スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家の価値

  • 2008/04/17(木) 23:21:26

14日「古民家再生にしようかな?!」の続きです。

一昨日、古民家の修復を請け負うことになる工務店の社長と夫が古屋で会ってきました。再生というか修復に掛かる費用が、私たちにとって一番気になる点ですが、これはまったくピンキリで何とも言えないとのこと。当然と言えば当然ですが。

暮らすことができる程度の最低限の修復だと1000万円ぐらいとの話でしたが、耐震性および気密・断熱はどれぐらい確保されての1000万円なのでしょう?

社長が強調していたのは、いかにこの古屋が良い材料を使い、意匠も凝らして建てられたかということだったそうです。築年数の古い家の多くに当てはまるのでしょうが、今ではお目に掛かれない立派な木材が梁や柱に使われています。廊下の床に張ってある板は磨けばちゃんと再生できる程、丈夫で良いものが使われているとか。

また、沓掛石というのですかね、縁側の下に幅2メートル近くある立派な石が置いてあり、しかもその石の表面は削って細工してあるのです。社長曰く、この石は水戸(茨城)辺りから運ばれてきたのではないかと。

ガラス戸に使われているガラスも今となっては製造されていない(もしくは製造できない)代物で、味わいのあるものだからできたら残したいとも話していたそうです。

伝えられている話や社長の推測を総合すると、この家の建て主は関東大震災の時に財を成した一種成金的な人で、その時の財産でこの家を建てたようです。当時の流行も取り入れたようで、それで典型的な農家住宅の形をしながら、ところどころハイカラな意匠が入っているという訳です。

私は家そのものの価値も認めつつ、庭にある大木や周りの雰囲気が気に入っています。大木は新築の家にはなかなか植えられるものではありませんしね。

古民家再生についての本も何冊か読み始めています。結構お金も掛かるようで(特にこの古屋は20年以上放置されていた廃墟同然の建物だし)、予算の限られている私たちに再生されるより、予算が潤沢にあるお大尽な方に再生された方がこの家の幸せにつながるのでは?という考えも出てきました。

19日(土)にもう一度見学に行ってきます。


↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。さあ、マモ家の選択はどうなるでしょうか?

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。