スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の家に暮らしてみて気付くこと

  • 2009/01/08(木) 12:03:27

ればせながら、皆様明けましておめでとうございます。昨年2月に始めたこのブログ。結局ちゃんとした家づくりブログらしくなったのは、工事が始まった10月からでした。こんなブログにお付き合い下さった方々に感謝するとともに、今年も引き続きどうぞよろしくお願い致します。


て、年末にちょこちょこと書いていた通り、マモ家は冬休みには千葉を脱出し、新潟と長崎に滞在していました。住み慣れた自分の家とは異なる他人の家に暮らしてみると、家というものを客観視できるものですね。特に家づくり真っ最中の人間にとっては、いつもの滞在とは異なる体験となりました。


ずは長崎にある夫の実家です。ここは去年の8月から10月にかけてリフォーム工事を行い、どのように変わったのかとても楽しみにしていました。リフォーム工事にも大小あるのでしょうが、夫の実家は間取りに手を加えられていて、随分と変わっていました。

・台所が独立式の部屋からLDKの一体型になっていました。おまけに対面式。
シンクの上に吊り戸はなくとても開放的な造りになっていて、とても良かったです。やはり台所で作業しながらリビングの様子が分かるというのはいいものですし、楽しいです。トトロの家の場合、間取りの制約から対面式とはいきませんが、リビングに背を向けながらも部屋としては一体なので、同じような感覚を味わえるのだろうと楽しみになりました。

・洗面所のダブルボウルはやっぱり便利! 
夫の実家は母親、娘夫婦とその娘2人という家族構成です。そこに私たち4人が加わったので、尚更洗面所の広さのありがたみを感じてしまったのでしょうし、女子は鏡の前に立つ時間が長いという理由もあるのでしょうが、洗面所の出入りは結構と激しく、ダブルボウルは役に立っていました。我が家(男3人に女1人)では必須というわけではなさそうだけれど、無駄にはならないと思いました。

・IHは掃除が本当に楽ちん。
義母が年を取ってきたせいもあるのか、夫の実家はオール電化になっていました。一応毎日の料理担当が私だったので、2週間弱IHを使っての調理を経験しました。私はアンチIHなのですが、それでもやっぱり掃除のし易さはIHに軍配が上がります。

・IHコンロの前に油はね防止の壁が立ち上がっていましたが、それがガラス製でした。確かに掃除の面倒さはあるけれど、でもそのまま見通せるという利便性もなかなか良かったです。

・でも電気の給湯システムには不満でした。
他のオール電化の家を知らないので、ひょっとすると夫の実家だけの問題かもしれませんが、お風呂の追い炊きができず、高温さし湯機能しかないのが、熱いお風呂を好むマモ家には大きなマイナスです。かーっとした熱いお湯に浸かりたい時には、さし湯だけでは物足りません。

・元の家にはほとんど断熱材が入っていなかったそうで(「これって欠陥工事にならないの?」と思う妻ですが、「昔の家はそんなもんとよ」という夫。う~ん・・・)、今回その断熱工事も行われました。窓も枠はアルミですがペアガラスを使用しています。そうしたらですね、これまでは底冷えする感じのしていた夫の実家だったのに、今回はその底冷え感がなかったのです。これはきっとこの断熱工事と窓のお陰かなと。

・マモ家の暮らしぶりにダウンライトは合わないのでは?
夫の実家ではDL(ダウンライト)が多用されていました。このDLが読み書きの時には自分の頭が陰になり、なんだか邪魔だったのです。マモ家は本や新聞を読む時間が結構長いです。テレビは極端な話暗くても見ることはできますが、読み書きは照明を選びますよね。真上からの照射のみのDLよりは全方位的な照明を考えた方がいいのかなと思ったのでした。

・あとは図面や数字からだけではなかなか実感できないものを体感させてもらいました。洗面ボウルを2つ置くカウンターの幅だとか、靴収納棚のサイズや、建具のサイズ、トイレ室の幅などなど、トトロの家のものと比較しつつ「こんな感じなんだ」とか「もう少し小さくても大丈夫」と体感できました。


後に新潟の実家で痛切に思ったこと。
・「寒すぎる家は悪であり罪だ!」 
新潟という地域も寒いところではありますが、家のつくりにも多々問題はあると思います。で、昔ながらの局所暖房であり、茶の間はガスファンヒーターとこたつで暖かいのですが、暖房のない廊下や洗面所の寒いこと! 「家の中で吐く息が白いってどうなのよ!」と文句をぶつぶつ言っていました。そういう家ですと、行動が極端に制限されます。トイレは切実なので行きますが、洗顔などあまり切実でない行動については非常に億劫になります。←身ぎれいにすることを切実な行動に入れないこと自体に問題があるとも言えますが。
トトロの家は大丈夫なんだろうか? 母曰く「だって、新潟と千葉の寒さは全く違うじゃない」ってことで、大丈夫なんだそうです。そう願いたいです。


上、この冬休みに感じたことでした。それにしても、千葉というかこっちは暖かいですねぇ。乾燥し過ぎて火事が多発しているようですが、太陽が出ていると暖房はいらないぐらいですものね。新潟から来ると天国のようです。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。少しはこの記事が役に立ったと思われたら、是非応援のクリックをお願いします。あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

お帰りなさい!
新潟はほんとに寒そうですね。大阪に比べると千葉も十分寒いですが。私はマンション育ちなので、人生でほぼ初めての戸建て(借家)住まいで寒さを痛感してるところです。リビングの、石油ファンヒーターの前かつホットカーペットの上から動けない!洗面所も廊下もむちゃくちゃ寒いし、洗顔なんて最近は濡らして終わりです!ほんとに寒い家は罪ですよね~。
今年もブログ楽しみにしていますね。

  • 投稿者: さちらん
  • 2009/01/09(金) 23:47:41
  • [編集]

** さちらんさま **

さちらんさんもお帰りなさい! 今年もよろしくお願いします。

東京では雪となった日でも千葉だと雨になるので、確かに暖かいのだろうなあとは思います。あ、大阪(箕面市)の冬も確かに暖かかったです。でもその分夏が信じられないぐらいの猛暑ですものね。

トトロの家の寒さは一体どんなものなのか、不安でもあり楽しみでもあります。

  • 投稿者: マモ親
  • 2009/01/10(土) 01:34:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。