然ですがコメントさせていただきました。

「建築日記Plus」は、家づくり真っ最中、もしくは経験者の方が、その過程を綴られている日記・ブログをご紹介し、これから家を作る方にとって参考になる知識を得るための、家づくりサポートサイトです。

日記の人気ランキング機能や、家の構造/工務店/地域などでの検索機能を備えており、これから家を作ろうとしているユーザーさんの使い勝手はもちろん、建築日記を登録されているユーザーさんのブログ・HPにも、よりたくさんのアクセスが流れるようにするために考慮して作成いたしました。
せっかくの家づくりの貴重なご経験や思いを、これから人生で最も大きな買い物としてマイホーム作りをされる方へ伝えることができる、架け橋となるサイトを目指していきたいと思っています。

実はまだオープンしたばかりで、現在登録数もまだまだ少ない状態でサイトがスタートしています。
たくさんのサイト様に登録していただけるほど、よりたくさんのユーザーさんに見ていただけるサイトに成長していけると考えておりますので、ぜひ一度サイトに遊びにきていただいて、使い勝手などを感じてもらった上で、登録していただければとても嬉しいです。

ご不明な点などありましたら、建築日記Plusのお問い合わせフォームからご連絡ください。

読んでいただき、ありがとうございました。
「建築日記Plus(http://sumaiblog.jp/)」への訪問、お待ちしています!

  • 投稿者: 建築日記Plus管理人
  • 2009/01/21(水) 12:40:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。