スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備の紹介 =暖房 その1=

  • 2008/12/25(木) 17:11:02

回は寒い季節の現在、トトロの家の暖房についてお話したいと思います。暖房器具のみならず断熱のことなども。

以前から何度か「トトロの家は低断熱・低気密」と述べておりますが、請負工務店である神明建設の名誉のために申しますと、施工程度が悪くてそうなっているのではありません。さらに、厳密に言いますと、断熱について言えば「低」ではないかもしれません。


ずは断熱の話から始めましょう。
使用する断熱材についてもマモ家は散々悩み、意見を二転三転させてきました。結論としては、床と屋根裏にはスタイロフォーム、壁にはロックウールを使用します。当初はこのスタイロフォームとロックウールに難色を示したマモ家です。

スタイロフォームは燃性と言われていますが、燃性ではありません。また、燃えてしまった場合の毒性を憂慮しました。最近の家では、炎で焼け死ぬのではなく、室内機器や内装材などから発生する毒ガスで死ぬケースが増えているようですから。

ロックウールは湿気を吸った場合のへタレ具合と施工者への健康被害が心配でした。あ、へタレの問題は施工方法に負うところが随分と大きいようですね。ですので、神明建設においては心配無用のようです。

そこで、この両者に対する心配を解消し、またお金もそんなにかからないものはないのだろうか・・・と探し出したのが、パーフェクトバリアなるものです。雑誌のチルチンびとの記事で私たちはこの断熱材を知り、その後あちこちのサイトで評判を読みましたが、高評価が多いですね。価格もスタイロフォームでの施工よりも少し高いぐらいでした。

しかしながら、トトロの家は真壁造りで、詳しいことは理解できませんでしたが、パーフェクトバリアでは納まりなどができないことはないけれど難しいとのことでした。なんでも筋交い部分の納まりがどうのこうのらしいです。パーフェクトバリアにも筋交い用というものもあるんですけど、ちょっと違うらしい。で、その点を解消するのが吹き付けの断熱材。でも単価は高い。あーでもないこーでもないと工務店とも話し合った結果、スタイロフォームにロックウールとなったのでした。


使用される断熱材はまあ一般的なものですよね。
それではなぜ「低断熱」と自嘲気味な表現をしていたのでしょうか? 
まずはトトロの家の平面図をご覧下さい↓(クリックで大きくなります)。
1/50 1階平面図 上が北、下が南方向です。

南に面しているLD(12畳)と和室(10畳)はオリジナルのトトロの家をほぼそのままで使います。もっともLDは畳ではなくてフローリングにしますが。この一番過ごす時間の長い2つの部屋にはほとんど壁というものがありません。北側を除いてほとんど建具なのです(建具上部は真壁です)。ですので、断熱したくてもできません。しかも建具は今時のサッシではなく、ガラス戸&雨戸という組み合わせです。広縁と部屋の境は障子戸です。ちなみに床については後ほど紹介します。

↓これらが再利用するガラス戸です。雰囲気はあるけれど寒そうですよね。
ガラス戸


北側居室(9畳)は崩壊していた部屋群を取り壊し、新しくつくり直します。そして大壁としますので、この辺りは断熱にこだわりたいところです。実際、北側だけではなく台所なども新しく取り付ける窓はすべて樹脂製の窓枠(YKKのエピソード)にペアガラスとしました。そして断熱材は記述の通り、壁にはロックウールを詰めます。

このように、トトロの家は南と北とでは断熱および機密性能に非常に大きな差があるのです。そこで主に過ごすことになる南側を少しふざけて「低断熱」と称しているのです。おまけに開口部がガラス戸ですから「超低気密」でもあります。あまりに低気密で結露も生じないのではと工務店に言われる始末です。


さて床の断熱についてです。
特筆すべきは(我が家にとっての「特筆」だけども)、広縁の床下というか裏にも断熱材(スタイロフォーム)を張ってもらうことです。これは断熱のためというよりは隙間風を防ぐためですね。当初は和室にも床下の断熱なしと言われていました(予算を削るため)。厚い畳が断熱材の役割をも果たすのだそうです。当然あると思っていた妻はびっくり。いくら畳が厚いといえども・・・。でも2~3万円の増額で断熱材をプラスすることができるという話だったので、すぐに頼みました。

開口部が大きいとはいえ、一応入れられるところにはきちんと断熱材が施工されるので、そんなに低断熱ではないですよね?

・・・本当は暖房器具についても書くつもりだったのに、どうして私はいつもこう話が長くなるのでしょう・・・。暖房器具については次回とします。お付き合い下さりありがとうございました。



↓ ↓ 住まいブログのランキングに登録しています。応援のクリックをお願いします。思いもかけずたくさんの方に見て頂いているのですが、ブログランキングに反映される下のボタンのクリックが多くはないようです。ぽちっとして頂けるととっても嬉しいです。面倒ではあるんだけども(苦笑)。
あるいは、興味のあるカテゴリーをクリックすると、ためになるブログがたくさん出てきます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。